ふたりっ子第125話のネタバレあらすじ!将棋を教えてほしい

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」21週目第125話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第124話「土下座」では、麗子とマサが新しく出直すために、土地と家屋を処分させてほしいと土下座するストーリーでした。

ふたりっ子の第125話「将棋を教えてほしい」では、理佐子が銀蔵を訪ねて、将棋を教えてほしいと頼むストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年3月7日(金)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第125話のネタバレあらすじ

ここからは、3月7日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第125話のあらすじをまとめたネタバレです。

借金を整理するためにお詫び周りをした黒岩麗子(菊池麻衣子)黒岩政夫(伊原剛志)
芦屋の屋敷を処分させてほしいとお願いし、屋敷は手放すことになった。
芦屋の有沢家が人手に渡る日。
皆、それぞれの思いに浸っていた。
芦屋を手放すと、有沢英之(高島忠夫)は、落ち着いたら2人で旅行でもしようと理佐子に提案する。
しかし、理佐子の思いは別のところにあった。
それはもちろん銀蔵のことだ。
翌日、有沢理佐子(香川京子)佐伯銀蔵(中村嘉葎雄)を訪ね、将棋を教えてほしいと頼む。
しかし、銀蔵はそれを突っぱねて、代わりに香子の駒を手渡す。

 

ここまでが、3月7日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第125話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第126話のあらすじを知りたい方は、第126話『銀蔵との一局』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第125話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第125話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子125話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第21週目第125話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。