ふたりっ子第128話のネタバレあらすじ!あいさつ回り

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」22週目第128話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第127話「離婚を承諾」では、香子の離婚したい理由を聞き、史郎が承諾するストーリーでした。

ふたりっ子の第128話「あいさつ回り」では、離婚の挨拶周りにいった二人に反対していた桂子が残念だと口にするストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年3月11日(火)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第128話のネタバレあらすじ

ここからは、3月11日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第128話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

離婚を決断した史郎と森山香子(岩崎ひろみ)は、そのことを報告するためにあいさつ回りにでかける。
一番最初に向かったのは、二人の師匠でもある米原の家だった。
森山史郎(内野聖陽)が離婚することを報告し、勝負師として敵でありつづけることは不可能だったと話す。
すると、当初結婚を反対していた米原公紀(桂枝雀)の妻・米原桂子(三林京子)が思いも寄らず残念だという言葉を口にした。
香子には、厳しく当たり、結婚したら家庭に入るべきだと訴えてきた桂子の言葉だけに、香子と史郎はびっくりした。
しかし、そんな桂子も、二人のこれまでを見てきて、いつしか二人を応援するようになり、暖かく見守っていたのだった。
米原邸を後にすると、今度は六甲に向かった。
皆に離婚のことを報告すると、英之と理佐子、広一は理解を示したものの、野田千有希(手塚理美)だけは納得がいかない様子だった。
しかし、香子から明るい離婚だから分かって欲しいと懇願され、千有希は渋々それを受け入れるしかなかった。

 

ここまでが、3月11日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第128話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第129話のあらすじを知りたい方は、第129話『麗子の妊娠』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第128話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第128話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子128話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第22週目第128話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。