記事タイトル第129話のネタバレあらすじ!麗子の妊娠

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」22週目第129話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第128話「あいさつ回り」では、離婚の挨拶周りにいった二人に反対していた桂子が残念だと口にするストーリーでした。

ふたりっ子の第129話「麗子の妊娠」では、麗子が妊娠して、マサが大喜びするストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年3月12日(水)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第129話のネタバレあらすじ

ここからは、3月12日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第129話のあらすじをまとめたネタバレです。

香子と森山史郎(内野聖陽)が離婚してから一月がたったある日。
黒岩家ではいつものように晩御飯を食べていた。
食事もひと段落して、黒岩政夫(伊原剛志)が麗子にお茶というと、なぜか上機嫌に答える麗子。
すると、黒岩麗子(菊池麻衣子)が今日病院にいってきたことを話しだした。
良夫が具合でも悪いのか?と心配すると、麗子から思わぬ言葉を聞かされる。
なんと「できたみたいです」と返ってきたのだ。
麗子のお腹には新しい命が宿ったのである。
マサは一瞬何を言っているのか分からなかったが、妊娠したことを知ると大喜びした。
ここまでが、3月12日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第129話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第130話のあらすじを知りたい方は、第130話『真美と玲実』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第129話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第129話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子129話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第22週目第129話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。