ふたりっ子第133話のネタバレあらすじ!結婚の申し込み

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」23週目第133話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第132話「真美がすねる」では、みんなにいつも心配してもらえる玲実がうらやましいと真美がすねるストーリーでした。

ふたりっ子の第133話「結婚の申し込み」では、羽柴が香子に結婚を申し込むストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年3月17日(月)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第133話のネタバレあらすじ

ここからは、3月17日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第133話のあらすじをまとめたネタバレです。

羽柴との勝負で勝利し、初優勝を飾った野田香子(岩崎ひろみ)
勝負が終わりお互い一礼をすると、羽柴秀明(茂山宗彦)が突然「結婚してください」とプロポーズした。
そのせいで、香子は新聞記者たちに囲まれ、二人の関係について質問攻めにあう。羽柴は香子の魔物のような白い指が好きだといい、改めて香子に結婚を申し込むのだった。
一方、黒岩家では、麗子と黒岩政夫(伊原剛志)が対照的な性格の真実と玲実の育て方について対立していた。

 

ここまでが、3月17日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第133話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第134話のあらすじを知りたい方は、第134話『0点』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第133話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第133話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子133話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第23週目第133話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。