ふたりっ子第132話のネタバレあらすじ!真美がすねる

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」22週目第132話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第131話「玲実が行方不明」では、麗子の娘・玲実が行方不明になるストーリーでした。

ふたりっ子の第132話「真美がすねる」では、みんなにいつも心配してもらえる玲実がうらやましいと真美がすねるストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年3月15日(土)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第132話のネタバレあらすじ

ここからは、3月15日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第132話のあらすじをまとめたネタバレです。

行方不明になった真実は香子のもとへいた。

香子が連れ帰ると、皆に心配される真実。

それを見ていた玲実は、心配されている真実をみてうらやましいと真美がすねる。

そんなことがあり、香子が日本プロ棋士トーナメントで初優勝をかけて、羽柴と勝負をする。

長い戦いの末、香子は羽柴を下し、初優勝を飾った。

勝負が終わり、お互い一礼をすると、羽柴がとんでもない言葉を口にした。

それは、結婚してくださいと公けの場でプロポーズしたのだ。

そのことで、優勝インタビューでは、優勝したことよりも二人の関係の質問が飛び交う。

ここまでが、3月15日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第132話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第133話のあらすじを知りたい方は、第133話『結婚の申し込み』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第132話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第132話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子132話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第22週目第132話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。