ふたりっ子第139話のネタバレあらすじ!輝子の歌謡ショー

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」24週目第139話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第138話「もう一度だけ歌いたい」では、輝子が銀蔵に「もう一度だけ歌いたい」と訴えるストーリーでした。

ふたりっ子の第139話「輝子の歌謡ショー」では、銀蔵が奔走し、ついに輝子の歌謡ショーが開演されるストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年3月24日(月)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第139話のネタバレあらすじ

ここからは、3月24日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第139話のあらすじをまとめたネタバレです。

オーロラ輝子からもう一度だけ歌いたいとお願いされた佐伯銀蔵(中村嘉葎雄)
銀蔵は、香子に連絡して、オーロラ輝子の歌謡ショーをやるから手伝ってほしいと伝えた。
そして、オーロラ輝子の願いをかなえるために銀蔵が奔走し、ついに輝子の歌謡ショーが開演されることとなった。
歌謡ショーには多くの人たちが押し寄せたが光一の姿はない。
それでもオーロラ輝子(河合美智子)は気丈に歌を披露するが、途中で倒れ、病院に運ばれてしまう。
野田香子(岩崎ひろみ)が帰ってくると、輝子が救急車で運ばれたことを知る千有希と光一。
野田千有希(手塚理美)が光一に輝子の見舞いに行ってあげてと言うが、光一は何も言わずに仕事に戻った。

 

ここまでが、3月24日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第139話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第140話のあらすじを知りたい方は、第140話『輝子死す』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第139話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第139話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子139話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第24週目第139話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。