ふたりっ子第31話のネタバレあらすじ!英之の訪問

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」6週目第31話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第30話「光一の不満」では、光一が芦屋にいった千有希に不満を爆発させるストーリーでした。

ふたりっ子の第31話「英之の訪問」では、英之が突然、野田豆腐店を訪ねてくるストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1996年11月11日(月)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第31話のネタバレあらすじ

ここからは、11月11日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第31話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

野田千有希(手塚理美)が荷物をまとめて出て行ったその日に、入れ替わりで、野田家にやってきた英之。

有沢英之(高島忠夫)は、理佐子とふたりになるのが怖くて逃げ出してきたのだ。

千有希のことで腹を立てていた野田光一(段田安則)は、英之にも冷たく応対する。

気まずい雰囲気の中、野田香子(岩崎ひろみ)は気を利かせて冷蔵庫からビールを出してきた。

そして、バーバー黒岩で電話を借り、芦屋に電話をかける。

案の定、声屋に帰っていた千有希は、光一の顔はもう見たくないと有沢理佐子(香川京子)にすがって泣いていたのだ。

千有希が電話にでると、戻って欲しいとお願いするが、戻らないの一点張り。

英之には戻ってくるよう伝えて電話を切った。

 

 

ここまでが、11月11日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第31話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第32話のあらすじを知りたい方は、第32話『帰ってきて』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第31話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第31話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

服破れてる

英之が突然、野田豆腐店にやってきましたが、服破れたままきたのね。
しかも速攻店に来たから、芦屋と天下茶屋が異様に近い印象を受けてしまいます。
服が破れた状態で、電車乗り継いで来たのを想像すると、相当のひとたちから「あの人服破れているけど、喧嘩したのかな?」って思われてそう、、、
しかし、光一はでていって疎遠だった英之がやってくるって、こんなエグい入れ違いはなかなか拝めないんですよねw

意外と常識人?

英之がきて、お茶を入れる香子。
ちゃんとお茶を交互に入れていましたよね。
あのガサツな香子からはちょっと意外な展開でびっくりしました。
そんなとこ、見せなくてよかったのにw

職務質問

おっさんを知らない土地に放置するとこうやって、ふらふらしちゃうよね。
そんな怪しいおっさんいたら職務質問したくなる気持ちも分からなくはないw
しかし、風呂上がりに職質されるってどういうシチュエーション!?
以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第6週目第31話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。