ふたりっ子第32話のネタバレあらすじ!帰ってきて

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」6週目第32話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第31話「英之の訪問」では、英之が突然、野田豆腐店を訪ねてくるストーリーでした。

ふたりっ子の第32話「帰ってきて」では、香子が千有希に帰ってきてと電話するが断られるストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1996年11月12日(火)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第32話のネタバレあらすじ

ここからは、11月12日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第32話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

芦屋に帰ってきて欲しいと電話した野田香子(岩崎ひろみ)だったが、千有希からは光一とはしばらく離れたほうがいいと思うと言われ、気持ちが沈んでいた。

バーバー黒岩から家に戻ると、ビールを飲んでいる野田光一(段田安則)

光一に祖父も連れて芦屋に迎えに行こうと提案するが、光一はきっぱりと断りどこかへ言ってしまう。

二人の会話を聞いていた英之は、これまでのことを申し訳なさそうに語り、香子に野田千有希(手塚理美)を連れ戻してくると約束した。

そして、駅まで送ろうとした向かっていると、たこやきビリヤードの中からオーロラ輝子の歌声が聞こえてくる。

その歌声に英之が足をとめると、ちょうど酔っ払った巡査の万太郎がでてきて、無理やり店内に引きずりこまれた。

一方、有沢理佐子(香川京子)は自信たっぷりに有沢英之(高島忠夫)は、今夜中に帰ってくると言い放っていた。

ここまでが、11月12日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第32話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第33話のあらすじを知りたい方は、第33話『お手伝い』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第32話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第32話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

テンション高

英之を見送る途中で出会ってしまったオーロラ輝子。
オーロラ輝子はいつもテンション高いですよね~
飲み屋の姉ちゃんばりの接待に男どもはいちころです!!!
自論を言えば、血のつながらない年上の男性を「お兄ちゃん」とか呼ぶ女は気をつけたほうがいいってことですw
あんなところしか見てないから分からないけど、テンション低い時ってあるのかな?
もしもなかったら完全にサンマさんですよw

暗記していた!?

芦屋に電話をかける香子。
電話帳も見ずにちゃちゃっと電話かけていましたが、電話番号すでに暗記していたの?
そんなに電話かけている感じじゃなかったし、そうそう電話番号って覚えられませんよw
オーロラ輝子が家を掻き回しているのは見て分かるけど、なんだろうな?
全員が全員、空回りして裏目に出ているような気がする、、、
その中でも唯一状況を把握しているのが、大助と花子w
あのfutariは、一番客観的に物事を見ていますよね!

抜いたカード

そして、芦屋では抜き取ったクレジットカードが置いてあるw
何の遊びですか?
やばすぎるんですけどwww
最初はちょっと可愛そうだと思っていたおばあちゃんですが、最近は執念深すぎて怖いと思ってしまう、、、

 

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第6週目第32話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。