ふたりっ子第94話のネタバレあらすじ!街をでていく

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」16週目第94話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第93話「離婚したほうがいい」では、香子が両親のことで理佐子に相談すると、一刻も早く離婚したほうが千有希のためだと言うストーリーでした。

ふたりっ子の第94話「街をでていく」では、輝子がステージで、終わったら一人で街をでていくと公言するストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年1月30日(木)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第94話のネタバレあらすじ

ここからは、1月30日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第94話のあらすじをまとめたネタバレです。

千有希が離婚届けに判を押そうとしていると、香子が飛び込んできて「もうちょっだけ考えて」と用紙を取り上げてしまう。

千有希はしかたなく用紙を香子に預ける。

一方、商談で海東グループを訪れた麗子は壮平(山本太郎)と話すうちに懐かしさが込みあげるのを感じていた。

やがてオーロラ輝子の公演千秋楽の日がやって来た。

千有希、麗子、香子は新世界歌謡劇場へ出かけていく。

久々に大阪に帰り、熱唱するオーロラ輝子だが、客席には千有希が・・。

そして舞台の上の輝子の口から意外なメッセージが….。

ここまでが、1月30日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第94話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第95話のあらすじを知りたい方は、第95話『さよなら』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第94話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第94話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子94話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第16週目第94話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。