ふたりっ子第98話のネタバレあらすじ!光野田一として働く

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」17週目第98話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第97話「従業員募集」では、野田とうふ店の従業員募集の張り紙を見て、光一が応募してくるストーリーでした。

ふたりっ子の第98話「光野田一として働く」では、光一が光野田一として野田とうふ店で働くストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年2月4日(火)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第98話のネタバレあらすじ

ここからは、2月4日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第98話のあらすじをまとめたネタバレです。

黒岩麗子(菊池麻衣子)が豆腐職人募集の貼紙を張った数日後。
野田光一(段田安則)が突然やってきて雇って欲しいといってきた。
しかし、野田千有希(手塚理美)は社長の権限で、人を雇うつもりはないと追い返してしまう。
麗子たちが説得するも千有希は聞く耳を持たなかった。
しかし、やっと働く気になった光一をむげに拒否したくない思いもあり、千有希は、また光一が寝泊りしているホテルを訪ねていた。
突然の訪問に驚いた光一に、野田光一ではなく、一介の職人・光野田一として受け入れることを伝える。
そして、翌日から、光一は千有希の夫や麗子と香子の父親としてではなく、光野田一として野田とうふ店に勤め始める。
光一は言葉通り、光野田一として、千有希や麗子に敬語で話しかけるのだった。

ここまでが、2月4日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第98話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第99話のあらすじを知りたい方は、第99話『逆効果』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第98話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第98話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子98話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第17週目第98話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。