ふたりっ子第99話のネタバレあらすじ!逆効果

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」17週目第99話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第98話「光野田一として働く」では、光一が光野田一として野田とうふ店で働くストーリーでした。

ふたりっ子の第99話「逆効果」では、光一と千有希のよりを戻そうと画策するが逆効果になってしまうストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年2月5日(水)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第99話のネタバレあらすじ

ここからは、2月5日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第99話のあらすじをまとめたネタバレです。

千有希の好意で、野田光一(段田安則)は千有希の夫や麗子と香子の父親としてではなく、光野田一として野田とうふ店に勤め始めた。
光一は言葉通り、光野田一として、野田千有希(手塚理美)や麗子に敬語で話しかける。
そんな光一を見て、麗子、森山香子(岩崎ひろみ)、マサの3人は、なんとか光一と千有希のよりを戻そうと策を練りだす。
麗子たちは早く昔の光一に戻ってもらおうとあの手この手で光一に迫るのだが、なしのつぶて状態。
そこで黒岩麗子(菊池麻衣子)は、ある提案をする。
それは光一に対してではなく。千有希の潜在意識に働きかけるサブリミナル効果を狙うものだった。
黒岩政夫(伊原剛志)はまかせておけ!大張り切りするが、やりすぎて逆効果になってしまう。
一方、森山史郎(内野聖陽)と三枝竜将の戦いは、史郎の惨敗に終わっていた。

ここまでが、2月5日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第99話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第100話のあらすじを知りたい方は、第100話『結婚の挨拶』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第99話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第99話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子99話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第17週目第99話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。