ふたりっ子第100話のネタバレあらすじ!結婚の挨拶

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」17週目第100話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第99話「逆効果」では、光一と千有希のよりを戻そうと画策するが逆効果になってしまうストーリーでした。

ふたりっ子の第100話「結婚の挨拶」では、史郎が野田とうふ店に訪れて、香子との結婚を許して欲しいとお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年2月6日(木)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第100話のネタバレあらすじ

ここからは、2月6日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第100話のあらすじをまとめたネタバレです。

竜将戦に挑んだ森山史郎(内野聖陽)だったが、三枝竜将にあえなく負けてしまった。
対局も終わり、竜将戦のために家を空けていた史郎が帰ってくる。
森山香子(岩崎ひろみ)は、史郎がいない間に起きたことを話そうとするが、うまく言葉にならない。
しまいには、感情が高ぶって泣いてしまった。
すると、史郎はmこれからもずっと一緒に生きていこうと言って香子を抱き締めた。
翌日、野田とうふ店を訪ねた史郎は、光一の前にやってきて二人の結婚を許してくださいと挨拶をした。
一方、黒岩麗子(菊池麻衣子)海東壮平(山本太郎)は手作りとうふの販売計画を進めており、求人の貼紙で戻ってきた光一に期待を寄せていた。
そして、そのことをについて野田光一(段田安則)に話をするのだが、光一はあっさりとその話を断ってしまう。

ここまでが、2月6日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第100話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第101話のあらすじを知りたい方は、第101話『対等』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第100話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第100話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子100話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第17週目第100話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。