マッサン第13話のネタバレあらすじ!入居拒否

こちらでは、朝ドラ「マッサン」3週目第13話のあらすじのネタバレや、マッサンと原作の比較、感想をまとめています。

マッサンの第12話「スコットランドへ」では、マッサンがエリーにスコットランドへかえってもいいと提案するストーリーでした。

マッサンの第13話「入居拒否」では、新居を探すが、エリーが外国人だとわかると入居拒否されるストーリーとなっています。

朝ドラ『マッサン』
2014年10月13日(月)放送
第8週サブタイトル『住めば都』

マッサンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「マッサン」を見逃した方は、「マッサン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マッサン』第13話のネタバレあらすじ

ここからは、10月13日に放送された朝ドラ「マッサン」第13話のあらすじをまとめたネタバレです。

マッサン13話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

マッサンとエリーがウイスキー作りのために大阪にやってきてから1週間が過ぎた。
マッサンとエリーがウイスキーづくりのために大阪にやってきて、1週間が過ぎた。二人は新居を見つけ、それまで住んでいた田中家を後にした。
心機一転、2人きりの新生活が始まった

 

マッサンはエリーのために、パンが焼けるオーブンのある洋館を選ぶ。
エリーは、マッサンがエリーのためにパンが焼けるオーブンのある洋館を選んで引っ越してきたことを知り、感激して喜んでいた。

ところが、洋館の大家さんは、エリーの姿を見ると態度を一変させる。

エリーがマッサンの妻であることを知った洋館の主人は、「私の家を外国人に貸すのはお断りだ!」と言い出す。
外国人に家を貸すのはお断りだ!」と、一方的に断る。

2人は恥ずかしかったが、とりあえず食事をすることにした。

店の主人であるコヒノボリは、2人に夜逃げをしないかと聞く。
こひのぼりの店主に夜逃げかと聞かれ、家を探していると答えると、貸家を紹介される。

マッサンとエリーは大きな荷物を持ち、その貸家を見に行くことにする。

 

貸家を見ていると、見知らぬ女性カトリーヌが二人に声をかけてきて
どちらからいらっしゃったのですか?あなたの名前は? と、外国人であるエリーに興味津々である。

エリーが唾棄すべき男(マッサン)と結婚していると聞き、驚く。

家探しに苦労していると聞いたカトリーヌは
笑顔で、”ここに住んだらどう?”と提案した。

キャサリンはエリーに、”ここに住んだらどう?ここに住めばいい”。

そして、マッサンに荷物を運ぶように指示し、二人はキャサリンのところへ行った。
二人はキャサリンに導かれるまま、この貸家を新居として住むことにする。

二人の新居で、エリーはマッサンのために、レシピ本を見ながら一生懸命にご飯を炊く。
しかし、なかなかうまくいかず、おかゆになってしまう。

マッサンは「焦ることはない、やっていくうちにわかるようになる」と言う。
はい!」と答えるエリーの悔しそうな表情がたまらない。

エリーが新居で洗濯物を干していると、玄関から「ごめんね」という声が聞こえてくる。
ごめんね」と玄関から声がする。

親不孝だとバカにされていた社長令嬢の優子が、突然、新居に訪ねてきたのだ。
親不孝だと叱られていた社長令嬢の優子が突然新居に訪ねてきて、エリーはびっくりしてしまう……。

 

 

 

引っ越しをするマッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット)であったが、エリーが外国人だと知ると入居を拒否される。困り果てた二人はとある食堂へ入り、店主・春さん(及川いぞう)から貸家を紹介される。そして謎の女性・キャサリン(濱田マリ)と出会い、ようやく新居が決まる。心機一転、ウイスキーづくりに燃えるマッサンを応援しようと米炊きの練習に励むエリー。そんなとき、優子(相武紗季)が訪ねてきて…。

ここまでが、10月13日に放送された朝ドラ「マッサン」第13話のあらすじのネタバレです。

マッサン第14話のあらすじを知りたい方は、第14話『ウイスキー製造実験』へ読み進めてください。

朝ドラ「マッサン」第13話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マッサン」第13話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

いつか植えたい

耕治の作った笛から芽が出た。

桃音はいつか植えたいと言っていたが、これってフラグなんでしょ?

気仙沼に帰ってこの笛を植えて、将来、おかえりモネの最終回にこの新芽が大きく育った映像が流れることを想像してしまう、そんなフラグだと思うんです。

セリフが言える!

五十嵐と伴京三、これで殺し合いのペアになりましたね。
なんと伴京三の役です。
とドキドキしていましたが、ちゃんとセリフが言えるんですね!
まあ、口調も動きも鈍いので、吉備之丞のようなキレはありませんが、それなりの貫禄はありましたし、伴海松が演じる吉備之丞も面白かったです。
今回は、五十嵐が順番に吉備之丞を演じる予定だったが、モモケンが割り込んできた。
そのやりとりが面白かったのですが、その後、五十嵐が吉備之丞を、モモケンが左近を演じたのでしょうか。
その辺が気になったので、明日にでも回想があるといいなとちょっと思っています。

ミルクセーキ

いつも朝ドラ「エール」ネタを入れてくれるおチョやん。

前回はコロンブスレコードでしたが、今回はミルクセーキ!?

さすがに作り方の説明はありませんでしたが、ちよちゃんはおいしそうに飲んでいました。

しかし、その後ゲストが来て…いきなり過ぎないか?

この後、何か始まるかと思いきや、何も始まらない。

あの演出はなんだったんだろう~。

あいうえお傘

あいうえお傘、来ましたね。

一緒に帰ろうか?のアイアイ傘が登場。

本当に小学生のようでしたが、この後まっすぐ家に帰ったのか、どこかで休憩したのか、とても気になりますね~。

いつも朝ドラ「おかえりモネ」をやっていると思うので、明日は帰り道の様子もしっかり描いてください!(笑)

東北のピンチ

朝ドラ「おかえりモネ」の世界では、東北地方にしょっちゅう台風がやってくる。

ドラマだからしょうがないのですが、どうして東北にピンポイントで災害が来るのでしょうか。

今回の台風も前回の台風と同じようなルートを辿っているような気がする。

前回、現実世界で東北に来た台風と似たような経路で、リアルすぎる…。

観測史上初の台風ということで、気象台に電話して台風を確認する役目を任されたモネは、いつの間にか成長していた!

きぬちゃんアウト!

実家からの帰り道で、ばったりきぬちゃんに会いました。
避難するとのことで、家を出ていく姿を見て、ちょっと寂しくなりました。
きぬちゃんは彼らのキューピッドで、いいキャラしてたから、いなくなるのは寂しいな~。
避難先が広島でないことを祈るばかりです。

脈なし!

ミーちゃん、やっとおなか一杯になったね。

そうだよ、ずっと君のことを思っていたのに、同時に帰らされるなんて…。

っていうか、みーちゃんって抱かれたい願望あったんですか?

そういうことだったんだよね?

あのみーちゃんと二人きりで夜を過ごしたいのに、いつも家に帰されて、何してるんだろうというパターン。

みーちゃん、このまま東京に行っちゃうんじゃないかって気がしてならない。

りょーちんは今みーちゃんと付き合う気はないみたいだし、東京に行ってやりたいことやって、いい男捕まえて結婚するのがみーちゃんの将来のためになると思うんだよねー。

トミー(写真)!

そして、まさかのトミーの写真に登場!
もうすぐ終わるから、そろそろ昔のメンバーを呼び戻そう」という魂胆でしょうか?
写真)だけなのが残念!
一瞬、まさか遺影とは思いませんでしたよね?って思っちゃいましたよ。
どこから出てくるんだろうと思ったら、まさかのCD!
というわけで、トミーは成功しました?!!(笑

情報の断片化

現代は情報化社会です。

SNSで検索すれば、地元で起きていることはすぐにわかるので、浅岡さんの言う通りなのですが、そもそも全国に気象台やテレビ局があるのはそのためだと思うんです。

さらに細分化されるということでしょうね。

あの、光当てすぎじゃないですか?

宝塚みたいにキラキラさせたいのか知らんけど、ライトが眩しすぎるわー。

そして、その光の強さについてのツイートが、流れて流れて流れて!(笑)

野坂さん

ところで、私が一番気になったのは、野坂さんはどんな仕事をされているのか、ということです。

交通チームのようなことを言っていたが、どんな仕事をしているのかさっぱりわからない。

チームの割には、野坂さんについて語ることが全然ない。

近い将来、野坂さんを主人公にした物語はあるのでしょうか?

身の上話の前に

お涙頂戴の個人的な話ですが、個人的な話の前に、ちょっと小休止です

昨日の流れからすると、警察に引き渡されるか、どこかに消えてしまうのでは?

あんなに本音をぶちまけておきながら、奄美の家で普通に過ごしている姿には驚きました。

やめてよ!奄美の家に戻って拗ねちゃったのかな?

帰ってきてびっくりしたんだろうけど、昨日の続きがないから、ちょっと違和感があったんだよね。

そんな風に思っているのは自分だけかと思っていたら、SNSで同じようなことをつぶやいている人がいて、ちょっと安心しました。

ハングアウト

この後、みんなで福富で待ち合わせです

どうなんでしょうね。

千代は岡安を実家と思ってるけど、福富はただのたまり場?

まあ、喫茶店だからたまり場なんだけど、菊さんって意外といいこと言うんだよね。

しずちゃんとも仲良しだけど、しっかり者の菊さんも好きだな~。

性格はキツイけど、わりといつも正論を言ってるんですよね。

“筋を通す”。

これ、本当に大事なことなんです。

追いかけてくるジョー

我らがジョーさんが、ルイちゃんを追いかけてきたのです
さすがは宇宙人、人探しの名人です。
しかし、来てくれたのはいいのですが、そのまま来てしまいましたね。
ジョーさんがなぜあの曲を選んだのか不思議だったのですが、以前弾いてあげた時に特別な曲だと察していたとは…。
なんだかんだ言って、ジョーさん、勘の鋭い人だったようですね。
でも、ある意味、この曲は瑠衣にとってちょっと特別すぎたんだ。
ジョーは瑠衣の黒歴史を白歴史に変えることができるのか?
これからのジョーの活躍が楽しみですw

8年前の浅岡さん

8年前の震災の時、浅岡さんはそこにいた。

8年前と同じように振る舞う浅岡さんは、きっと根っからのお天気お姉さんなのだろう。

それはもちろん、人助けや被害を少なくするための行動であり、とても立派な行動だと思います。

最近はリアルタイムで土砂災害が起きているので、身近な問題だと思い、気づけば気象に興味を持つようになりました。

以上が、朝ドラ「マッサン」第3週目第13話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。