マッサン第14話のネタバレあらすじ!ウイスキー製造実験

こちらでは、朝ドラ「マッサン」3週目第14話のあらすじのネタバレや、マッサンと原作の比較、感想をまとめています。

マッサンの第13話「入居拒否」では、新居を探すが、エリーが外国人だとわかると入居拒否されるストーリーでした。

マッサンの第14話「ウイスキー製造実験」では、マッサンがウイスキー製造実験に着手するストーリーとなっています。

朝ドラ『マッサン』
2014年10月14日(火)放送
第3週サブタイトル『住めば都』

マッサンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「マッサン」を見逃した方は、「マッサン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マッサン』第14話のネタバレあらすじ

ここからは、10月14日に放送された朝ドラ「マッサン」第14話のあらすじをまとめたネタバレです。

マッサン14話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

新居に引っ越したエリーのもとに、社長令嬢の裕子が訪ねてくる。
新築祝いに茶碗を届けに来たと言う。

エリーは、「どうしてですか?

優子は、エリーの来日への決意がわかったからこそ、謝りに来たのだ。

私はあなたに負けたんです。雅治さん(マッサン)のことはきっぱり諦めます。
私はあきらめます。辛いことばかり言ってごめんね。

エリーは優子にお礼を言い、送り出した。

優子が帰った後、ご飯を炊いていることに気づき、慌てて台所に戻りました。
ご飯は真っ黒に焦げていた。エリーは「ああ、もうだめだ」と嘆いた。

一方、マッサンはウイスキー研究所で本格的にウイスキー作りを始めた。
一方、マッサンはウイスキー研究所で本格的にウイスキー作りを始めた。社長以下、興味津々である。

しかし、常務の矢口だけは、ウイスキーづくりに批判的であった。

新規事業には株主の承認が必要で、1週間以内に事業計画書を提出するようにと言われた。
計画書を提出するように言われたマッサンは、提出を約束する。

エリーはマッサンのもとへ弁当を届けに行き、また米の炊き方を教えてほしいと頼む。
エリーは、マッサンにもう一度、米の炊き方を教えてほしいと頼むが、彼は仕事が忙しいと断る。

帰り道、田中家に立ち寄り、優子にご飯の炊き方を聞こうとする。

しかし、優子は “なんでそんなことまで教えてもらわなきゃいけないの?”と言って断る。優子は断る。

彼女は「まず米から、ゆっくり炊きなさい、そして中で炊きなさい、赤ちゃんが泣いても蓋を取らないように」と言うのだ。

しかし、優子はエリーに米の炊き方のヒントを与える。

ところがエリーは、そうとは言い切れない。どういうこと?」と理解できない。

エリーは、町の管理人のカトリーヌという人に挨拶に行く。
彼女は、引っ越しを手伝ってくれた女性がキャサリンであることを知る。

キャサリンは日本人で、自分は種族だと言っていたが、牧師である夫はイギリス人であり
国際結婚をしたため、名前を変えたと聞かされる。

エリーは、同じく国際結婚をしていたキャサリンから、「何でも聞いて」と言われる。
エリーは、同じく国際結婚の経験者であるキャサリンから、何でも聞いてくださいと言われる。

エリーは、同じく国際結婚の立場のキャサリンに、何でも聞いてくださいと言われる。おくさん、女中さん、家政婦さん?

これらの日本語の意味を聞いて、エリーは驚く。これらの日本語の意味を聞いて、エリーは驚く。

マッサンが遅く帰ってくると、”Am I (Ellie) a housemaid?” と聞く。と尋ねます。”Am I (Ellie) a housemaid?”(私(エリー)はお手伝いさん?

そんなことはないだろう。夫と妻は人生のパートナーです。
私たちは人生のパートナーであり、それぞれに分担がありますが、常に対等です。

この答えを聞いて、エリーはほっとした。

エリーはうれしくて、マッサンに「I LOVE YOU」と言って愛を確かめた。

マッサンは小声で「I LOVE YOU」と答えました。(と答えた(笑)。

もっと大きな声で言ったらどうなんだ?エリーは納得がいかない。

マッサンは「ここは日本だ」と誤魔化し、エリーはあっけにとられる!

 

 

 

エリー(シャーロット)の元に優子(相武紗季)が現れ、マッサン(玉山鉄二)との結婚は諦めると告げて去る。一方、マッサンはウイスキー製造実験に着手するが、専務の矢口(白井晃)は事業計画書を提出しなければ認めないと冷たい態度。エリーはひょんなことから教会でキャサリン(濱田マリ)と再会。彼女も夫が外国人であることから意気投合する。実験に励むマッサンと、帰りを待つエリーの新婚生活が本格的に始まる。

ここまでが、10月14日に放送された朝ドラ「マッサン」第14話のあらすじのネタバレです。

マッサン第15話のあらすじを知りたい方は、第15話『猛特訓』へ読み進めてください。

朝ドラ「マッサン」第14話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マッサン」第14話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

いい人になっているじゃないか!!!!

そして、大槻家は岡山に帰省しました。
まさか、優と雪絵の役者が変わっている!
算盤はそのまま使っていたのですが、なぜ変えたのでしょうか?
深津絵里さんが10代の役をやっていたので、勇と雪絵もやってほしかった。!!!!
一瞬、老け顔になってしまいましたね…。あれ?もしかして別人?って混乱しちゃいました(笑
と、ここで瑠衣は少し過去を取り戻すことができたのでした。
その人とは、もちろん渦中の人、雪絵さんです。
とても素敵な人になっていましたが、年齢のせいでしょうか?
結局、結論は出ませんでしたが、もしかして勘違い?と思い始めている瑠衣。
早く誤解が解けて、二人が再会することを願っています。!!!!

なんだ、おじいちゃん!

ついに東京に到着したモネちゃん。

宿泊先も決まらないまま、森林組合を辞めたようです。

そして、仕事も見つからずに森林組合を辞めたようです。

ノープランとはこのことである。

祖父の紹介で下宿先を見つけた。林業組合を辞める直前、祖父に「東京に行く」と言ったそうですね。

無謀という言葉では言い表せないくらい、本当に何も考えていなかったのでしょう。

10回死んでいる

千代探しが始まりましたが、まさかの生瀬が千代探しに参加!?
最初は否定的でしたが、千代の話を聞いて、かなり興味を持ったようです。
みんなに聞いても、不倫して死んだら、10回死んだと同じことを言うだろう。
そんなことで、死にに行くような千代ちゃんじゃない!」と。
自分の人生を知ったとき、彼女がどんな顔をするのか、早く見てみたいです

結局、何時の間にか!

亮が行方不明になってから4日が経ちましたが、今日まで結局何時なのかよくわかりませんでした。

朝迎えに行き、午前中はおしゃべりして、お昼は築地に行き、下宿に帰ってきて、みんな解散して、みーちゃんは荷物をまとめていました。

亮が寝ちゃったってことは、桃音ちゃんが来て寝るように仕向けるまで、ずっと起きてたんだよね?

時計も表示されないし、よくわからない時間軸の1週間でした。

夫婦の喜怒哀楽


今日も夫婦漫才でスタートです!
しかし、村田さんも歳をとりましたね?。
最近の再放送では、朝ドラ「純情きらり」や「澪つくし」で若い頃を見ますが、もうおじいちゃんですね~。
相方は濱田マリさんで、安定の芸人さんカップルでしたね
職業中心主義の自由=洗濯の自由
まさにw
これからも、愉快な夫婦漫才を楽しみにしています

宴会

森林組合では、お客さんが来たら必ず宴会を始めるんですね。

酔っぱらいに絡まれるのはよくあることですが、おばあさんに拉致されるのはちょっと珍しい。

普通、酔っぱらいのオヤジに長々と話しかけられても、「はははは」と笑うのが普通ですが、登米のおばあちゃんたちは元気です。

不合格

学校の机上のたわごとはようやく終わったが、それと同時に来たのが気象予報士試験の合否のハガキである。

大方の予想通り、不合格でしたが、思ったより落ち込まなかったです。

受験当日は「結構できた」と自信満々の気分でしたが、不合格になったときは落ち込むかと思いきや、そうでもなかった。

しかも、先生が「もちろんよくできたよ」と言ったのはどういう意味だったのだろう。

応援してくれているんだと思った。

もしかしたら、落ちそうになっても応援していたのかもしれないが、結果を聞いたときの「そうだろうね」は、ちょっと違和感があった。

千葉の攻防

珍之介がそっと夜逃げをしようとした瞬間!

思いがけず、千代が襲いかかり、珍之介を押し倒したのです。

千代からすればナイスタイミングだったのでしょう。

なんとなくですが、はなの死後、千代は少し家人らしくなったような気がします。

でも、そんなこと平之助に聞いてもわからないんじゃないでしょうか?

だって、それがわかっていれば、もっといい脚本が書けたはずだし、そうしなかったから、追い出されたわけで……。

百裂バキューム

今日も百里は爆走中!

昨日は、仙之助の顔には、笑えない!?でも、今日はとても嬉しそうな顔をしていますね。

オバチャンは、百栗が嬉しそうにしてるのが嬉しいんです。

最初はなんだこいつと思ったけど、まさかももクリがこんなに可愛くなる日が来るとは思わなかったし、ますますももクリが好きになりそうです。

発掘

ひなたはビリーに声をかけることができなかった。
かなりみすぼらしかったですね。
その後、2階で一番古い地層から発掘して、NHKの英語講座のテキストを取り出したんです。
テキストは長い間埋もれていたため、悲しみに暮れていたのでしょう。
あんなに埋まっていたなんて。
また、ジョーが作ってくれたラジオ英会話カードも、すっかり空っぽになっていた。
というか、1週間しか持たなかったのに、何日やってないんだろうと思いました。

ラジオでの告白

今回、平川アニこと靖子がラジオで告白をしました。
告白の理由は、夏目友人帳シリーズを見たかどうかという質問でしたが、そこから告白する気になったのか、ちょっと疑問でしたね。
何か思い入れがあるのならわかるのですが、いきなり日本語で、しかも何の描写もなく過去の話をされたので。
これでようやく瑠衣と靖子が再会することが確定しました。
ヒナタが二人を繋いでいるのです。
頑張れ、ヒナタ!

さすがは大山

一平は襲名を拒否したが、新聞発表は3日後であり、大山社長はまったく引き下がる気配がない。

ビジネス的には、金儲けのための襲名興行は絶対にやりたいので、まったく相容れない気持ちだった。

さすがはゴリ押しの大山社長だ。

夢だと言っていましたが、大山社長は「つるかめホームシアター」をいかに効率よく売り出して儲けるか、そればかり考えているような気がしています。

そもそも、義男の放火事件は相手方と決着がついたというが、どのように決着がついたのだろうか。

相手が何かを得ずにやめるとは思えないが……。

おそらく、脅迫はどちらかのお金で解決したのでしょう。

相手より大きなヤクザを雇って、手を出したら潰すぞと脅すか、お金を渡してそれで手を引けと言われ、それで取引終了か、どちらかだったと思います。

いずれにせよ、まじめな人がやるようなことではありませんから、大山総裁もその一人なのでしょう。

水野さん復活

今日、完全に終わったと思っていた人が現れました。

水野さん、その名もW。

そこ、再登場はないだろうと思っていたのですが、ここで復活させましょう?。

というか、何のために戻ってきたのか全く触れずに、ただただ何かをするために戻ってきた!という感じでした。という余計なお世話を伝えたくなるようなシーンでした。

先週までのあらすじ

今日も朝ドラ「おっさんずラブ」始まりましたね

毎度おなじみ、先週までのあらすじを黒井さんがじっくりと解説してくれます。

ある意味、もう前置きなんですよねぇ。

でも、先週を思い出すには丁度いいんですよ、これが!

そんな中、今日の演奏は一味違いました。

“みなさん、おちょぼ口は楽しんでいますか?”

まさか、この朝ドラの視聴率の悪さを気にして、視聴者に向けて言っているのでしょうか?

私は毎日欠かさず楽しく見ていますので、ご心配なく。

菅波先生スタート

今日は、昨日の終わりからスタートです。

モネさんは菅波先生からの電話をスルーしています。

電話がかかってこないので少しハラハラしていましたが、またハラハラするとは。

菅波はいつも事務所から電話するんですよね。

それだけ暇なんだろうけど、何か感じ取ったんだろうか。

どうやらクリスマスの日だったようで、せっかく電話してきたんだから、出てよ!って。と心の中で叫んでしまいましたw

精神的に落ち込んでるのはわかるけど、それを癒してくれるのはパートナーでしょ?

そんな時に電話に出る気になれない人と結婚するのは無理じゃないですか?

開始30秒で、朝ドラ「お姉ちゃん」を見ていたテンションが一気に下がってしまうほど、落ち込んでしまいました。

以上が、朝ドラ「マッサン」第3週目第14話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。