マッサン第23話のネタバレあらすじ!ウイスキーをつくろう

こちらでは、朝ドラ「マッサン」4週目第23話のあらすじのネタバレや、マッサンと原作の比較、感想をまとめています。

マッサンの第22話「縁談を受け入れる」では、優子が、住吉酒造の窮地に、縁談を受け入れるストーリーでした。

マッサンの第23話「ウイスキーをつくろう」では、鴨居がマッサンに一緒にウイスキーをつくろうと言いだすストーリーとなっています。

朝ドラ『マッサン』
2014年10月24日(金)放送
第4週サブタイトル『破れ鍋に綴じ蓋』

マッサンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「マッサン」を見逃した方は、「マッサン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マッサン』第23話のネタバレあらすじ

ここからは、10月24日に放送された朝ドラ「マッサン」第23話のあらすじをまとめたネタバレです。

マッサン23話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

倒産の危機に瀕した住吉酒造を救うために。
その日は、政略結婚を決めた一人娘の優子の見合いの日。

不機嫌なエリーは、見合いを終えた優子に会いに行く。

優子の母・佳代は、エリーに見合いが決まったことを告げる。

台所で赤飯を炊いている優子に、エリーは声をかける。

エリー:”優子さん…”

優子:”…もういいよ…”

優子:”嬉しかったわ。私の背中を押してくれたんだもの”

優子:”ほんの少し、蓋を開けることができました。”

心配してくれたエリーに感謝する優子。

優子は再び心に蓋をして、結婚することを決意するのでした。

優子は炊きあがった赤飯をエリーに「おめでとう」と差し出します。

エリーは「温かくておいしい」と涙を流しながらご飯を食べました。エリーは涙を流しながら、そのご飯を食べた。

日本に来て初めての友達を助けることができなかった。

 

一方、マッサンは太陽ワインの新しい広告を撮影するために来ていた。

鴨居のチーフは、太陽ワインの美しさ、健康、安全、安心をアピールしようとしていた。
太陽ワインの安心・安全をアピールするには、みずみずしくしなやかな肌が必要だと考えた彼は、ヌードの女性がワイングラスを持つ大胆な広告を制作した。
裸でワイングラスを持つという大胆な演出の広告に、マッサンもびっくり!?

マッサンは鴨居のおじさんの手腕に感謝する。

すると、鴨居の主人である金次郎が意外なことを言い出す……。

うちで働かないか?一緒に面白いことをやらないか “と。

突然のことにマッサンは戸惑い、「なぜ、突然なんだ?

鴨居の主人は、「一緒にウイスキーをつくろう」と笑顔でマッサンを誘った。

本当にウイスキーを作るんですか?”と。とマッサンは聞く。

これから先、日本には必ずウイスキーの波が来る。

その波をつくるのは、私たちです 君の答えを待っているよ。

そして、マッサンが「大丈夫、太陽ワインは絶対に安心・安全だ」と言えば、間違いない!

したがって、太陽ワインの中身を変える必要はないのである。

マッサンは、鴨居の王子の突然の誘いに唖然とした。

マッサンの心は大きく揺れ始めていた…。

 

 

鴨居(堤真一)が太陽ワインの危機脱出のため、新たに打ち出したのは、女性ヌードをモチーフにした広告であった。自由で新しい意見を取り入れる鴨居に対し、マッサン(玉山鉄二)はこれまでの誤解をわびる。そこで突然鴨居は、一緒にウイスキーをつくろうと言いだし、驚くマッサン。一方、会社のために結婚を決めた優子(相武紗季)の姿にエリー(シャーロット)は…。

ここまでが、10月24日に放送された朝ドラ「マッサン」第23話のあらすじのネタバレです。

マッサン第24話のあらすじを知りたい方は、第24話『エリーが激怒』へ読み進めてください。

朝ドラ「マッサン」第23話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マッサン」第23話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

オカフク

いよいよ千代が道頓堀に帰ってきます。

岡福で光枝と再会するシーンは、本当に泣けました。

意外にも、一度入ってしまうと

二度見した気がしなかったのですが、何かが視界に入ったのでしょう。

あの「おかえり」と「ただいま」の二人はいつも涙を誘うのです

オチョーヤン

でも、「おちょやん」は朝ドラの名前でもあるのです

お局やんと呼ばれるのは、部下扱いされることへの蔑称のようなものでしたが、もうドラマの名前は回収されたということでしょうか?

オチョーちゃんには結構時間があると思ったのですが、たった2週間で卒業したようですw。

でも、何度も何度も、新しいお蝶やんが誕生しているのです

岡安でも小さな新おちょーやんがいましたが、8年に1人採用ということは、見習いはかなり少ないのかもしれませんね。

アイスクリーム頭痛

アイスクリーム頭痛、医学用語です。

最初はボケているのかと思いましたが、どうやら真面目な言葉だったようです。

私もアイスを食べると頭が痛くなる方ですが、あれはキーンと頭が痛くなりますよね。

というわけで、今日は暑いのでかき氷を食べます!(笑

予想外

反対されるかと思いきや、新しい母親の登場に大喜びする千代。

しかも、「よくやった! やったね!”と。普通の子供なら言うような言葉はない。

喜びの理由は、家事や洗濯をしなくていい、学校に行けるということだったが、その夢は1話で終わりを告げた。

おそらく、千代の中の母親の定義は、母性ではなく、労働を期待するものだったのだろう。

正確に言えば、母親ではなく家政婦。

さすがに関西人の合理的思考のセンスは、千代ちゃんからもしっかりした将来がありそうな感じが伝わってくる。

御霊神さん

芝居茶屋の女将を「御寮人さん」と呼ぶようですが、どう言えばいいのかよくわかりません。

朝ドラでは、「女将」「若女将」という言い方が多いのですが、「御寮人さん」という言い方をされた方はいらっしゃるでしょうか?

同じジャンルの朝ドラで「わろてんか」がありましたが、なんと呼んでいたか覚えていません。

チェーンソー

昨日は、さやかちゃんもモネちゃんもノコギリでジタバタしていたので、まさか切り倒しに行くのでは?と心配になりましたが、やっぱりチェーンソー登場!!(笑)。

やはり、本番はチェーンソーなんですね。

でも、昔の人はチェーンソーがないから、ノコギリで一生懸命切っていたんだろうし、本当に大変な作業だったんだなあとしみじみ思いました。

昨日の最後の儀式的なシーンは、昔は木を大切にする雰囲気だったので、チェーンソーで木を切っているのを見たとき、現代の冷たさを感じましたね。

実際、このヒバの木は何年目なんでしょうか?

撮影のために伐採されたわけですが、この木にいくら払ったのかも気になるところです。

ドラマとは関係なく、本当に50年間眠らされ、能舞台の材料として使われるのであれば、とても素敵なことだと思いました。

マグロのにぎり

今日は笑いのシーンはあるのでしょうか?と思っていた朝ドラ「おっさんずラブ」ですが、期待に違わぬ出来栄えです!(笑

天晴さんと徳利さんの一発ギャグ「マグロの握り」、嫌いじゃなかったですよ?

どちらかというと、体力を消耗しすぎです。

朝ドラ「おっさんずラブ」はふんどし芸が好き~!

先日、万太郎の早着替えが話題になりましたが、その時もふんどし姿でしたね~。

そして、片兼先生、ふんどしから金…。

次回は、一平ちゃん関連のふんどし芸をお願いします。

お休みです…

菅波先生から縄跳びをプレゼント。

本気なんだろうけど、このセンスのないプレゼントに引き込まれちゃいますね。

しかも、1日3分の課題付き!

さすがに頭のネジがないモネは驚くかな、と思いきや、やはり似たもの同士。

そのプレゼントをもらって喜ぶなんて、拍子抜けです…。

芸能人は歯並びが命!

あと、昨日から違和感があるんだけど、輝夫の歯って綺麗すぎじゃない?

服も髪もボロボロなのに、歯だけやたらと白くて、すごく違和感があります。

昨日から、ずっと自分の歯を見ています。

三人衆

今回は3人で買い物に行こう、と言って別れた香里さんと三井ちゃん。

いつも「みつえちゃん」と名前で呼んでいましたが、そんなに仲が良かったのでしょうか?

みつえさん、香里さんと3人で買い物をするという約束がまだ有効だったことに、ちょっと腹が立っています。

どんだけこぼすんだ選手権!

今日の朝ドラ「Come Come Everybody」48話は、城一郎さんの「どれだけこぼすか選手権」から始まる予感がしましたが、違いましたね

たこ焼きにソースをこぼし、スローモーションで駆け寄ってくるるいさん。

世の中の男性は、深津絵里さんのおっぱいがよく揺れるのを見るのが夢なのでしょうか?

たこ焼き中心の話に戻って、今度はかき氷!?

城一郎がかき氷というこぼれそうなものを食べて、氷の苺を見事にこぼす姿を想像していたのですが、そんなことはありませんでしたね。

どれだけこぼすか選手権をやってほしかったシーンです。

お笑い!

一平さんが熊田さんに、もし千代が出演したらどうするかと言ったところ、一平さんは、そんなことするわけがないと言った。

そして、本当に出演したら「お笑いになる」と言いましたが、そんなの笑えません!(笑)。

こうなったのは全部自分のせいだろ!

千代が本当に復帰したら、コメディとして笑わせられるかどうかだが、あのニヒルな笑顔が余計に癇に障るんだよなぁ。

朝から夜まで?

桃音は酔って寝てしまった。

目が覚めると、朝なのか昼なのかよくわからないが、そもそも夕飯ではないのか?

という雰囲気だったので、島に帰って夕食をとっているのかと思いきや、それだと目が覚めたら午前中だったということになる。

でも、お母さんは洗濯をしていて、雰囲気からして昼間という印象でした。

昼間だから、そうやって寝ていたということなのでしょうか。

と考えていたら、SNSでたくさんの人が同じことをつぶやいていましたよ。

やっぱりみんな同じこと言ってるんですね。

アスナロ

桃音に木のことを教えるさやか。

ヒバがアスナロだと話していましたが、初めて知りました!w

そして、”あすはひのきになる!”。とか、アスナロ!

そして、ヒバの北限は福島で、登米には生えていないそうです。というのは勉強になりましたw

ただ、あの話は、悩んでいる百音ちゃんに「焦らなくていいんだよ」「ゆっくりでいいんだよ」と伝えるためのものだったんですね。

湯婆婆のお姉さんみたいな優しさだと思ったけど、よく考えたらお姉さんだったんだ。

発掘

ひなたはビリーに声をかけることができなかった。

かなりみすぼらしかったですね。

その後、2階で一番古い地層から発掘して、NHKの英語講座のテキストを取り出したんです。

テキストは長い間埋もれていたため、悲しみに暮れていたのでしょう。

あんなに埋まっていたなんて。

また、ジョーが作ってくれたラジオ英会話カードも、すっかり空っぽになっていた。

というか、1週間しか持たなかったのに、何日やってないんだろうと思いました。

以上が、朝ドラ「マッサン」第4週目第23話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。