マッサン第22話のネタバレあらすじ!縁談を受け入れる

こちらでは、朝ドラ「マッサン」4週目第22話のあらすじのネタバレや、マッサンと原作の比較、感想をまとめています。

マッサンの第21話「結婚に賛同」では、見合い相手が住吉酒造へ支援を約束したと聞き、佳代たちが結婚に賛同するストーリーでした。

マッサンの第22話「縁談を受け入れる」では、優子が、住吉酒造の窮地に、縁談を受け入れるストーリーとなっています。

朝ドラ『マッサン』
2014年10月23日(木)放送
第4週サブタイトル『破れ鍋に綴じ蓋』

マッサンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「マッサン」を見逃した方は、「マッサン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マッサン』第22話のネタバレあらすじ

ここからは、10月23日に放送された朝ドラ「マッサン」第22話のあらすじをまとめたネタバレです。

マッサン22話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

怒りの葡萄」の酒瓶爆発騒動が引き起こした返品問題「太陽ワインは撤退するのか?存続させるのか?”

鴨居商店の会合に招かれたマッサンは、鴨居の総支配人から意見を求められる。

マッサンの提案

(1)太陽ワインの中身を全く新しいもの、新太陽ワインにする。
2)中身は安全なのだから、世間の見方を180度変えなければならない。

鴨居のおしょうは、「太陽ワインの中身は変える必要がない」と、この意見を否定した。

しかし、マッサンが “世の中の見方を180度変えなければならない “と言うのを聞いて……。
それだ!”と反応した。

マッサンの言葉をヒントに、新しい広告をつくる
結論は、世の中を驚かせ、太陽ワインの印象を変えるような新しい広告をつくることであった。

鴨居の親分は、最初から太陽ワインの存続を前提に考えていたのだ

打ち合わせには、事務方だけでなく、作り手(まっさん)の生の声が必要だった。
それを聞いたエリーは、鴨居の係長のやり方に驚く。

 

一方、エリーは、マッサンが鴨居商店で働いていること、私(エリー)がマッサンをないがしろにしていたことを知り、驚いた。
マッサンが鴨居商店の仕事をおろそかにして、私(エリー)の言うことを聞かない!」と怒ったのだ。

しかし、マッサンには、エリーがなぜ怒っているのか理解できなかった…。

その後、エリーも鴨居商店に招待された。

鴨居商店の店長から「マッサンの意見はまじめでつまらない」と言われたそうだ。
エリーが「もっと遊んでよ」と言うと、鴨居商店の主人は大笑いしたそうだ。

食事中、鴨居商店での仕事の話に夢中になっていたマッサンに、鴨居はこう言った。
鴨居の大将と一緒に働くマッサン、楽しそう♪」とエリーさん。

マッサンは次第に鴨居の大将に惹かれていく。

 

一方、酒騒動の影響で、住吉酒造は銀行から追加融資を断られる。
会社の存続が危ぶまれる。

さらに、優子の祖父は再び田中家を訪れ、優子の縁談を断った理由に納得がいかない。
さらに、田中家を再び訪れた優子の祖父は、優子のプロポーズが断られたことに納得がいかなかった。

優子の祖父は、優子のプロポーズを断った理由に納得がいかず、社長の大作を問い詰める。
祖父から、優子の見合いを予定通り進めるよう忠告される。

優子は「わかりました」と言い、結婚を決意する。

その一部始終を見ていたエリーは、寂しさを募らせていく。

 

 

鴨居商店の会議に参加したマッサン(玉山鉄二)は、鴨居(堤真一)に太陽ワインの未来について問われ、中身の一新を提案する。しかし、鴨居の出した決断は、中身はそのままで新たな広告を打ち出し再起を図るというものだった。憤慨するも次第に鴨居に魅了されていくマッサン。一方、銀行からの融資が白紙に戻り住吉酒造は窮地に陥る。会社存続には縁談を受けるしかないと迫られた優子(相武紗季)は…。

ここまでが、10月23日に放送された朝ドラ「マッサン」第22話のあらすじのネタバレです。

マッサン第23話のあらすじを知りたい方は、第23話『ウイスキーをつくろう』へ読み進めてください。

朝ドラ「マッサン」第22話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マッサン」第22話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

盗み聞き

今日、朝ドラ「おっさんずラブ」を見ていて思ったことが一つあります。

それは、この朝ドラには、盗み聞きが多くないか、ということです。

記憶を辿ってみると、一平が夜遊びに出かけた時に志津のことを盗み聞きしていたり、先日の千代と灯のやり取りを長澤が盗み聞きしていたり、今度は栗子が千代と長澤を盗み聞きしていたり、色々あった気がしますw。

そんなに外から聞こえてくるものなのでしょうか?

だとしたら、かなりプライベートなことまで聞かれているんだろうなぁ。

約束

それにしても、最後の約束はちょっと希望が持ててよかったですね。

おそらく最終週あたりには、義男が千代のライブを見に来ることは間違いないでしょう

その時、お母さんの形見であるガラスの数珠を手にして、姉弟ともに喜んでくれたらと思いました。

結婚秒読み

気仙沼に帰ると告白した百音さん。

今はまた、入れ替わり立ち替わりで遠距離恋愛中。

このままでは二人は一緒になれず、終わってしまうと思うようになった。

朝ドラで、幸せになれないまま終わるというのはあまりないと思いますが、そうなるなら、りょうちんとくっつくのだけは辞めてほしいです。

そうなったら、みーちゃんがかわいそうで見てられないです。

貧血だった

母が倒れた時、まさかこんな展開になるとは! と思ったのですが、なにしろ貧血だったのです。

貧血と疲労は違うと思うのですが、どうなんでしょう?

疲れているから貧血というより、貧血だから疲れるという方が正しいのでしょうか?

私も時々めまいを感じることがありますが、貧血は侮れませんね。

それにしても、貧血で倒れた人に、別の借金を返せというのは、あまりにも酷な話ではないでしょうか?

確かにお金は借りたから返さなきゃいけないけど、体の心配よりお金の心配の方が大事でしょ!?私は心の中で叫んだ。

いや、気持ちはわかる。

誰にでも生活があることは理解しているし、きれいごとでは済まされないことも理解している。

ただ、お金を出すように促してもお金が出るとは限らないので、本当にお金を返してほしいのであれば、もう少し協力的になってもいいのでは? と思うのです。

どんだけこぼすんだ選手権!

今日の朝ドラ「Come Come Everybody」48話は、城一郎さんの「どれだけこぼすか選手権」から始まる予感がしましたが、違いましたね

たこ焼きにソースをこぼし、スローモーションで駆け寄ってくるるいさん。

世の中の男性は、深津絵里さんのおっぱいがよく揺れるのを見るのが夢なのでしょうか?

たこ焼き中心の話に戻って、今度はかき氷!?

城一郎がかき氷というこぼれそうなものを食べて、氷の苺を見事にこぼす姿を想像していたのですが、そんなことはありませんでしたね。

どれだけこぼすか選手権をやってほしかったシーンです。

お休みです…

菅波先生から縄跳びをプレゼント。

本気なんだろうけど、このセンスのないプレゼントに引き込まれちゃいますね。

しかも、1日3分の課題付き!

さすがに頭のネジがないモネは驚くかな、と思いきや、やはり似たもの同士。

そのプレゼントをもらって喜ぶなんて、拍子抜けです…。

黒歴史

まさかの瑠璃子さんの黒歴史。

絞め殺しまでする女優をあえて雇うとは、鶴亀社長は何を考えているのでしょうか。

しかし、ここまで聞くと、殺人未遂でも立派な犯罪なので、社長が権力を使って隠蔽したのではないかと思ってしまいました。

結局、噂が噂を呼び、真実がねじ曲げられたわけですが、人間不信にならずにはいられませんね。

みんなを騙すあの女がどんな人間なのか、どこかに登場しないかなぁと思うばかりです。と思ってしまいましたw

そして、千代とバトルさせたら、かなり面白いものが見れそうです!

身の上話の前に

お涙頂戴の個人的な話ですが、個人的な話の前に、ちょっと小休止です

昨日の流れからすると、警察に引き渡されるか、どこかに消えてしまうのでは?

あんなに本音をぶちまけておきながら、奄美の家で普通に過ごしている姿には驚きました。

やめてよ!奄美の家に戻って拗ねちゃったのかな?

帰ってきてびっくりしたんだろうけど、昨日の続きがないから、ちょっと違和感があったんだよね。

そんな風に思っているのは自分だけかと思っていたら、SNSで同じようなことをつぶやいている人がいて、ちょっと安心しました。

金賞

彼らが来た理由は、祖父の作った牡蠣が品評会で金賞を取ったからです。

それはそれで嬉しいことですが、牡蠣は相変わらず美味しそうでした。

朝早くからそんな牡蠣を見せられたら、食べたくなってしまうかもしれませんね。

おじいさんは渋々始めたというが、あまりの嬉しさに、さぞかし嬉しかったことだろう。

菅波先生は、仕方なく牡蠣を食べたが、本物の牡蠣を見て、思わず「おいしい」と言った。

本当においしい牡蠣は、こんなにおいしいんだ!」と。

牡蠣を食べながら日本酒を飲みたいですね。

気がつかなかった

千代は、まさか、気がつかなかったのです。

あれだけストレートに一平に好意を寄せていたのに、本当に気がつかなかったのか……。

無神経という言葉が本当に似合う人ですね。

言わないの!

照夫はすぐさま一平のもとへ。

千代をなめるな! そんなこと言うんじゃないよ !!!!

どんな口で言ってるんだ?

あなたこそ、とんでもない人ですよ!?

その自覚はあるのか?

一平ちゃんも毎日飲んでるし、褒められたもんじゃないけど、それでもあんたよりはマシだよ!?

伐採計画

ついに樹齢300年のヒバの木を切る計画まで…1本の木を切るだけでそんなに人数が必要なのでしょうか?

いや、300年はすごいけど、一本の木?

ヒバの木を能舞台にする計画なら驚かないが、木を切るだけなら、ちょっと大げさではないか?と思ってしまいましたw

物語の中では、モネが柱に戻れるのは何十年後だろうとプレッシャーをかけていましたが、本人はそんな心境ではなかったようです。

モネは山の後継者としてみんなから期待されていますが、今後どうなってしまうのでしょうか…。

協力的な姉妹プレイ

桃音は、りょうちんも連れてくると言って、みょうちゃんを迎えに行かせる。

まさかこんなところで姉妹協力プレイが見られるとは…。

それは、お互いのためを思ってのことだから。

とても強引な話ですが、姉妹で車をシェアしているようです。

というか、りょうちんに連絡して呼べばいいのに。

朝ドラ「おかえりモネ」が始まったら、普通に長浦家が来て、一人で来てもいい。

わざわざ迎えに行かずに逃げたりはしないと思うんだけど、ちょっと不思議。

ただ、待ち合わせのセッティングが早いのは認めます。

ホイサッサー

その表情は笑う寸前ですか?

一平ちゃん、絶妙な表情してましたね。

それにしても、全部持っていかれましたね、ナレさん。

ワン・ノーツ・ノー・ホイササ~ってなんなんでしょう?

そして、「わんのつのほいさっさ~」の時の一平くんの口元が丸くなってるのが、とても素敵でした

そして、まるで幻のように消えていくところ。

あと、今日も「いきまーす」は言ってましたが、「ほいさーす~」は初めてですよね?

座布団を直す

3人で座布団を直していると、おちょぼ口時代に同じことをしたことを思い出しました。

光枝と香里はいつの間にか仲良くなっていて、まるで女子会のようだった。

3人で新しいクッションを買いに行くのを楽しみにしていたのだが、不穏な空気のまま終わってしまった……。

以上が、朝ドラ「マッサン」第4週目第22話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。