マッサン第32話のネタバレあらすじ!内職仕事

こちらでは、朝ドラ「マッサン」6週目第32話のあらすじのネタバレや、マッサンと原作の比較、感想をまとめています。

マッサンの第31話「私も働く」では、定職につけないマッサンのためにエリーが私も働くと提案するストーリーでした。

マッサンの第32話「内職仕事」では、エリーが、桃子から内職仕事を紹介してもらうストーリーとなっています。

朝ドラ『マッサン』
2014年11月4日(火)放送
第6週サブタイトル『情けは人のためならず』

マッサンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「マッサン」を見逃した方は、「マッサン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マッサン』第32話のネタバレあらすじ

ここからは、11月4日に放送された朝ドラ「マッサン」第32話のあらすじをまとめたネタバレです。

マッサン32話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

貸家の滞納家賃の支払いまであと2日……………….。

カトリーヌと近所の奥さんたちが、オレンジの実を持ってきてくれました。
そこでエリーは、みんなでマーマレードを作ることにしました。

カトリーヌたちは、働かないマッサンのことを話していました。

“あいつは甘えん坊だ!” “働かないから叱られるんだ!
“仕事もしないで朝寝坊して、偉そうに、なんていい男なんだ。”

悪口を聞かされたマッサンは、家に居づらくなり、仕事を探すと言い出した。
仕事を探してくると言って、逃げるように家を出て行った。

しかし、仕事の見込みのないマッサンは、暇つぶしにダイニングルームでチェスをやっていた。
彼は暇つぶしにダイニングルームでチェスをし、ウイスキーづくりから遠ざかっていた。

そんな彼のもとにキャサリンがやってきて、「You have no job! あなたには仕事がない。

心配したキャサリンや食堂の人たちは、彼に仕事を斡旋するが、彼はそれを拒否する。
しかし、マッサンは何かと理由をつけて職探しを拒否する。

ウィスキーの仕事」と言われた酒屋を手伝い始めるが、偽物のウィスキーに客は興味を示さない。
しかし、「客に偽のウイスキーを売ってはいけない」と商売の邪魔をするため、すぐに仕事をクビになる。
彼はすぐに仕事をクビになる。

一方、エリーは、近所の桃子から下駄を作れることを教わる。
家賃を払うと決めた彼女は、家で働き始める。

しかし、帰宅したマッサンは、内職をするなと言う。

じゃあ、どうするんだ?とエリーは尋ねる。

マッサンは、襖を開けるなと忠告し、寝室で襖を閉めた。
寝室でマッサンは襖を閉め、広島の両親に借金を返すように促す手紙を書き始める。

どうしたんだ?何か書いたの?エリーが襖を開けると、彼がいた。
焦ったマッサンは、「小説か本を書こうと思ったんだ」と言う。
彼はすぐに嘘をついて彼女をだました。

 

 

 

ウイスキーのことを考えると、つい現実から逃避してしまうマッサン(玉山鉄二)。家や近所での肩身が狭く隠れるようにして職探しに出かける毎日。しかし、食堂こひのぼりで暇をつぶしては、皆から紹介してもらった仕事に文句をつけるのだった。一方、エリー(シャーロット)はキャサリン(濱田マリ)らにマーマレード作りを教えるなかで、桃子(ちすん)から、げたの鼻緒をすげる内職を紹介され、一生懸命に取り組むのだった。

ここまでが、11月4日に放送された朝ドラ「マッサン」第32話のあらすじのネタバレです。

マッサン第33話のあらすじを知りたい方は、第33話『マッサン働く』へ読み進めてください。

朝ドラ「マッサン」第32話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マッサン」第32話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

子役はいない

今年の朝ドラ「おかえりモネ」のスタートは、子役ゼロで始まりました。

多くの朝ドラの通例として、主人公は江戸時代や大正時代の生まれで、『半分、青い。 は現代を舞台にした物語です。

ただ、子役が出るという情報もあるので、回想シーンとして流れるかもしれませんが…。

誤解された稔

兄の稔が銀行の娘と結婚すると聞いて、一瞬にして大阪に到着した勇。

さて、殴るかと思いきや、殴られましたね?

それにしても稔さん、ちょっと怠けすぎじゃないですか?

たったそれだけのことで恋をあきらめるなら、たいしたことないじゃないか、と冷たく言い放った。

だって、そうでしょう?

その程度なら、別れた方がいいんじゃないですか?

本当に好きなら、困難を乗り越えて、私を受け止めてほしい。

熊田さんの鶴亀ホームシアター愛

今日もやってきました、熊田さんの鶴亀のホームシアター愛!(笑

ポンポンと引き伸ばされ、一番喜んでいたのは熊田さんでした。

稽古場に来るまでは言いたくて仕方がなかったのでしょう。

あの月刊シアター! どれぐらいすごいのか、あまり実感がわかなかったのですが、一流のところしか扱わないので、一流の雑誌なんでしょうね。

個人的には、取材された喜びよりも、熊田さんの笑顔がとても嬉しかったです。

中村博士

昨日に引き続き、中村博士の登場です!

なかなか面白い展開になってきたと思ったのですが、中村のキャラに全く触れられませんでした。

面白い展開を期待していたのですが、逆に家庭訪問をあっさり断られた菅波の方が空気読むキャラで目立ってました。

治す治療をしたいと言っていたが、過去に何かあったような気がする。

誰かを亡くしたとか、身近にそういう出来事があったのだろうか。

先生のキャラは嫌いじゃないので、どんどん物語に登場させてほしいです!(笑)。

ただ、濃くてめんどくさいキャラはやめてほしいです。

談志は、やたらと水を飲む。

水を飲んで自然に出てくるのを待つしかないのならしかたがないのですが、ちょっと苦しいですよね。

結石には水分補給が一番!できればビールがいい!というコメントを聞いたことがあります。というコメントもありました。

ビールは本当に効果的なのか?

それよりも、名倉さんはSNSで「タイダンさん」と呼ばれている。

ネタにされているので、芸人としては有利なのですが…当時はタイ人の旦那さんくらいいたかもしれませんね!?

やる気満々!

それどころか、義男は放火の準備をしている。

場面が切り替わった瞬間、「やるぞ!」と意気込む。と言いながら、一人、部屋の中にいました。

それ、ガソリンですか?

芸能界と反社の関係は昔からつながっているが、こんな抗争は日常茶飯事なのだろう。

大山社長サイドの話といえば、朝ドラ「わろてんか」である。

この場合、夫婦で盛り上げようという話でしたが、暗い話はありませんでしたね?

それを描いたのが朝ドラ「お千代ちゃん」なのですが、物語の裏側も見せてくれるという、ある意味、型破りな作品です。

タコイリミチ

一方、千代は相変わらず珍之介を笑わせようと頑張っている。

そうなんです! 今日もたこ入道が繰り返されました!

懲りずにたこ入道をやるなんて、どんだけメンタルが強いんだ。

そして、「いや、さっき見たよ!」としっかり突っ込みを入れる千之助はとても素敵です。

冒頭のたこ入道は嬉しかったですね。

台風

いよいよ朝ドラ「おかえりモネ」が始まりましたね。

どんな形から始まるんだろうと思ったら、ヒロインのモネが生まれた日の話から始まりました。

母親が出産したのですが、なんとその日に台風が来てしまい、自分では本土に連れていけない!ということになったのです。

そこで、船乗りである友人に頼んで連れてきてもらったのです。台風が来るのが分かっているのだから、その前に本土に行く意味がないのではと、ちょっと疑問です。

話を聞いていると、島での出産は無理みたいでしたが、そんなことは最初からわかっていたことですよね?

だったら、本土の病院に入院するなり、事前に対策ができたはずです。

もうすぐ生まれることも、台風が来ることも、島で出産できないこともわかっていた。

せめて台風が来る前に本土に行って看病するのが普通だと思っていたのですが、そうではなかったようですね。

気になるって!

一平と千代は、冒頭でこの事件を報告した。

子供のことでもメンバーは驚いていたが、そこは千代。

もう決めたことだから、気にしない!」。っていうか、いやいや、気にしてるんですよ!

言葉として表には出さないが、その内容からして気になるに違いない。

お二人が離婚すると言って並び始めるところは、本当にエグかったです:、、、。

高速開発!

久しぶりの高速です!

朝ドラ「カムカムエブリバディ」はヒロインが3人いるので、いつもの3倍のスピードで展開しなければなりません。

靖子の結婚のテンポの良さには驚かされましたが、瑠衣の結婚話もあっという間に決着がつきましたね~。

まず、コンテストの結果からして、速すぎる!

かなり引きずるかと思いきや、あっさりジョーが優勝。

そして、トミーは「まったく悔いはない」と、相変わらずの男前ぶり。

まあ、結果は置いといて、瑠衣が帰ったら結婚しようぜ! これがまた早すぎるんですよー。

まだ付き合って何日も経ってないでしょ?

試着室事件からまだ数日しか経っていないと思うのですが、それならもしかしたらお二人はまだ本当に結ばれていないのかもしれませんね、私の記憶違いでなければ。

久々の朝ドラ「Come Come Everybody」の展開の速さに、嬉しくなってしまいますが、瑠衣ちゃんが東京に行くのか、行かないのか、早く知りたいです

元気

あと、昨日も同じことを言ったんですが、田中さん元気すぎじゃないですか?

一昨日は今にも消えそうな感じだったのに、昨日、今日とすごくフレッシュな感じ。

売り込み

漁師組合に来たのは、売り込み!

モモネはめげずに、今日も売り込みです。

天気予報を漁業に生かしたい、と言っていたが、説得力のある言葉で的中した。

あのね、私ね、これから悪くなるって予報されると困るの。

まさにこのことだ。

アプローチが逆なのだ。

基本的に人はポジティブな提案でないと受け入れないので、天気予報で避けるだけでなく、魚がよく釣れるというようなポジティブな提案でないと、なかなか難しいのです。

に参加したことがあります。

取り込み中!

城一郎の告白を受けた瑠衣も同じ気持ちだったが、ネックは額にある傷。

そのため、丈一郎は返事をすることができず、困惑してしまう。

そこにベリーが現れ、ベリーと瑠衣の間のことは何も言わなくても、二人とも察しているのです。

ああいう、見ている人に少し考えて察してもらうようなシーンが好きなんです。

ベリーの傷は、躊躇しながらも、城一郎への想いからきちんとした返事をしたい、ベリーも乙女なんだ、と思わせてくれました。

今回のお話はその心配は全くありませんでした。

きっと、額の傷よりも瑠衣への愛が勝つと思います。

桃太郎記念日

桃太郎の記念日はまだまだ続きそうです。

記念日ブームは結構続いているようですが、このまま小夜に失恋して記念日だと言って終われば、完全に回収して終わりそうです。

最近、吉之丞と小夜子の登場回数が多いけど、もしかして吉之丞と小夜子が付き合う話になるのか?

桃太郎の失恋の日々が続いていますが、初恋は実らないって言うから元気出して!?

っていうか、まだ振られてないけど、振られたシーンが目に浮かぶようだ~w

貧血だった

母が倒れた時、まさかこんな展開になるとは! と思ったのですが、なにしろ貧血だったのです。

貧血と疲労は違うと思うのですが、どうなんでしょう?

疲れているから貧血というより、貧血だから疲れるという方が正しいのでしょうか?

私も時々めまいを感じることがありますが、貧血は侮れませんね。

それにしても、貧血で倒れた人に、別の借金を返せというのは、あまりにも酷な話ではないでしょうか?

確かにお金は借りたから返さなきゃいけないけど、体の心配よりお金の心配の方が大事でしょ!?私は心の中で叫んだ。

いや、気持ちはわかる。

誰にでも生活があることは理解しているし、きれいごとでは済まされないことも理解している。

ただ、お金を出すように促してもお金が出るとは限らないので、本当にお金を返してほしいのであれば、もう少し協力的になってもいいのでは? と思うのです。

以上が、朝ドラ「マッサン」第6週目第32話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。