マッサン第4話のネタバレあらすじ!感心

こちらでは、朝ドラ「マッサン」1週目第4話のあらすじのネタバレや、マッサンと原作の比較、感想をまとめています。

マッサンの第3話「夢への覚悟」では、父・政志が政春に夢への覚悟を問うストーリーでした。

マッサンの第4話「感心」では、子どもの喧嘩を仲裁していたエリーの姿に和尚が感心するストーリーとなっています。

朝ドラ『マッサン』
2014年10月2日(木)放送
第1週サブタイトル『鬼の目にも涙』

マッサンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「マッサン」を見逃した方は、「マッサン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マッサン』第4話のネタバレあらすじ

ここからは、10月2日に放送された朝ドラ「マッサン」第4話のあらすじをまとめたネタバレです。

マッサン4話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

大切な日となる法要の日がやってきました。

エリーを親族に紹介する運命の日である。

正治は、地元竹原の長老である僧侶である。
エリーの良さを知ってもらい、二人の結婚を認めてもらうためだ。
竹原町の長老である早苗は、エリーの良さを認め、母である早苗に結婚を認めてもらうために。

 

エリーは美しい水色の着物を着て、親戚の前に現れた。

エリーの姿を見た親族たちは唖然!

正治の妻は、金髪碧眼の外国人だったからだ!

正治はエリーを自分の妻として和尚に紹介する。

しかし、エリーは正座で足がしびれ、和尚にしがみつく。
和尚にしがみつく。

食事の豆を取ろうとするが、箸がうまく使えない。
エリーは箸がうまく使えず、がっかりしています。

 

そんな中…。

政春の姉・千賀子の子供たちが喧嘩を始める。

それを見ていたエリーは、子供たちの間に割って入り、自分の意見を言う。
それを見ていたエリーは、子供たちの間に割って入り、自分の意見を述べ、見事に喧嘩を解決する。

その喧嘩を見ていた僧侶は、エリーの行動に感動する。
外見ではなく、エリーの人柄に興味を持ったのだ。

和尚とその親族にエリーの良さを知ってもらいたいと思い、この計画はうまくいくだろうと考えた。
計画は順調に進んでいるように見えたが……。

母親の早苗が、頑なにエリーを認めようとしないのだ!

結婚を許されないことに悩むエリー。

 

 

運命の法事の日。エリー(シャーロット)を見て驚く亀山家の親戚一同。町の長老・和尚(神山繁)を通して結婚を認めさせようとたくらむ政春(玉山鉄二)。奮闘するエリーであったが失敗ばかり。そんな中、千加子(西田尚美)の子供のけんかを仲裁したエリーに和尚は感心。作戦はうまくいくかと思われたが早苗(泉ピン子)だけはかたくなに認めない。そんな姿にスコットランドでも反対されたことを思い出し落ち込むエリーであった。

ここまでが、10月2日に放送された朝ドラ「マッサン」第4話のあらすじのネタバレです。

マッサン第5話のあらすじを知りたい方は、第5話『国に帰ってくれ』へ読み進めてください。

朝ドラ「マッサン」第4話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マッサン」第4話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

レポート

そして、お二人の結婚のご報告です!!!!

理解しあえる相手と一緒になれたのは良かったですが、これが実話ならこの後離婚しているので、そこまでするかもしれないと思うと手を上げて喜べないw

優の帰還!

やはり、帰ってきたのはイサムだった!?

やっぱり勇が帰ってきた!?

相変わらず、康子は「るい」を野球の「ベース」と思っているようで、笑ってしまいましたが、「るい」は可愛かったですね?。

まさか、義男!

団体登録で大忙しの一日。

千代は一生懸命にしずを送り出したが、文句ばかり言っていた。

ちよちゃんって一体誰?いくら小声で言ったって、お客さんの前で言うことじゃないでしょう。

そんな時、お客さんの一人が「ヨシオ」という名前を何度も連呼していた。

義男といえば、小さい頃に別れた千代の弟である。

これもひょっとして再会か?と思っていたら、実はヨシオは大暮さんだった!?

ここでちょっとボケを入れるとは、大阪ならではですね~。

しかし、照男が夜逃げしたことはわかりましたが、あれだけ大事にしていた義男が一緒に夜逃げしたのかどうかはわからないのが気になるところです。

それも含めて、「別れに悔いを残したくない」という気持ちが人一倍強く、そこまでしずちゃんに迫ったのでしょう。

だから、しづと円城がお互いに悔いを残すことなく、笑顔で別れることができて、本当によかったと思います。

カメが疎ましい

カメちゃんに相談したところ どっちが?知らないの?ってみんなに言われました。

でも、すっかり抜け出しているようで好感が持てます。

この朝ドラ「おっさんずラブ」は、視聴者にわかりやすく突っ込みどころを提供するユニークなドラマなのです

皆さんも気がついたら早速、突っ込みましょう。

それにしても、長年務めていても、亀さんは舞台には興味がない人なのかもしれませんね。

亀さんの説得力のあるボケで、千代さんの逝去の寂しさも吹き飛びました。

あ、逆にいいかも

千代はお芝居を頼まれて、とても悪いお芝居をしましたが、悪いお芝居をするお芝居は逆に良いのですw

何度も自分の言っていることを確認したほどです。今回の朝ドラ「お千代ちゃん」は女優になる話なので、朝ドラのヒロインである千代が女優になるためにさらに演技をするという構図になっているんです。

どういうことかわかりますか?

千代を演じている杉咲花は、千代を演じながら、さらに演技が下手になっているんです。

もうわけがわからないけど、杉咲花はいい女優ってこと!?

六角精児

六角精児さん、ついに登場です。

朝ドラでは、先日まで放送されていた「純情きらり」でダメ夫役を演じていましたが、今回は鶴亀スタジオのディレクター役です。

やっぱり、いい味出してますね~~。

というか、カタキン監督って何?って思ったら、苗字がカタカネなんですね。

そんな下品な言葉でダジャレにしちゃうなんて、六角さんらしいですね?。

SNSでも「カタキン六角さん」と呼ばれていました。

でも、朝から六角さんの裸を見て得をする人がいるのでしょうか?

あと、カタキン社長と海外帰りのジョージ本田のキャラが濃すぎて、内容に入り込めないw。

急に劣化が激しくなって、この先大丈夫なのか心配になりました。

納得できない

昨日は、菅波先生が納得できない! と言って終わりましたが、今日はその理由がわかりました!

東京の人口は1300万人です。確率から言えば、偶然に出会うことはありえない。

それが、菅波先生が納得しない理由なんですけどね!

さすがに、ちょっとめんどくさい先生だと思いました。

そこは、ありえない偶然に素直にキュンキュンしてください!という感じです。

しかも、菅波先生は、近所に住んでいたために、4ヶ月もすれ違ったということに納得がいかないようです。

過去に2回もすれ違ったことがあると知れば、さらに納得のいかない顔をするだろうが、そのことを知らせたい気持ちもあるのだ。

民宿

今日、祖母が民宿を営んでいたことが判明しました。

民宿といえば、朝ドラ「ちゅらさん」ですね。

おかえりモネの次回作「みんなおいでよ」は沖縄らしいので、また再放送で見られるかも?

説明

気仙沼を心配したモモネは、おじいちゃんに電話をかけます。

カキ小屋を持っていかれるかもしれないから気をつけろというのが、なんだかカッコよかったですね。

綾子さんの言うように、急に頼もしくなった気がします。

ただ、ミッチーのことは少し心配です。

姉のたくましい姿を見て、どう思ったのだろう。

こっちは何か起こりそうな予感がするんだけどな。

ロックオンされた

今日は万太郎も大山社長に連れられて来たのですが、演奏が終わった後に何かフラグが立ってしまいました。

まさか万太郎が千代に目をつけるとは。!!!!

望みは薄いですが、今後、彼を会社から引き抜くという話は出てこないのでしょうかね?

千代が仲間を裏切るとは思えませんが、何か条件と引き換えならあり得ますね。

もしくは、ちんのすけ以外を引き抜く可能性もありますね。

最終試験

期末試験の勉強が、ただの試験ってどういうこと!

試験には緊張感があり、合格にはその緊張感に打ち勝つ価値があるw

まあ、単純にそこが面白くもなんともないんですけどねー。で、グッズを作れということで、次のステージです。

木でできたグッズというと、椅子などの家具や小物類になるのですが、おそらく企画を考えてほしいということなのでしょう。

自分で作れということであれば、それは職人芸になるので、どんな企画が来るのか楽しみです

コード・ブルー

最後に救われた側を。

なんだかコードブルーみたいなシーンでしたね。

圭介がなんとか間に合って本当に良かった!

おかえりモネの前に放送されていた朝ドラ「あぐり」では、ヒロインの夫の名前が「英介」で、自由人なので、英介と圭介は似てますよね~。と一人で突っ込みを入れていました。

そしたらね、あれ?

なんと、SNSで同じ反応をしている人がいたんです!(笑

同じように考えている人がいるんだなぁと、ちょっと嬉しくなりました。

菅波先生スタート

今日は、昨日の終わりからスタートです。

モネさんは菅波先生からの電話をスルーしています。

電話がかかってこないので少しハラハラしていましたが、またハラハラするとは。

菅波はいつも事務所から電話するんですよね。

それだけ暇なんだろうけど、何か感じ取ったんだろうか。

どうやらクリスマスの日だったようで、せっかく電話してきたんだから、出てよ!って。と心の中で叫んでしまいましたw

精神的に落ち込んでるのはわかるけど、それを癒してくれるのはパートナーでしょ?

そんな時に電話に出る気になれない人と結婚するのは無理じゃないですか?

開始30秒で、朝ドラ「お姉ちゃん」を見ていたテンションが一気に下がってしまうほど、落ち込んでしまいました。

わかってらっしゃる!

女優になりたいと言うヒナタに、ルイはバカにして相手にせず、ジョーはめちゃめちゃ応援してくれる。

この構図はいつもと同じですね。

ジョーは相手の気持ちを理解し、状況を把握しているんです。

ヒナタが我が家の家計を考えて応募した、というのはその通りなんだけど、そこまで分かっているなら仕事しろ!って感じ。

そこがジョーさんの嫌なところです。

野球を見ながら作曲しているシーンがありましたが、あれで終わりなのでしょうか?

今後、ジョーさんが音楽で何かするという話はないのか、それとも完全にアウトなのか、気になるところです。

少女マンガ!

そして、何かを探しに出かける瑠衣さん。

買うものないけど、お金使わなきゃ!」と。ちょっと変な言い方ですが、まさか少女漫画のように街でバッタリ会うとは!

そんな出会いは少女漫画でしか見たことないんですけどね。

そして、まったく空気を読まないでグイグイくるジョー。

ああいうヤツは少女漫画でしか見たことがない。

で、そんな男に瑠衣は惹かれる。

3回連続は嫌だけど、今日の朝ドラ「みんなおいでよ」45話は、少女漫画みたいな話でしたw

以上が、朝ドラ「マッサン」第1週目第4話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。