マッサン第3話のネタバレあらすじ!夢への覚悟

こちらでは、朝ドラ「マッサン」1週目第3話のあらすじのネタバレや、マッサンと原作の比較、感想をまとめています。

マッサンの第2話「なれそめ」では、妹・すみれにスコットランドでのなれそめを話すストーリーでした。

マッサンの第3話「夢への覚悟」では、父・政志が政春に夢への覚悟を問うストーリーとなっています。

朝ドラ『マッサン』
2014年10月1日(水)放送
第1週サブタイトル『鬼の目にも涙』

マッサンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「マッサン」を見逃した方は、「マッサン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マッサン』第3話のネタバレあらすじ

ここからは、10月1日に放送された朝ドラ「マッサン」第3話のあらすじをまとめたネタバレです。

マッサン3話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

母・早苗は、スコットランド留学から帰国したら実家の酒蔵を継ぐと約束し、マッサンを外国に送り出す。

しかし、息子は帰国後ウイスキー作りをしたいだけでなく、外国で結婚した妻がいる。

約束も守らないのか! 外国人の嫁は絶対に認めない! この親不孝者!

認めてもらわなくて結構です。私を裏切り者にする気!?

 

マッサンと母親はエリーとの結婚について猛烈に主張し続け、ついには大げんかになってしまった。エリーはハラハラしながら見守るしかない。

妹のスミレはそんな二人を陰ながら応援している。

私も二人のような恋愛がしたい」と言う。

 

しかし、恋愛がすべてロマンティックというわけではありません。後が大変なんだよ……」。

息子に結婚のことを口うるさく言う早苗を見て、エリーと雅治はスコットランドのエリーの両親のことを思い出した。(私の母も、マッサンとの結婚に大反対でしたね。お母さんは…)

) “マサハルと結婚したら…お前とは一切縁を切る “と。

二人の結婚は、スコットランドでも波乱万丈でした。エリーは母に勘当され、雅治の後を追ったのである。そのため、エリーは雅治の母である早苗の気持ちを多少なりとも察知していた。

その夜。初めての夕食。早苗はエリーのためのテーブルを用意していなかった。

 

エリーのテーブルはどこだ?”

亀山さんの奥さんじゃない人と一緒に食事するのはダメなんです!」。食事の後、女中と一緒に食事をするのだ。

え?もういいや、部屋で食べよう。

 

雅治は島地に頼み、エリーを連れて部屋を出て行った。

 

“雅治…スコットランドでも日本でも、誰も祝ってくれないんだ!”

俺がなんとかする! エリーには必ず認めてもらう。

雅治の言葉を信じ、エリーは早苗を母親だと言い聞かせ、決意を新たにした。(一日も早く日本に慣れ、マッサンの妻としてふさわしい存在になるのだ。

翌日、エリーは朝から店の軒先を掃除する。翌日、エリーは朝から店の軒下を掃除し、その後、厨房の片付けなどをする。

その後、彼女は厨房の片付けをする。そんなことされても困るよ!」。

 

しかし、政春の家は大きな酒蔵で使用人も多いので、蔑ろにされているようなものであった。

もちろん、すべては早苗に認められたい一心でやったことだが、何をやってもうまくはいかなかった。エリーの思いは、すべて空回りしていたようだ。

彼女は、「お母さんは悪くない。この家庭で妻をするのは大変なことだと思うから……”

そう言いかけたが、千佳子はエリーが自分の言っていることを一言も理解していないことに気づき、途中で言葉を止めた。

 

彼女は、”私の言っていることがわかる?”と聞いてきた。

わかりました。お母さんに認めてもらえるように頑張ります。

エリーののんきな態度に、千佳子は少し笑った。

 

一方、マッサンはまず、村の長老である僧侶を取り込もうとする。

お坊さんを納得させれば、私はあなたのものです!」。母さんは、ただのお坊さんには歯が立たないんだ。いい考えだと思いませんか?

ええ、そうですわ

 

すみれもこの意見に賛成した。3人は早速、法要の準備に取りかかった。エリーも着物の準備や礼儀作法など、覚えることがたくさんある。

それでも、エリーには「思い出さないといけない」という悲壮感はなかった。むしろ、正晴とのそんなひとときさえも、エリーには何よりの幸せだった。

法要の前日。父である正治が帰ってくる。亀山酒造を一代で有名にした、気のいい婿養子だった。

父・正志は、マッサンが酒蔵を継ぐものとばかり思っており、ウイスキー造りに生涯を捧げようとするマッサンの気持ちをなかなか理解できずにいた。

 

帰郷したマッサンは、田んぼにいるマサシを訪ねる。そして、ウイスキーメーカーになりたいという父を説得しようとする。すると…。

なぜウイスキーなのか。なぜ、日本酒ではないのか。

命をかけてもいいのか?人生をかける覚悟があるかどうかを聞いているんだ。

川の土手に座っていた雅治は、「初めてウイスキーを飲んだとき……」と、迷うことなく雅史に問いかけた。

初めてウイスキーを飲んだ時、世の中にこんなおいしい酒があるのかと、気が遠くなりそうだった」という。

父は、伏見や灘がかなわないような素晴らしい酒を造った。私も日本一のウイスキーをつくるぞ!」。

 

誰もやっていない新しいことに挑戦したい! 決心したんだ。

決心したんだ。

雅史は、雅治の情熱が本物であることに気づいた。正治は正志に、自分も命をかけてもいいかと尋ねた。雅治の「お前も命をかけられるか」という問いかけに、雅史はただ黙って聞いていた。

 

雅治の思いを聞いてもなお、雅志は無反応で、その態度も厳しいように見えた。そうこうしているうちに、いよいよ法要の日がやってきた。その日、親族が一堂に会する……。

 

そんな中、マッサンにエリーを認めさせるための「一世一代の大作戦」が練り上げられた。

 

 

エリー(シャーロット)のことで政春(玉山鉄二)と早苗(泉ピン子)は大げんか。エリーは結婚を認めなかった母の姿を思い出すのだった。何とか好かれようと奮闘するがうまくいかないエリー。一方、ウイスキーづくりとエリーとの結婚を認めてもらおうと父・政志(前田吟)に思いをぶつける政春。そんな政春に政志は、ウイスキーづくりを命がけでやる覚悟はあるのかと厳しく問いかける。そんな中、運命の法事の日がやってくる。

ここまでが、10月1日に放送された朝ドラ「マッサン」第3話のあらすじのネタバレです。

マッサン第4話のあらすじを知りたい方は、第4話『感心』へ読み進めてください。

朝ドラ「マッサン」第3話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マッサン」第3話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

小豆が燃える!

朝、ついに優が康子にプロポーズ!

腕を掴まれた時の靖子の顔。

予想外のプロポーズに、少し無表情だった。

それよりも、あずきが焦げるのが気になった!?

おまじないをしている最中にプロポーズされましたが、結構長く続いていましたね。

きっと「ごめんね、お金払うから」と言いながら、「いやいや、いいんだよ」と言って会話が終わったのだろうと想像しています。

岡安の歴史

食事の時間に突然、黒井さんが岡安の歴史を説明する。

宗助さんは婿養子だったんですねー。というか、なんとなくそんな気がしていたのですが、へぇー。

そして名倉さんは左利き!

むしろそっちの方が気になりました。

身代わりの神様

千代は思いがけず初舞台で初主演を務めることになった。

まさに彦摩呂さんが「代役の神様~~~!」と言いそうなフレーズです。

ねずみ3号から主役への昇格はかなりすごいですが、初舞台ですからねぇ。

漆原陽次郎が腰痛で舞台に参加することになったので、実は2回目なのですが…。

これは代役の神様というより、アクシデントの女王と言った方が適切かもしれない。

“できるかどうかわからないけど” “もちろん、できますよ!” 実はこの時、私はかなり興奮していたのです

ラフターヨガ

わははははは~!!(笑

西島さんのキャラが崩壊してますね。

何か科学的な根拠があるんでしょうかね?

たしかに、大きな声を出せば発散した気になれるかもしれないけど、本当に効果があるのか疑問です。

もう一つの不満は、天気予報が短すぎることです。

ニュースを見るとき、たいてい天気予報も同時に流れるので、チャンネルを変えると、そこらじゅうで天気予報が流れているんです これにはよくイライラさせられます…。

いつまでなら満足できる?

少女マンガ!

そして、何かを探しに出かける瑠衣さん。

買うものないけど、お金使わなきゃ!」と。ちょっと変な言い方ですが、まさか少女漫画のように街でバッタリ会うとは!

そんな出会いは少女漫画でしか見たことないんですけどね。

そして、まったく空気を読まないでグイグイくるジョー。

ああいうヤツは少女漫画でしか見たことがない。

で、そんな男に瑠衣は惹かれる。

3回連続は嫌だけど、今日の朝ドラ「みんなおいでよ」45話は、少女漫画みたいな話でしたw

算数サンタ!

いよいよ今日、算命学と名付けられた理由が判明!?

まさか、クリスマスに算命学が復活するとは思いませんでした。

まさにサンタクロースの再来ですが、そこで算命学という名前がついたのです

そこから算太にしたのなら、算太を決めた後の金太は金太ですね。

お父様もまさかキンタという名前になるとは思っていなかったというケースですね。

2021年最初の放送

新年を迎えて2021年最初の放送となりました。

道頓堀を脱出してどこに向かうのかと思っていたら、すぐ近くで降ろされたようだ。

そこから大阪駅に向かい、行き場のない電車に乗り込み、いざ京都へ

行き先はどこでもいいのですが、そもそも行く当てのない人はどうやって電車に乗ればいいのでしょうか?

普通、行き先が決まったらお金を払って電車に乗るものですが、行き先を決めずに電車に乗ったのでしょうか?

あと、今で言えば大阪から京都なんてあっという間に着く時間ですが、昔は夜行列車なみに時間かかっていたのかも気になる。

その気になれば、自転車でもその日のうちにつくのに、京都に着いたときは、正午のような感じにちょっと違和感を感じた。

今週の新キャラクター

さて、既存のキャラクターの話がある程度終わったところで、今週は久しぶりの新キャラクターが登場です!!。

彼の名は、松島寛治。

彼は何を隠しているのか?一時期話題となったお笑いコンビ「まえだまえだ」の弟です。

いやー、あんなに小さかったのに、ずいぶん大きくなりましたね。

千代ちゃんよりも、彼の成長にちょっと感動してしまいました。

チドリン

カタキンで早々に笑いが取れましたが、カタキンの後、いきなり「チドリン」!?

今回は飛ばしすぎじゃないですか!?

千鳥にもクセがあったけど、千鳥林にもクセがある!

この二人の関係が気になって仕方ない・・・。

千鳥さんのことを「ちどりん」と呼ぶこの人は、もしかしたらただの人じゃないのかもしれないと思わずにはいられません。、、、、、

2回目のカタキン出しで、こいつはただの変態だと判断しました。

ついに告白!

そして、それにつながる技が今日放たれた!

ついに辰巳が畳み掛けるように告白する。

長浦水産は、私の代で終わるはずです。

おじいちゃんも高齢だから辞められないが、自分の代で閉めるという決意も表明したことで、後継者問題が表面化した。

みーちゃん、若くて元気なのはいいんだけど、もうちょっと考えようよー。

珈琲

今日もやってますね?。ブラジルのコーヒーとエジプトのコーヒー。

ここのセットは今後も結構ありそうですか?

SNSでは毎回ブラジルとエジプトに関するコメントで沸くんだろうなぁ。

メガネ

千代は台本が届くとすぐに目を通す。

まさか眼鏡をかけているとは思わなかったが、これは老眼鏡だろう?

そんなに老けてるのか?

春子さんの年齢から考えると40代に見えるのですが、そこまで老けさせる必要はないのではと思いました。

トミー(写真)!

そして、まさかのトミーの写真に登場!

もうすぐ終わるから、そろそろ昔のメンバーを呼び戻そう」という魂胆でしょうか?

写真)だけなのが残念!

一瞬、まさか遺影とは思いませんでしたよね?って思っちゃいましたよ。

どこから出てくるんだろうと思ったら、まさかのCD!

というわけで、トミーは成功しました?!!(笑

思い出した!

千代に遭遇してようやく思い出したゆり子。

レイチェルから千代に格上げされたんですね。

一度だけレイチェルの邪魔をした時は、天然だったようで、ほとんど何を言ったか覚えていなかった……。

使えるものは使えばいいんだよ!的なアドバイスですね。

私たちは自由なんだ! 同時間帯に放送されている朝ドラ「澪つくし」の律子さんに似ていますね。

タイ

今日はいよいよ道頓堀に舞台を移した芝居茶屋「おかやす」のスタートですが、朝一番から「タイ」「タイ人」という言葉が飛び交っていますね。

というのも、岡安の店主・岡田将生を演じるのは、ネプチューンの名倉潤。

もうお察しの通り、名倉潤はタイ人に似ているとことあるごとにイジられている。

それもあって、SNS上では「タイ人が出てきた」と話題になっていましたw

私も心の中で同じことを思ってました・・・。

以上が、朝ドラ「マッサン」第1週目第3話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。