マッサン第9話のネタバレあらすじ!結婚騒動

こちらでは、朝ドラ「マッサン」2週目第9話のあらすじのネタバレや、マッサンと原作の比較、感想をまとめています。

マッサンの第8話「初めて対面」では、住吉酒造で鴨居欣次郎に初めて対面するストーリーでした。

マッサンの第9話「結婚騒動」では、勘違いから生じたマッサンと優子の結婚騒動が起こるストーリーとなっています。

朝ドラ『マッサン』
2014年10月8日(水)放送
第2週サブタイトル『災い転じて福となす』

マッサンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「マッサン」を見逃した方は、「マッサン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マッサン』第9話のネタバレあらすじ

ここからは、10月8日に放送された朝ドラ「マッサン」第9話のあらすじをまとめたネタバレです。

マッサン9話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

大作の妻・佳代は、娘の優子との結婚の約束をどうするのか?
と聞かれたマッサンは、この意外な展開に驚かされる。

 

社長の大作は、留学に出発する前のマッサンに「帰ってきたら全部任せるから」と話していた。
日本に帰ってきたら、すべて任せる」と伝えていたのだ。

マッサンはそれに対して、「全部分かった。私に任せてください」という返事だったそうだ。

そして、日本に帰ってきたら、彼を婿に迎えて、娘の裕子と結婚させようと考えていた。
娘の優子と結婚させようと考えていたのだ。

マッサンは、「お任せします」という言葉には、自分が優子と結婚するという意味合いが含まれていると考えていた。
マッサンは、「あなたにお任せします」という言葉に、自分が優子と結婚するという意味合いが含まれているとは思いもよらなかった。

優子との結婚話は、大作とマッサンの言葉の行き違いが原因だったのだ。
優子の結婚は、大作とマッサンの誤解から生じた話であった。

エリーもマッサンの婚約を聞かされ、状況がつかめません。

 

大作は、かよと優子を説得すると言ったが、やはり何も言えない。

翌日、マッサンとエリーは優子に謝りに行くが…。

優子はマッサンに “結婚したら、子供は9人欲しい!”と言う。マッサンはそんな彼女に、”9人の子供が欲しい!”と言う。
優子は「丈夫な体になるために2年前から努力してきた」と話す。
(部屋から) “帰ってください “と。

優子のマッサンへの思いは、怒りに変わってしまったのです

エリーは怒ったが、優子は悲しい表情を浮かべていた。
エリーは、優子の心の奥底が気になって仕方がなかった……。

 

優子(相武紗季)との結婚話を問い詰められたマッサン(玉山鉄二)は困惑。マッサンが帰国した暁には婿に迎えるつもりで留学させたと告げる大作(西川きよし)であったが、マッサンは全く気が付かないという勘違いが原因であった。日本の結婚のしきたりが理解できないエリー(シャーロット)。素直に謝り理解してもらおうとする二人だったが、この二年間の思いを語り激怒する優子。その優子の心の奥に何かを感じるエリーであった。

ここまでが、10月8日に放送された朝ドラ「マッサン」第9話のあらすじのネタバレです。

マッサン第10話のあらすじを知りたい方は、第10話『会社を辞めてください』へ読み進めてください。

朝ドラ「マッサン」第9話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マッサン」第9話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

幸江の本性

ついに雪絵の本領発揮!?

本性というより焦りですが、靖子たちの相手をするよりも、女中としての責任をすべて果たすというのは同じことだと思います。

でも、そんな雪絵ちゃんが嫌いなわけではありません。

好きな人を思いやって言ったことで、勇はそれに気づかず、有田もそれに気づいている。

現代版でも、ラブコメによくあるパターンだ。

雪絵の気持ちをすぐに察知したのはさすが有田ですが、煽って事態を悪化させるパターンは勘弁してほしいです。

さすがマブダチ。

ほら、きぬちゃん、やっぱり私のマブダチだ!」。

この子は本当に周りが見えている。

全くしゃべれない靖子の状態から、全てを完璧に理解する能力を持っている。

ビズリーチじゃないですけど、うちの会社で即戦力として働いてください。

おそらく、稔は激怒し、金を渡せば母を叱責すると思ったのだろう。

どうしようもなくなったら、稔と駆け落ちしてラブラブになってほしいと思っているのかも……。

そういう展開もあり!

まあ、とりあえず今日はそういう展開なのか?って感じで、「いやいや、今日はそういう展開じゃないでしょ!」って。

一回バスに乗ったけど、途中で降ろして、みんなと一緒に暮らしたいって思った!」みたいな感じ。よくあるパターンだけど、それで解決したのかなあ。

しかも、バスが一気に出発して7年後。せめて家を売ればなんとかなるとか、そういう理由がほしかった。

来週説明されるなら少しはわかるけど、何の説明もなく高校生編に進むと、演出が雑な気がしてしょうがないです。

来週の朝ドラ「ちむどぅつ」は真価が問われるところでしょう。

よしお

どうしたヨシオ!!!?

というか、武井家はどうなってるんだ?

新妻が来ては消え、また来ては消え、二羽の鶏は売られる運命にあり、挙げ句の果てに義男は失踪!?

あの転落が死亡フラグでないことを祈るばかりです。

日本語ができるんですね!

村雨さん登場

ロバートこと村雨さんが今日も登場です。

日本語もちゃんと話せます。

緊張すると言葉が出なくなるとのことでしたが、日本語はかなり流暢です

康子は仕事中に「一緒に行こう」と誘われて断られたのですが、その瞬間「あ~これはあのパターンのやつだ」と思っていたら、やっぱりそうでした!(笑

あの柄ってよくあるやつだけど、実際そんなことする人いるの?

全部買い取ってくれるのは嬉しいけど、日本の力が及ばないところに連れて行かれるのは怖いな…。

あのいわゆる豪邸、領事館のような扱いですよね?

あそこで何かされても絶対に日本を守ってくれなさそうで、ドラマの中ではそんなことはないと思っていても、見ていてちょっとドキドキしましたw

二人のママ

静子は家出した理由を語っていますが、「うちの母さん」「お母さん」って、お母さんがぎっしり詰まっていますよね?

家出する子の家はたいてい裕福ですが、静子の家は見事に医者の家系です。

そういえば、彼女の両親と対立していた小暮の両親も社長だった。

彼女は学業と役者との間で悩んでいたが、学校へ行ったことのない千代にはあまり意味がなかったのだろう。

どちらかというと、学業がなくてもなんとかなる!という感じです。でも、あえてそういうことは言わなかったんですね。

事情はわかりました

すーちゃんから事情を聞いた神奈巳先生。

事情はわかりましたと大人な対応をしてくれましたが、内心はどうだったのか、とても気になります。

メンタルが弱そうなので、ちょっとショックなのかなあ。

妹のみーちゃんに意味深なことを言われたことをそんなに気にしてないし、むしろ「この人は多分この人のことが好きなんだろうな」という事実だけを掴んでいるような気がするんです。

百音ちゃんが電話した時も、こういう人の方が信頼できるって言ってたし、さすが神奈巳先生って感じ。

気象予報士試験

そして、あっという間に過ぎたのはお正月だけでなく、気象予報士試験もやってきましたね。

努力を見せないと視聴者が納得しないのが、これまでの朝ドラの歴史です。

直近では、朝ドラ「エール」で乙が抜擢されるシーンがあったが、あのシーンも批判的な意見が多かった。

受験を終えて、百音には奇跡が起こるかもしれないという予感があったが、おそらく不合格だったのだろう。

もし、合格していたら、「ちょっと舐めすぎだ」という苦情が来ていたかもしれない。

そういう展開

私の直感は意外と当たるもので、ある意味「そういう展開もあるのか」と納得していました。

天海を見たときに、あんなに女性を捨てるような人ではないと思っていたので、振られるパターンかと思うと、まず納得です。

母親の仕打ちに笑う一平も微笑ましく、救われない話でした。

ただ、あそこで優が涙を流したのは理解できない。

泣いている様子から、わざと強く殴って追い出したように見えましたが、彼女側からするともっと事情があるのかもしれません。

そして、鍵を握るのは、天海と優を知る仙之助!?

明日、仙之助が話してくれるのか乞うご期待!

振られるパターンの方!

今日は大きな進展はありませんでしたが、あるとすれば恋の予感です。

イチャイチャ詐欺師を助ける男、弁護士の卵!

そして、瑠衣の心が淡い色に染まり始めたのは、恋の始まりなんですね。

が、しかし!

朝ドラの典型的なパターンとして、初恋はほとんど実らないんです!

これは、何らかの形でフラれるパターンだと思います。

もしかしたら、彼女がいて自分から振っている可能性もありますが、この恋は絶対に終わらないことを断言します。

空襲の傷跡

橘家では、久里と越前を失いました。

木島家の家はかろうじて焼け残ったが、無傷ではなかったようだ。

両家の距離はよくわからないが、康子は自転車で届けに行き、故郷に帰るときは歩いたというから、それほど離れてはいないのだろう。

キンタは精神的にダメージを受けているので、これからどう回復していくかがポイントになると思います。

合体!

一平たちは、鶴亀新喜劇を立ち上げることにした。

そこへ、元万太郎一座の万太郎と千兵衛の二人がやってきた。

これで、天海一座と万太郎一座の組み合わせは整ったが、大山が期待した化学反応は的外れで、両座は混乱状態に陥った。

まあ、大山はそんなことは分かっていると言っていたが、あらすじとしては十分である。

あとでお互いに理解し合い、一緒に盛り上がるのだろうが、その間に殴り合いの喧嘩くらいはありそうな予感がする。

お互い離れる展開はないと思うので、どう仲直りするのかが見ものです。

あと、万太郎一座の座長である一竹さんの行方が気になりますね。

イベントに呼ばれなかったところを見ると、一竹さんは廃業したのでしょうかね。

私の秘密を集めてください!

昨日の朝ドラ「みんなおいでよ」で突然やってきた私の秘密が、まさか今日の布石だったとは。!!!!

夏祭りに行きたいと素直に言えないのが秘密と言うるいさん、ちょっと可愛いです。

結局、全部話したんですけど、大事なところはオブラートに包んで話しましたね。

竹村夫妻もなんとなく恋の予感がしたようで、自分では気づかないうちに周囲が気づいているという、少女漫画によくあるシーンですw。

戦争の話

朝ドラでは定番の「戦争」の話。

すでに3話目にして、戦争の話とは、かなり急展開ですね。

ノモンハン事件」は、かなりの事件です。

戦争中にパーマネントが禁止されましたが、お菓子作りで何が禁止されるのでしょうか。

でも、やっぱり岡山のパーマネントは朝ドラ「あぐり」しかない!?

ちょうど「あぐり」の時期と重なりますね。

ここにあぐりが登場すれば、大きな話題となるのですが、さすがにそれはなかったですね。

迫力満点!

一平は自ら戦いを仕掛けてきたけれど、ひとつだけ世間に公開していることがあると思うんです。

それは、漆原が意外と強いということです。

俳優の顔を殴っちゃいけないんですけど、結構血が出てないですかね?

殴られるシーンもありましたが、あれは相当な強打です。

一平ちゃんの話を聞いて、傷をなめに来ていたはずの一平ちゃんの仲間の女形もドン引きしていましたよ。

誰が見ても、本当に強く殴ったんだとわかるくらいに……。

でも、これってやっぱりフラグだったんですねー。

最後の最後で仙之助を笑わせるフラグで、今日も騙された一日でした。

以上が、朝ドラ「マッサン」第2週目第9話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。