おかえりモネ第111話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」23週目第111話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

 

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年10月18日(月)放送
第23週サブタイトル『』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第111話のネタバレあらすじ

ここからは、10月18日に放送される朝ドラ「おかえりモネ」第111話のあらすじをまとめたネタバレです。

おかえりモネ111話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーの予定です。

 

ここまでが、10月18日に放送される朝ドラ「おかえりモネ」第111話のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第112話のあらすじを知りたい方は、第112話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「おかえりモネ」第111話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第111話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

不穏な電話 夜中に電話がかかってくるのは決して良いことではありません。

夜中に電話がかかってきたら、きっと誰か死んだんじゃないかと思ってしまうだろう。

涼ちんがいなくなったという電話だったのですが、モネはちゃんとみいちゃんに伝えていて、さすがお姉さんだなと思いました。

涼ちんがいなくなった理由も、おばあちゃんが長浦家に来たときの出来事が原因でした。

おばあちゃんが渡した封筒の中から死亡診断書がチラッと見えたのです。

それだけで、すべてを悟ってしまったんですね。

行方不明者の死亡届を出して、供養までしてあげようと思ったのだろう。

これは、震災後からずっと続いていることですよね。

今でも行方不明の人がいるのに、死の報告をして区切りをつけている人がいるのかと思うと、痛々しい光景でした。

しかし、私はどうしてもシンジには少し乱暴な言い方をしてしまいます。

最愛の妻を失った気持ちはわかるが、息子の良純が一生懸命働いているのに、その良純のために立ち直りたいとは思わないのだろうか。

それで涼ちんが自殺してしまったら、後悔しか残らないじゃないですか。

真治の気持ちはわからないでもないけど、親の役割は子供のために生きること。

涼ちんのことが心配で電話をすると、回線が切断されていた。

百音が電話をすると、彼は電話に出ます。

彼女の気持ちを考えると、どうしても気の毒になってしまう。

そして、スピーカーフォンでモネしか話せないと聞くと、「なんでお姉ちゃんなんだよ!」と思わずにはいられません。

なぜ妹なんだ!と思わずにはいられません。

でも、最後に服を投げつけたところは、ちょっと許せない。

人の気持ちはコントロールできるものではありません。

りょうちんがモネのことを好きでも、モネがコントロールできるものではありません。

昨日の大縄跳びの続きから始まった朝ドラ「おかえりモネ」では、謎めいたりょうちんが、父親が失踪して海に落ちたかもしれないと知らされた。

なぜ父の失踪と海に落ちることを結びつけるのかわからないが、それは彼が海の男だからではないだろうか?まあ、死んだはずがないと思っていたら、すぐに見つかってしまった。

あれだけ早く見つかっていれば、あんなに騒がれることもなかったでしょう。

しかし、また酒を飲むようになっていたので、倒れている可能性もあった。

これまでの治療がすべてパーになってしまうようなパターンでした。

w アルコール依存症は簡単には治らないと言われますが、根本的な原因はアルコール依存症というよりも、過去を乗り越えられないことにあると思います。

もう一人の債務者であるシンジも、一時は乗り込もうとしていたことが判明した。

しかし、彼には別の借金があったため、融資の審査が通らなかった。

彼はそれを孝治に八つ当たりしたのだが、それは正しいことではない。

銀行が融資を認めないのは当然の行為であり、それがなければ、絶対に通ると思っていた浩二は、どんなに頑張っても無理だと瞬時に判断していただろう。

それを隠していなければ、彼女もそれを考慮して、頑張って通ったかもしれない。

ちょっと同情心がなくなった瞬間でした。

そこが違うんですよねー。

そして、そんな真剣勝負の中で、一人だけ状況を読めていない男がいた。

菅波先生、縄跳びにこだわりすぎじゃないですか?非常に場違いな電話をかけて、すぐにどうでもいい情報を伝えなければならないという気迫で電話をかけてくるんですよ!?そんな菅波さんは嫌いではありません。

ドラマの中で土砂崩れの描写があるということで、今日で3回目の注意喚起が行われました。

警戒は解除されましたが、まだまだ予断を許さない状況です。

今週のテーマは土砂災害で、浅岡がお天気キャスターを辞める理由として使われていました。

朝岡さんは、お天気キャスターを辞める理由として、「土砂災害」を挙げています。

また、告白されるのではないかとドキドキしていましたが、ぜひとも職場に両親が来ないようにしてほしいものです。

恥ずかしい思いをするのは子供たちだということがわからないのだろうか。

職場に父親が来るのはあまり好きではありません。

盗み聞き朝岡と浩二の会話を盗み聞きするモネ。

朝岡と小路の会話を盗み聞きしていたのは、社長である朝岡と小路である。

しかし、モネよりも先に会話を聞いていた社長は、少し輝いているように見えた。

私は休みの日にトメに来たのですが、娘は休みの日に仕事をしていました。

ブラック企業かと思ったら、林間学校だったんですね。

林間学校は土日に開催されるのですか?本物の学校かどうかはわかりませんが、本物のようですね。

本物の小学校なのかなと思いました。

学校が使われなくなったときに、あんなに走り回って大丈夫なのかなと思いました。

スタッフが「楽しんでください」と言ってくれたのかな。

 

以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第23週目第111話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おかえりモネ第23週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第23週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おかえりモネ第23週目のネタバレあらすじ

111話放送のおかえりモネ第23週「」のあらすじは、ストーリーとなっています

第23週のあらすじを一気に知りたい方は、おかえりモネの第23週「」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。。