おかえりモネ第87話のネタバレあらすじ!地域密着の予報士

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」18週目第87話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

おかえりモネの第86話「代表に選ばれる」では、鮫島が代表選考レースに出場し、代表選手に選ばれるストーリーでした。

おかえりモネの第87話「地域密着の予報士」では、百音が社長プレゼンで、地域密着の予報士の必要性を力説するストーリーです。

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年9月14日(火)放送
第18週サブタイトル『伝えたい守りたい』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第87話のネタバレあらすじ

ここからは、9月14日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第87話のあらすじをまとめたネタバレです。

永浦百音(清原果耶)は、自身が考えた「あなたの町の気象予報士 全国津々浦々計画」という企画をプレゼンした。
これは、市町村レベルに気象予報士を配置して、地域の産業や医療などとの連携で、町の人たちを守るというものだった。
すると、それを聞いていた安西和将(井上順)が、もしもこれが採用されたら地元に帰るのか?と聞かれ、百音は答えられなかった。
数日後、いつものようにテレビ局で仕事を終わらせると、神野マリアンナ莉子(今田美桜)が高村から呼び出される。
降板させられるのではと心配する百音に、むしろうれしい話だと答える高村沙都子(高岡早紀)
高村は、神野に仙台の地方番組でメインキャスターの誘いがあることを伝える。
高村の知り合いが、神野の視聴者目線のコメントが気に入り、オファーしてきたのだ。
オーディションを受け、合格する必要があるが、神野はふたつ返事で、それを受けることにした。
一方、百音は永浦未知(蒔田彩珠)から電話がかかってきていた。
母・亜哉子が民宿を再び始めたいと言い出したのだが、父・永浦耕治(内野聖陽)がそれを反対しているという。
本土と島に橋がかかり活気があふれてきた今に民宿を始めようと考えていた永浦亜哉子(鈴木京香)だったが、
耕治は、龍己のカキもようやく波に乗ってきたところで、このまま手伝いをしてほしいと頼んだのだ。
反対されるとは思っていなかった亜哉子は落ち込み、それを心配で未知は百音に電話をかけたという。
百音は後で電話してみるといって電話を切った。
数日後、過去に例がないほどの大型台風12号が日本列島に近づいてきた。
気象庁も警戒しており、会社でも緊迫した空気が流れたいた。
ここまでが、9月14日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第87話のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第88話のあらすじを知りたい方は、第88話『少し先の未来』へ読み進めてください。

朝ドラ『おかえりモネ』第87話の予告感想

全国津々浦々計画

百音が提案した「あなたの町の気象予報士 全国津々浦々計画」
津々浦々って全国にいたるところって意味ですよね。
各地方に気象予報士を配置するといった提案だと思うんですが、地方ローカルでも地元の気象予報士が解説するので、具体的にどう差別化されているのか予告だけではちょっとイメージがつきません。
それに対して安西社長は、これが採用されたら地元に帰る?のと質問。
至極まっとうな質問ですよね。
その場で口ごもってしまうのか、「帰ります!」というのか、どっちだろうと気になりますが、きっと前者でしょうw

降板!?

莉子が高村に大事な事を相談!
これってキャスターとしてこの先どうするかっていう話だと思いますけれども、まさか自主的に降板をお願いするとかないですよね?
今日リアルタイムで内田がキャスターをするようなシーンがありましたが、あれは視聴者受けするイケメンですw
おそらく内田のおかげで視聴率が上がるんじゃないかと予想されますけど、ここで自主降板なんて莉子らしくない!
きっと前向きなことのお願いだと信じて来週を楽しみにしています。

大型台風

そしてまたやってきた大型台風。
今の台風って実際にあった台風と類似させた流れになっていましたけど、今回も同じ感じなんでしょうか?
気象といえば、やっぱり台風ですが、今年は台風が少なかったですよね。
しかし、ゲリラ豪雨はまた頻繁に発生して、盛土がくずれた映像なんかみていると本当に自然災害は怖いと感じました。
ただし、あの盛土は人災そのものでしたが、常日頃危険だということを意識しないといけないですよね。

朝ドラ「おかえりモネ」第87話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第87話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

全国津々浦々計画

全国津々浦々計画の名称を見た瞬間、エヴァンゲリオンの人類補完計画を思い出したw
斎田さんと山神さんも興味津々で聞いていた全国津々浦々計画ですが、地方で気象予報士が食べていけるようにするのはちょっと大変そうな感じがします。
医療との連携で知り合いの医師って、むしろ彼氏って言ってほしかったところw
話しを聞いていると県域レベルではなく市区町村レベルによるたしかな情報発信ということだけど、それだと気象予報士をかなり増やさないといけないレベル。
そう考えると、それだけの人員を配置しなければいけないし、コスト的にどうやって折り合いつけるのかなといった感じ。
それと気象予報士のモチベーションも考えないとですよね。
地方じゃなくて都市で働きたいと思っている人もいるだろうし、結構ハードルが高い人類補完計画、いや全国津々浦々計画ですねw

台詞

斎田さんと山神さんは、ただ見ているだけかと思ったけど、しっかりセリフあった!!!!
でも緊張しているのか若干棒読みぎみw
それはそれでよかったけれど、お二人もきっといい思い出になったでしょうね。

名前

お互いの名前を呼び合うまでにせいちょうしていたとは、ちょっとお母さん感動ですw
モネは皆と一緒の呼び方じゃおもしろくない!!!って何気に頑固ですね管波先生。
パソコンを前にして二人の肩が重なりあったり、二人の関係性の深まりを感ずる朝ドラ「おかえりモネ」87話でした。

以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第18週目第87話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おかえりモネ第18週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第18週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おかえりモネ第18週目のネタバレあらすじ

87話放送のおかえりモネ第18週「伝えたい守りたい」のあらすじは、百音が気仙沼に帰るか悩み始めるストーリーとなっています

第18週のあらすじを一気に知りたい方は、おかえりモネの第18週「伝えたい守りたい」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。。