おかえりモネ第88話のネタバレあらすじ!少し先の未来

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」18週目第88話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

おかえりモネの第87話「地域密着の予報士」では、百音が社長プレゼンで、地域密着の予報士の必要性を力説するストーリーでした。

おかえりモネの第88話「少し先の未来」では、台風が発生し、行動してもらうための注意喚起で、百音が映像で少し先の未来を見せてはどうかと提案するストーリーです。

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年9月15日(水)放送
第18週サブタイトル『伝えたい守りたい』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第88話のネタバレあらすじ

ここからは、9月15日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第88話のあらすじをまとめたネタバレです。

過去にないほどの大型台風の接近。
百音の会社では、緊急会議を開くなど対応に追われていた。
高村に呼び出さた報道班はすぐにテレビ局に向かう。
番組の予定も定期的に台風報道を差し込むことになり、どれほど危険な台風なのかということを物語っている。
しかし、台風が近づいていても東京の空は晴れており、視聴者にどう危険かということを伝えるべきか悩んでいた。
永浦百音(清原果耶)は一度泊まりの準備をするために下宿先に戻ると、管波からメールが届き、電話で相談した。
菅波光太朗(坂口健太郎)は医師としての経験から少し先の未来を伝えるようにしているとアドバイスする。
百音はテレビ局に戻ると、雨の降り方や風を予想したシミュレーション映像の準備を急ぐ。
そして、そのシミュレーション映像を使って、台風が接近するといかに危険か少し先の未来を映像で見せるのだった。
一方宮城では、東京に大型台風がくることを耕治たちが心配していた。
永浦耕治(内野聖陽)がカキ棚を心配するが、永浦龍己(藤竜也)は東に抜けていくからそこまでの被害は出ないだろうと口にした。

 

ここまでが、9月15日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第88話のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第89話のあらすじを知りたい方は、第89話『ユーザーからの情報』へ読み進めてください。

朝ドラ『おかえりモネ』第88話の予告感想

異例事態

大型台風12号が日本列島へ上陸するということで、気象庁から記者会見が行われるという異常事態が発生!
昨今、気象庁の記者会見って当たり前のように見ているので、非常事態だと思わなくなってきているのが正直なところです。
私が住んでいる地域は盆地で一帯が高台にあるようなところなので、水害には無縁なため、浸水しているような地域の人たちと比べるとやっぱり危機意識が薄いのを感じています。
もちろん台風による強風で、住宅に被害がないかと思うことはありますけど、いつも災害が起こる地域とそうでない地域では意識の違いはかなり大きいと思います。
なので気象庁の記者会見も他人事のように聞いてしまうので、最近は朝ドラ「おかえりモネ」をみて、改めて感じさせられている自分がいます。

ある方法

台風が来ているに雨も風もない状況だったら、誰も行動なんて起こさないですよね。
それを解決するために百音がある方法を思いついた!
その方法とは、、、、めっちゃきになるw
なんだろう?
田舎であればラジオみたいなやつでお知らせくることあるけど、あれ使うのかな?
なんだろう、なんだろう。
あ~眠れないw

朝ドラ「おかえりモネ」第88話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第88話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

アバンなし

ここ数日ほとんどアバンなしの状態でスタートしています。
それほど情報量が多いということでしょうか?
基本的にはアバンなしは、深刻な状況や、重い空気の中でよく見られる光景ですが、今日もまた災害の話になるので、そういった意味もあってアバンなしなのかもしれませんね。

リードタイム

久しぶりにでてきたリードタイム。
この言葉は朝岡さんが登米に来た時に話していた言葉ですけど、この時間を使ってどう伝えるかが今回のポイントでした。
確かに台風の日って、本当に雨が降るのかなっていう感じの時が多いですよね。
朝方抜けていくときなんて、寝ている時に大雨が降って朝方何もなかったように過ぎ去るなんてこともあるので、大雨で動けなくなると言われてもそうそう簡単に避難とか考えないですもんね。
特に私が住んでいる地域は水害の心配がほぼ0の場所なので、彼さえ気をつければ大丈夫かなってことでずっと家に避難していることが多いです。
人によって、危険の感じ方が違うので、報道はどう伝えるべきか本当に難しいことだと思います。

 

以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第18週目第88話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おかえりモネ第18週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第18週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おかえりモネ第18週目のネタバレあらすじ

88話放送のおかえりモネ第18週「伝えたい守りたい」のあらすじは、百音が気仙沼に帰るか悩み始めるストーリーとなっています

第18週のあらすじを一気に知りたい方は、おかえりモネの第18週「伝えたい守りたい」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。。