おかえりモネ第8週のネタバレあらすじ!それでも海は

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」第8週(36話~40話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

おかえりモネの第7週「サヤカさんの木」では、気象予報士の仕事に魅了された百音が再度、気象予報士の試験に挑戦するストーリーでした。

おかえりモネの第8週「それでも海は」では、実家に戻ってきていた百音と未知に、母・亜哉子が好きなことをしなさいと応援するストーリーです。

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年7月5日(月)~7月9日(金)放送
第8週サブタイトル『それでも海は』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第8週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『おかえりモネ』第8週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第8週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『おかえりモネ』第8週『それでも海は』一覧
放送回放送日
第36話「亜哉子のうわさ」7月5日(月)
第37話「幼なじみ」7月6日(火)
第38話「約束」7月7日(水)
第39話「父の苦悩」7月8日(木)
第40話「人生ゲーム」7月9日(金)

2015年の年末。
正月帰省することにしたモネ。
実家に帰ると、未知から信じられない話を聞く。
未知の話では、永浦亜哉子(鈴木京香)が浮気をしているかもしれないというのだ。
島中その噂でもちきりで、本当かどうか真相を確かめるために、翌日、でかける亜哉子の後をつけることに。
本土に向かった亜哉子はある喫茶店に入る。
二人もばれないように中に入ると、待ち合わせをしていた相手は、なんと亮の父・新次だった。
最近は一滴も酒を飲んでいないと話す及川新次(浅野忠信)
亜哉子と新次の会話から、耕治の初恋の相手が新次の母・美波だったと知る二人。
それを知った百音と未知は、衝撃を受けるのだった。
そして、亜哉子と新次は、どこか行く場所があり、早々に喫茶店を後にした。

6年前。
新次と新次の妻・美波が永浦家にやってきた。
新次は新しい船を買うというので、銀行員の永浦耕治(内野聖陽)に資金計画など、よく相談にきていたのだ。
耕治と、新次・美波の三人は幼馴染で、6年前までは、家族ぐるみの付き合いをしていて、とても仲がよかった。
それから月日が流れ、ついに新次の船が完成した。
お披露目会は盛大に行われるが、それからしばらくした2011年3月11日。
あの東日本大震災で、美波は亡くなってしまう。
残された新次と及川亮(永瀬廉)は、仮設住宅仮で仮住まいを余儀なくされていた。
2016年1月。
永浦百音(清原果耶)菅波光太朗(坂口健太郎)からもらった縄跳びで飛んでいると、未知がやってくる。

外で縄跳びをしていると未知がやってきて、新次が海に落ちたことを知る。

二人が家で待っていると、新次が見つかったと連絡を受ける。
それからしばらくして耕治が新次を担いで家に戻ってきた。
亜哉子の話では、かつて住んでいた自宅があった場所に酔いつぶれていたという。
耕治が、何があったのか聞くと、新次はいまだ立ち直れない苦悩を吐露した。

その夜、耕治は、これからも同じようなことがあり、亜哉子に迷惑をかけると頭を下げると、亜矢子は幼馴染三人の問題で自分だけ、仲間外れはしないでと答えるのだった。

翌日、また幼馴染たちは百音の部屋に集まり人生ゲームを始める。
野村明日美(恒松祐里)は春から東京へ行き、三生は寺を継ぐ決意をし、悠人は地元に戻って市役所で働く。
それぞれの未来の話を聞いた亮は、自分たちは親とは違うと口にする。
そして、どんな生き方をしてもいいから俺たちが前を向くしかないんだ!と訴えた。
翌朝、百音が登米に戻る道すがら、新次が海に落ちようとしていた姿を目にする。
あわてて止めようとすると、百音の勘違いで足がすべっただけだという新次。
新次は百音に色々悪かったと謝ると、百音は海をみてつらくないかと尋ねた。
すると、新次は海に恨みはないといい、亮も同じことを言っていたことを伝える。
それから登米に戻った百音。
試験まであと二日となり、菅波に絶対に合格する!と宣言した。

ここまでが、7月5日~7月9日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第8週のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第9週のあらすじを知りたい方は、第9週『雨のち旅立ち』へ読み進めてください。

朝ドラ「おかえりモネ」第8週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第8週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

先週のおさらい

今日も始まりました朝ドラ「おかえりモネ」
先週のおさらいからスタートしてましたが、先週並みにおさらいが詳しすぎるw
まぁ、菅波先生のあわてぶりをまた見れたので、あれはあれで満足なハイライトでした!
完全に立場が逆転してしまった菅波先生。
今度は菅波先生がサバを読みはじめて、なんだかんだとお似合いのお二人ですよね。
そして、外野も相変わらずの盗み見。
翔洋さんなんて盗撮までしてるし、犯罪ですよ?
録画はやばいですよ。
一線超えてます!
みなさんクリスマスなのに、やることないんですかね~w

ずれてる、、、

縄跳びをプレゼントする菅波先生。
マジなんでしょうが、絶望的なプレゼントセンスに、さすがに引きますよ!!!
しかも1日3分の課題つき!!!
さすがの頭のねじが1本抜けているモネもびっくりするのかと思いきや、やっぱり似たもの同士。
あのプレゼントをもらって喜ぶって、ずれてる、、、

成人式

成人式の次の日が試験日ということで、参加しないモネさん。
耕治が着て欲しいって感じだったけど、あまり興味のない人にとってはそうなりますよね。
特別な日だからって、結婚式もそうだけど高すぎる!!!
自前で振袖買おうとすると、高すぎて手がでません!
未知は顕微鏡がほしいっていってたので、それをプレゼントとして買ってあげて欲しいなって思いました。

見張り

帰省して勉強に励むモネ。
その横でゲームをしている幼馴染たち。
ありえなくない?
ちゃんと勉強しているか見張るためにいるなら静かにしろ!っていうんですよ。
しかも三生、金髪卒業しているし、そこは誰もつっこまないのねw
あのシーンは、明日美ちゃんが東京いくっていう話と、亜哉子が不倫をしているんじゃないかという話をしたいがためのシーンなのは分かるけど、これで合格させるなら、真剣なところを見せて欲しかったなーと思いました。

昨日は、亜哉子が島中で浮気しているんじゃないかと噂になっているというお話でしたが、そりゃ家までいって、掃除して二人っきりなら、噂にもなりますよね。
ただ単に外で会っているだけかと思ったけど、家に上がるとなるとグンっと怪しさアップしますので、噂されてもしかたがないレベルw
あと、飲酒欲求を抑える薬を飲んでいましたが、どんな薬なのか気になる!!
本当に袋に「飲酒欲求を抑える薬」って書いてある薬処方されるのかな?
アルコール中毒のお薬なのか分からないけど、アル中克服のために亜哉子が協力しているってことなのかな。

6年前

ついに、過去が明かされました!!!
なんとなく察してはいましたが、あの感じじゃ美波さんは津波で亡くなったようですね。
船はお金かかるイメージだけど、まさかの1億!
正確には1億2800万といってて、ついつい日本の人口かよ!って突っ込んだのは私だけでしょうか?w
それだけよく融資してもらえたなーと感心しましたが、耕治の力量があったからなのか?
しかし、1億2800万の船つくってすぐに津波って最悪なパターンだけど、現実にそういった人もいたのかもしれない、、、
牡蠣おばあちゃんもご健在でこの頃は、皆幸せな生活を送ってたんだなと分かるシーンでした。
美波の性格も今回の回で完璧に把握できましたが、宮城の女子は強いですね~
田舎の家にカラオケセットがあるのは、あるあるなのかは分からないけど、カラオケ聞かされるとは、思わなかったw
「かもめはかもめ」を歌っていたけど、誰の歌なのか調べたら、研ナオコさんの歌だったのにびっくり!!
作詞作曲は中島みゆきさんらしいんだけど、実は初めて聞きましたw

留守電

そして、最後美波さん死亡フラグがたったのが留守電。
ちょうど逃げようとしていたことが留守電で分かりましたが、携帯が手放せないわけもここで分かっちゃいましたね、、、

縄跳びの続き

昨日に続き縄跳びの続きからスタートした朝ドラ「おかえりモネ」
未知がりょーちんのお父さんがいなくなったと知らせ、海に落ちたかもしれないといってましたが、私はこの瞬間、「浅野忠信がそう簡単に死ぬ玉か?」と思ってしまいましたw
なぜいなくなって海に落ちたのか連想するのかナゾですが、そこはやっぱり海の男だから?
まぁ、死ぬわけがないだろうと考え込んでいたら、すぐに見つかったわけで、本当に取り越し苦労ってやつでしたよw
すぐ見つかりすぎでしょ!!!
あの未知のあわてぶりからしたら、結構探してやっと見つかったパターンが王道なはずなので、あんな早く見つかるなら騒動にすなw
しかし、また呑んだくれに戻っていたので、もしかしたら落ちてた可能性もありましたね。
これまでの治療がパーになるパターンのやつだったw
アルコール依存症は、治すのは簡単じゃないというけれど、アルコール依存症というよりは、過去を乗り越えられないところが根本的な原因だと思う。

別の借金

新次も一度は船に乗ろうとしていたことが判明。
しかし、融資の審査で、別の借金があったことで審査通りませんでした。
それを耕治に八つ当たりとは、そこはお門違いというものですよ。
審査を通さなかったのは、銀行として当然の行為ですし、それがなければ、絶対通ると思っていた耕治も、さすがにどうがんばっても無理と瞬時に判断してます。
隠さずに最初から話しておけば、それを考慮して耕治がなんとかがんばっていたのかもしれないのに、できんと言われて、ふてくされるとはちょっとお門違いも甚だしい!
ちょっと同情する気持ちが薄れてしまった瞬間でした。

そこ違い!!

そして、シリアスな展開の中で、場を読まない男が一人。
菅波先生、縄跳びにこだわりすぎでしょ~w
すっごく場違いな電話をかけ、ものすごくどうでもいい情報を伝えねば精神で即電話!
そんな菅波先生は嫌いじゃないですよw

酎ハイ

あ~、結構呑んだみたいですね新次。
ストロング系酎ハイ500mlを何本開けてんだよって話ですよ。
妻が亡くなって悲しいのは分かるけど、息子はあんなにがんばっているのに、ずっとやさぐれているのは、どうかと思いますよ。
補足として、この時点での美波さんの生存については、直接的に一切表現されていません。
それでも、雰囲気的には亡くなっている雰囲気なので、悲しいという気持ちは痛いほど伝わっています。
このあとも、「話す相手がいない」という言葉はありましたが、「死んだ」という確定キーワードはでてこないので、察しろということでしょう。

土木の仕事

どうやって生活していたのか気になっていましたが、ちゃんと仕事はしていたようですね。
土木の仕事やって借金も少しずつ返しているとこは立派ですが、なんとか立ち直ってほしいとです。
それは、自分のためじゃなくて、息子のためにという意味で。
歌ってやんよ!
そこへ登場したのが、りょーちん。
いきなり歌歌おうぜ!って場違いなこと言い出したけど、どうにもやるせない気持ちが伝わってきて、つらかった、、、
耕治がとめようとして、すっげー勢いで突き飛ばされたのにはちょっと笑ってしまったけど、親子の傷はまだまだ癒えそうにない感じでしたね。
ただ、絶対立ち直らないと言い切るパパはどうかと思いますよ?

1日8時間以上

モネの部屋に張られていた紙に気づくりょーちん。
1日8時間以上は勉強するって絶対この日勉強していませんよね。
というより、実家に戻ってきてからほとんど勉強していないんじゃないかってぐらい勉強シーンは少なっ!
明日は、必死にがんばって試験を受けるところまでやってくるのか期待しながら今日の朝ドラ「おかえりモネ」の感想をしめくくりたいと思いますw

頭ボサボサ

今日は頭ボサボサりょーちんから始まりました。
シリアスな朝でしたね~
勉強していたのか?、いや違うってそこは勉強しとけよ!!!
実家帰ってきてからほとんど勉強していないように見えるのは私だけでしょうか?
二人の会話で分かったことは、やっぱりりょーちん繊細ですよね。
繊細すぎるから、漁師のガサツさが気になるw
海を嫌いにはなれないという言葉もしんみりと伝わってきました。
あとりょーちんって茶髪じゃなかったっけ?
いつの間にか黒髪になってる!!!

人生ゲーム

今日もまた勉強中のモネの部屋でゲームをしている幼馴染達。
そこおかしくない!?
国家試験受けようとしているのに、それをあえて邪魔するってどういう神経なんだろう?
いや、りょーちんの未来の俺達の話は泣けましたけど、3回目で合格する流れにするのなら、もっとがんばっている姿を見せないと納得いかないな~
なんせ数%の合格率でしたよね?
他の人たちも一生懸命がんばっているでしょうし、最後の最後の部分だけ縄とびとんで絶対合格します!って勉強の必死さが伝わってこないのが残念でした。

勘違いモネ

島を離れようとしていた時に、新次を見つけて勘違いするモネ。
まぁ、あの事件があってからのアレですから、それはしょうがないですけどw
それにしても及川親子は似たもの同士ですね。
海に恨みはない!
恨みはないけど、この悲しみをどこにぶつけていいのやらってとこでしょうか。
子は未来を見て、親は過去に縛られる。
りょーちんのためにも早く新次に立ち直ってもらいたいものです。

以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第8週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。