カムカムエヴリバディ第61話のネタバレあらすじ!回転焼き屋

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」13週目第61話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第60話「京都で暮らす」では、るいが、心機一転、京都で暮らすことを決意するストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第61話「回転焼き屋」では、京都に移り住み、るいと錠一郎が一緒に回転焼き屋を始めるストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2022年1月27日(木)放送
第13週サブタイトル『1964−1965』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第61話のネタバレあらすじ

ここからは、1月27日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第61話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

ついに回転焼き屋をオープンさせたるいとジョー。
しかし、皆素通りするばかリで、誰も勝ってくれない。
そこで、大月錠一郎(オダギリジョー)がビラ配りを始めるが、近所で酒屋を営んでいる森岡を呼び止めると、京都の人間はこんなもの食べないと言われてしまう。
さらに、遠くまでビラ配りにいったジョーは、近くの荒物屋の主人・吉右衛門からも舌の肥えた京都人には、受け入れられないと言われ、厳しいオープンの日となった。
その日の晩御飯は、売れ残った回転焼き。
しかし、大月るい(深津絵里)は、気落ちすることなく、何とかなると前向きだった。
翌日、ベリー(市川実日子)が店にやってくる。
回転焼き屋を始めることを冗談だと思っていたベリーは、呆れてしまう。
すると、るいが是非食べてほしいと言うが、日頃からお茶会で老舗の和菓子を食べているベリー、食べないと断る。
しかし、るいは自分のあんこには自信があるといい、受けて立つとベリーは食べることにした。
そして、ベリーが焼きたての回転焼きを食べようとした時、森岡が店に飛び込んできた。
ジョーが荒物屋の主人・吉右衛門をケガさせてしまったのだ。
急いで荒物屋へ向かったるいは、お詫びの印に回転焼きを吉右衛門に手渡すが、それを拒否される。
しかし、奥から吉右衛門の母・清子がやってきて丸くその場をおさめてくれた。
二人で店に戻ると、人だかりが。
ベリーが回転焼きを売っていたのだ。
回転焼きを食べたベリーは美味しいことを認め、京都で有名なベリーがおいしいというのならと客たちが買いに来たのだ。
こうして、るいの回転焼きは街の人たちに受けいられるようになった。

 

ここまでが、1月27日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第61話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第62話のあらすじを知りたい方は、第62話『錠一郎でもできる仕事』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第61話の予告感想

東京どうなった!?

京都で暮らすことになったるいさん。
そして、錠一郎(オダギリジョー)と一緒に回転焼き屋をオープンさせました。
回転焼き屋で色々書きたいこと色々あるんだけれども、ひとまず錠一郎さん東京デビューどうなった?
この予告微妙な書き方ですよね~
京都で暮らすのがるいだけなのか、それとも錠一郎も一緒に暮らすのか微妙に分かりません!
普通に考えれば、二人一緒に京都で新しい生活をスタートするという流れなんだと思いますが、それなら東京でレコード出すって話はどうなったんでしょう?
東京で一緒に暮らすって話はどうなったんでしょう?
今日の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」56話では、錠一郎がトランペットをうまく吹けなくなってしまったという話で終わりました。
流れでいえば、東京での話は頓挫して京都で一緒に暮らそうってことになったという感じですかね。

あんこは続く!

そして、お待ちかねの屋台で見つけたアレは、回転焼きでした!!!
ここにきて、あんこを復活させるなんてイキなことしますね。
もうあんこは安子で店じまいかと思っていましたが、あんこの味には自信があるって、本当に作れるの?
たしかに作り方みていたかもしれないけど、おいしゅ~な~れ、おいしゅ~な~れ、はいっ!!!って正直誰でもいけないな作り方w
タイミングが一番難しいところなんでしょうが、それを幼いるいがマスターしているとは、思えないんですが、、、

 

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第61話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第61話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

いきなりの小田さん!

ついに回転焼き屋「大月」を開店させたるいと錠一郎。
しかし、まったく京都の人から見向きもされずに、不穏な始まりに。
錠一郎がビラ配りをするも両手ふさがってるだろと怒られる始末。
そんなお相手がおいでやす小田さん!
京都の人間は、知らんもん食べんぞ!って、たしかに京都では馴染みがないですよね~
この流れからして、今日は回転焼き屋苦戦する回かもと思っていましたが、ベリーのおかげで繁盛するという今回もスピーディーな展開となりました。

モモケン死す!

そんな中、悲しいお知らせも!!!
あのモモケンが緊急入院したかと思えば、あっという間に死去。
しかもそれを知ったのが、吉右衛門のお店!!!
皆さん覚えていますが、あの大人びた吉右衛門君ですよ!!!
お父さんと2役というたまに朝ドラでもある配役ですが、まさかの父親似で登場とはw
どちらかといえば、ものすごくしっかりしている感じになるはずだったのに、父親早く亡くして、小さいころから働いて父親に似てきたということでしょうか。
そして、モモケンが亡くなって、息子も登場!!
今週から京都編ということもあり、色々と代替わりが多い週になりそうですね。

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週目第61話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第13週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第13週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第13週目のネタバレあらすじ

61話放送のカムカムエヴリバディ第13週「1964−1965」のあらすじは、京都に移り住み、るいと錠一郎が一緒に回転焼き屋を始めるストーリーとなっています

第13週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第13週「1964−1965」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。