ふたりっ子第102話のネタバレあらすじ!手作り豆腐

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」17週目第102話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第101話「対等」では、師匠の米原が史郎と香子にこれからは対等だと告げるストーリーでした。

ふたりっ子の第102話「手作り豆腐」では、麗子が光一に手作り豆腐を作って欲しいお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年2月8日(土)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第102話のネタバレあらすじ

ここからは、2月8日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第102話のあらすじをまとめたネタバレです。

千有希と光一が手作り豆腐をめぐって口論をしていると、ついには、千有希が光一に業務命合に従わないなら解雇すると宣言した。
次の日の朝、手作り豆腐の試食会で光一が手作り豆腐を作らなければ、離婚届けを提出しようと野田千有希(手塚理美)は決意していた。
黒岩麗子(菊池麻衣子)森山香子(岩崎ひろみ)は、そんな二人を心配し、祈るような気持で光一を見守る。
見かねた有沢英之(高島忠夫)野田光一(段田安則)を理佐子の病室へ連れていく。
有沢理佐子(香川京子)は、男女のことは五分五分だという。
しかし、やり直したいならそれは可能だと光一に話すのだった。
手作りとうふの試食会の日、皆が待っている中、光一がやってきた。
手には、手作り豆腐があり、喜ぶ面々。
こうして、また二人の危機は回避することができたのだ。

 

ここまでが、2月8日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第102話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第103話のあらすじを知りたい方は、第103話『海外進出』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第102話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第102話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子102話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第17週目第102話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。