ふたりっ子第113話のネタバレあらすじ!病院

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」19週目第113話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第112話「離婚を告げる」では、マサが麗子を想って、離婚しようと告げ、失踪するストーリーでした。

ふたりっ子の第113話「病院」では、無理をして将棋会館にいった香子が倒れ、病院に運ばれるストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年2月21日(金)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第113話のネタバレあらすじ

ここからは、2月21日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第113話のあらすじをまとめたネタバレです。

初のタイトル獲得をかけ、対局中の森山史郎(内野聖陽)
その姿をテレビで見ていた森山香子(岩崎ひろみ)は、妊娠中毒症にも関わらず、体を引きずって将棋会館に向かう。
しかし、将棋会館にたどり着くと、ついに倒れてしまう。
病院に運ばれた香子は危険な状態だった。
たまたま近くにいて付き添った猿渡に、香子は史郎に知らせないでほしいとお願いする。
すぐに連絡を受けて、病院に駆けつけた野田光一(段田安則)野田千有希(手塚理美)
二人は史郎に知らせようと急いで将棋会館に電話をする。
すると電話に出たのは米原公紀(桂枝雀)だった。

 

ここまでが、2月21日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第113話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第114話のあらすじを知りたい方は、第114話『死産』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第113話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第113話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子113話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第19週目第113話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。