ふたりっ子第122話のネタバレあらすじ!雨宮夫妻の訪問

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」21週目第122話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第121話「娘たちの考え」では、香子は強くなるために別居し、麗子はマサと離婚して壮平と再婚するという娘たちの考えに困惑するストーリーでした。

ふたりっ子の第122話「雨宮夫妻の訪問」では、雨宮夫妻が訪ねてきて将棋を辞めるつもりだと話すストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年3月4日(火)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第122話のネタバレあらすじ

ここからは、3月4日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第122話のあらすじをまとめたネタバレです。

史郎と別居して野田とうふ店に戻ってきた森山香子(岩崎ひろみ)
そんなある日、偶然雨宮秋彦(田口浩正)が妻子とともに訪ねてきた。
香子は、何を思ったのか、雨宮に将棋をやめるつもりだと打ち明けた。
それを聞いた雨宮は、辞めるならあの時に辞めて欲しかったと口にする。
そして、将棋を辞めて以来、一度も将棋と関わりを持たず、家族のために働いているといい、将棋をやめてもらっては困ると訴えた。
すると、香子は駒音が聞こえないとぽつりとつぶやく。
雨宮夫妻が帰った後、野田千有希(手塚理美)は、千有希は将棋をやめても幸せそうな雨宮一家を見て、香子に子どもを作って穏やかに暮らすよう勧めた。
香子もまた森山史郎(内野聖陽)と一度話してみようと前向きだった。

 

ここまでが、3月4日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第122話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第123話のあらすじを知りたい方は、第123話『絶対別れない!』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第122話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第122話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子122話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第21週目第122話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。