ふたりっ子第43話のネタバレあらすじ!一緒に食事

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」8週目第43話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第42話「正式に紹介」では、壮平が麗子を両親に正式に紹介したいと言い出すストーリーでした。

ふたりっ子の第43話「一緒に食事」では、史郎と香子が食事をしていると、壮平と麗子が現れ一緒に食事をするストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1996年11月25日(月)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第43話のネタバレあらすじ

ここからは、11月25日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第43話のあらすじをまとめたネタバレです。

例会

仮病をつかって、壮平からの招待をキャンセルした野田麗子(菊池麻衣子)
壮平を呼び出すと、真実を打ち明られないまま、別荘で一夜をともにする。
その翌日、野田香子(岩崎ひろみ)はというと例会に挑んでいた。
香子は、香車を捨てて以来、別人のように連勝を重ねる。
そして、6連勝し、たちまちに2級に復帰したのだ。

誘い

勝利したその日、史郎に声をかけられ一緒にご飯に行くことに。
するとそこで事件が起きた。
たまたま入った店に、壮平と麗子が食事をしていたのだ。
壮平と森山史郎(内野聖陽)が知り合いと言うこともあり、一緒に食事をすることになった。
窮地に陥った麗子は何食わぬ顔でごまかそうとするが、香子がボロを出してしまい、麗子が店を飛び出す。
海東壮平(山本太郎)はわけも分からないまま、麗子を追った。

 

ここまでが、11月25日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第43話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第44話のあらすじを知りたい方は、第44話『真実を告白』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第43話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第43話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子43話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第8週目第43話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。