ふたりっ子第80話のネタバレあらすじ!マサの気持ち

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」14週目第80話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第79話「1日100局」では、雨宮が銀蔵に教えを受け、1日100局指していることにショックを受けるストーリーでした。

ふたりっ子の第80話「マサの気持ち」では、仕事一筋の麗子が、マサのむなしい気持ちに少しも気がつかないストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年1月14日(火)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第80話のネタバレあらすじ

ここからは、1月14日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第80話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

雨宮が銀蔵から指南を受けていると知ってショックを受ける森山香子(岩崎ひろみ)
一方、野田千有希(手塚理美)は、芦屋に顔をだしていた。
理佐子と話をしていると、有沢英之(高島忠夫)の存在が色あせて見えると口にする。
有沢理佐子(香川京子)が、麗子たちといっしょに仕事を始めてから、有沢家では、夫婦の関係が大きく変わっていったのだ。
その黒岩麗子(菊池麻衣子)はというと、相変わらず仕事一筋で、マサのむなしい気持に、少しも気がつかず、二人の間にも亀裂が入ろうとしていた。

 

ここまでが、1月14日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第80話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第81話のあらすじを知りたい方は、第81話『駒を離れろ』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第80話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第80話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子80話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第14週目第80話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。