マッサン第35話のネタバレあらすじ!高熱

こちらでは、朝ドラ「マッサン」6週目第35話のあらすじのネタバレや、マッサンと原作の比較、感想をまとめています。

マッサンの第34話「ある仕事」では、エリーがある男に道ばたで、ぴったりの仕事があると誘われるストーリーでした。

マッサンの第35話「高熱」では、近所の健太の看病をしていたエリーが高熱を出すストーリーとなっています。

朝ドラ『マッサン』
2014年11月7日(金)放送
第6週サブタイトル『情けは人のためならず』

マッサンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「マッサン」を見逃した方は、「マッサン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マッサン』第35話のネタバレあらすじ

ここからは、11月7日に放送された朝ドラ「マッサン」第35話のあらすじをまとめたネタバレです。

マッサン35話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

隣家の梅子の息子、健太が風邪をひき、町医者が出張中。
医者の娘であるエリーが助けを求めてやってきました。
医者の娘であるエリーが助けを求めに来たのです。

エリーは健太の熱を下げるために、レモンと蜂蜜の代わりにマーマレードを使いました。
マーマレード、そしてお湯で割ったウィスキーを注いだ。
レモンやハチミツの代わりにマーマレードを使い、スコットランドの伝統的な風邪薬「ホットトディ」を作る。

苦労して仕事を見つけたエリーは、人の役に立てることが嬉しくて、いつも喜んで手伝ってくれる。
いつもお世話になっている梅子のために、健太の面倒を見たり、一晩中看病をしたりする。
彼女は健太の面倒をみて、一晩中看護をする。

翌朝、エリーの徹夜の看病のおかげで、健太の容態は回復する。

昨夜の「鴨居の王子」に比べ、ウイスキー造りの夢は挫折してしまった。
マッサンは、先に飲んで寝てしまったので、どうしたものかと思う。

マッサンは、わざわざ泊まって看病する必要はない、いい人すぎるのだという。
優しすぎて、エリーにイライラしてしまう。もう仕事を探さなくていいとも言っていた。
さらに、もう仕事を探さなくていい、家で他の仕事もしなくていい、自分が食べさせてあげると言うのです。

エリーはマッサンに「何がそんなに嫌なんだ」と聞く。エリーはマッサンに「何がそんなに嫌なんだ?

と聞くと、「それ(男が働いて家族を養うこと)が日本の常識だ」と怒鳴る。
マッサンはすぐに謝り、喧嘩を避けようとする。

彼はすぐに謝り、喧嘩を避けようとしますが、そこにキャサリンがやってきて、「そんなに主張するなら、彼に働かせて、人生を楽しませなさい」と言います。
そんなに言うなら、もっと働いて楽をさせてあげなさい」と言う。

役職のないマッサンは、食堂の皿洗いとして働きに出ます。

キャサリンはエリーに「唾棄すべき男のどこが好きなの?彼女はエリーに尋ねます。

マッサン、絶対ウイスキー作るから、今ちょっと休憩してるんだ」。

二人は笑いながら談笑していたが、突然エリーが倒れる。
エリーが突然倒れた。どうやらエリーが健太の風邪をひいてしまったようだ。

キャサリンがエリーが倒れたことを伝えに来ると、マッサンは急いで家に帰り、エリーの看病をする。
エリーの看病をしようとするが、どうすることもできない。
彼にはエリーのためにできることをするしかないのだ。

そして、滞納していた家賃の支払い期限を3日過ぎた頃、大家のヨシが家賃の集金にやってきた。
大家であるヨシが家賃の集金に来る。

 

 

医者不在の中、風邪に冒された梅子(飯島順子)の息子・健太(稲田都亜)に、エリー(シャーロット)はスコットランドに伝わる風邪薬をマーマレードとウイスキーで代用して飲ませ、徹夜で看病する。一方、鴨居(堤真一)にウイスキーづくりで先を越され悔しいマッサン(玉山鉄二)は、酒に酔い寝ていて事態が読み込めないでいた。看病のかいあって健太は元気になり帰っていくのだが、今度はエリーが倒れてしまう。

ここまでが、11月7日に放送された朝ドラ「マッサン」第35話のあらすじのネタバレです。

マッサン第36話のあらすじを知りたい方は、第36話『見舞い』へ読み進めてください。

朝ドラ「マッサン」第35話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マッサン」第35話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

まっつん!!

アバンからほっこりした時間を過ごしていたのですが、キャスト情報が流れてきて目が輝きました

まさか算タが出るとは思わなかったし、兄さんも復権!

予告では復員兵が明日来ると言っていましたが、復員兵の算田のことだったのでしょうか?

あの回は予告が流れないことがあるんですよね。

優のことかと思ったけど、算哲のことだったら、あの二人の安否はまだわからないということになるし…。

ぐるぐる回って、結果はまぼろし

そのように表示されたのです

キンタの死は、病気とかではなく、凍死ということなのかな。

その辺りの情報は全くないので、明日には説明があるかもしれませんが、ちょっと悲しすぎて、その方法に気を取られてしまいました。

中村博士

昨日に引き続き、中村博士の登場です!

なかなか面白い展開になってきたと思ったのですが、中村のキャラに全く触れられませんでした。

面白い展開を期待していたのですが、逆に家庭訪問をあっさり断られた菅波の方が空気読むキャラで目立ってました。

治す治療をしたいと言っていたが、過去に何かあったような気がする。

誰かを亡くしたとか、身近にそういう出来事があったのだろうか。

先生のキャラは嫌いじゃないので、どんどん物語に登場させてほしいです!(笑)。

ただ、濃くてめんどくさいキャラはやめてほしいです。

八方美人

千代の八方美人は嫌いだ!!!!

確かに八方美人な人は嫌いって言う人いますよね。

そう、それは私ですw

職場の同僚にそういう人がいたので、知らないわけではないのですが、今まで見た限りでは、そこまで千代に嫌悪感を抱いていないようです。

むしろ、朝ドラ「エール」の古山音にはかなりイラッとしましたw

突然の同居生活

光枝が帰ってきた、一平が帰ってきた、千代が帰ってきた、それだけです。いきなり同居を始めたのには驚きました。

今までは、お千代ちゃんとお客さんとして一緒に過ごしていたのかもしれませんが、今はどちらかというと、お千代ちゃんもお客さん側です。

つまり、一平と同じ立場!?

今後、思わぬ展開になるのでしょうか!

マスターーーー!

師匠は生きている!

ディッパーマウスも帰ってきた!よかった!でもまだ息子は帰ってきてない。

死んでしまったのだろうと予想していたのですが、まだどっちかわからないようです。

あと気になったのは、窓の外で音楽を聴いていた男の子。

あの少年は何か重要な人物なのだろうか。

まさか、グッズを盗んだのはあの少年じゃないだろうな?

顔は全然覚えていないけど、あの子はいつかまた現れるような気がするんだ。

レベルが高すぎるジョーク

万太郎が「冗談」と言ったら、絶対に笑わなければならないのがルールです。

私には、あまりにもハイレベルなジョークで、全く笑えませんw。

冗談が高度すぎるか、全く笑えないかは、意見の分かれるところですが、財閥が笑うというお約束は、どの世界でもイエスマンばかりということでしょう。

よくわからない

一平は女形はいらないと言った。

千代が新喜劇はどうかと聞くと、「私もわからない」と言った。

そんなことで切られるなんて、漆原さんはたまったもんじゃないですねー。

イメージがはっきりしていて、オンナはいらないっていうならわかるけど、はっきりわからないっていうのは、ひどすぎるよ!」と。

イメージはあるんです!

新喜劇でしょ?新喜劇ですよね?

誤解された稔

兄の稔が銀行の娘と結婚すると聞いて、一瞬にして大阪に到着した勇。

さて、殴るかと思いきや、殴られましたね?

それにしても稔さん、ちょっと怠けすぎじゃないですか?

たったそれだけのことで恋をあきらめるなら、たいしたことないじゃないか、と冷たく言い放った。

だって、そうでしょう?

その程度なら、別れた方がいいんじゃないですか?

本当に好きなら、困難を乗り越えて、私を受け止めてほしい。

アドリブゲーム

千代が戦いを挑み、最後は珍之介と対決することになりましたが、まさかのアドリブ合戦!?

ちょっと違う方向に行っているような気がしますが…。

どっちが観客を盛り上げられるか、というゲームですよね?

確かに台本通りにやれば、先日のように観客は全く笑わないかもしれませんが、方向性が違うような気がするんです。

あと、アドリブゲームということで、もしかしたら千代は蛸入道で待っているのかもしれませんよ。

写真

箕輪悦子さん、今日は写真だけ!?

まさか、写真だけでニュースになるとは、天海祐希さん、さすが大女優ですね。

そんな風に使われたから話題になったようなものですが、天海祐希さんには本当にもったいない話ですよね。

しかも同じポスターを見せるなんて、コスパはどうなんでしょう?

今後、何回で元が取れるか調べてみようと思います。

あ、逆にいいかも

千代はお芝居を頼まれて、とても悪いお芝居をしましたが、悪いお芝居をするお芝居は逆に良いのですw

何度も自分の言っていることを確認したほどです。今回の朝ドラ「お千代ちゃん」は女優になる話なので、朝ドラのヒロインである千代が女優になるためにさらに演技をするという構図になっているんです。

どういうことかわかりますか?

千代を演じている杉咲花は、千代を演じながら、さらに演技が下手になっているんです。

もうわけがわからないけど、杉咲花はいい女優ってこと!?

何が始まったのかw

五十嵐は早朝に雑巾がけをしています。

そこへ玖村蛮がやってきて、再挑戦のためのリハーサルを依頼します

まあ、案の定断られたのですが、そこで思わぬ事態が!?

思いがけず、ひなたも加わり、なぜか二人で雑巾がけを始める。

っていうか、なんで雑巾が3つも入っているんだ?

一人しかやらないなら、一人でいいじゃん。

雑巾がけバトルで一番早く拭けた人が勝ち!?勝負になれば面白かったのですが、結果的にひなたは壁に激突して次へ。

電話

荷物を受け取った百音から電話がかかってくる。

今日は電話で終わりそうな一日だったが、その日の一杯目は日本酒だった。

好きだからいいんだけど、無難にビールとかから始めたほうがよかったのでは?

誕生日に日本酒を贈る父親は、僕にとっては神様なんだろうけど、モネにとっては迷惑な話だったんだろうな。

まず金を返せ

登場したのは、運命の岡安!?

まず、お金を返しましょうね。

お前の借金は道頓堀の連中が肩代わりしてくれたんだろう?

それを承知の上で、よくぞ岡安まで…。

それもあって、岡安の人たちは警戒しているんだよ。

もう犯罪者級の扱いでした。

自己PR

いよいよ日向の自己PRの時間です!

何を話すのかドキドキしながら見ていましたが、最後はまさかの実家紹介!

私は回転焼き屋さんの娘です。場所はあそこって言ってたけど、それしか知らないの?

ちょっと微妙でしたが、司会者から応募理由を聞かれ、「時代劇と映画村が好きだからです!」と答えました。で、終わりでした。

朝ドラ「Come Come Everybody」の74回目、ヒロインなのに他の応募者に比べて紹介シーンが少なくてちょっと驚きました。

以上が、朝ドラ「マッサン」第6週目第35話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。