マッサン第50話のネタバレあらすじ!通訳

こちらでは、朝ドラ「マッサン」9週目第50話のあらすじのネタバレや、マッサンと原作の比較、感想をまとめています。

マッサンの第49話「ウヰッキー」では、鴨居がウイスキーと炭酸水を混ぜた「ウヰッキー」を売り出そうと計画するストーリーでした。

マッサンの第50話「通訳」では、エリーが鴨居から通訳を頼まれてスコットランドの貿易商と会うストーリーとなっています。

朝ドラ『マッサン』
2014年11月25日(火)放送
第9週サブタイトル『虎穴に入らずんば虎子を得ず』

マッサンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「マッサン」を見逃した方は、「マッサン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マッサン』第50話のネタバレあらすじ

ここからは、11月25日に放送された朝ドラ「マッサン」第50話のあらすじをまとめたネタバレです。

マッサン50話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

 

エリーは、鴨居からスコットランド人の通訳を依頼された。

鴨居は、ウイスキー技師を招いて本格的なウイスキーづくりをしようと考えていた。

鴨居は、エリーを通じてスコットランド人と交渉し、なんとかスコットランド人のウイスキー技師を紹介することにした。

ところが……。

仲介役のアンドリュースは、「日本人にウイスキー作りはできない」と、愚かな態度をとった。

いくらでも金をやる!」。いくらだ?
はあ……”
エリーから鴨居の条件を聞いたアンドリューは、ニタニタ笑いながら話し始めた。

日本人がスコッチウイスキーを作るのは絶対に不可能だ。どんな条件でも、スコットランドの技術者が日本に来るようなバカなことはあり得ない。

何が?

欧米に比べたら、日本は小さな島国で文化的にも劣っている。日本酒でも作ればいいんだよ。無駄なことはやめよう

アンドリュースの率直な発言に、ついにエリーはキレてしまった。

 

どうしてそんなことを言うんだ!?日本人だってスコッチウイスキーに負けないウイスキーは絶対に作れるはずだ!」。

エリーの反応を聞いていた鴨居もキレた。

“はい “と言った。エリーちゃん、こう言ってやってくれ。日本人をバカにする奴とはもう口をきかない。出て行け

出て行け!」。

 

鴨居も腹が立って、とうとうアンドリュースを追い返した。

ところが、去り際にアンドリュースが笑いながら、もっとひどいことを言った。

スコットランドにウイスキーを学びに来た日本人がいた。彼もきっと日本に帰ってきたのだろう。

 

でも、日本ではまだ本物のウイスキーはつくられていないんでしょう?やっぱり日本では作れないんですよ。

それを聞いたエリーは、その日本人がマッサンのものだと直感した。マッサンの苦労を知っているエリーは、思わず目をぱちくりさせて、涙をこらえた。

 

しかし、エリーは涙をこらえながら、断固として鴨居に「将軍様…お願いします。

将軍様…お願いします。そこまで言われると、とても恥ずかしいです…。マッサン、私をバカにしたようで、本当に申し訳ないです。

マッサンと一緒にウイスキーを作ってください。将軍 またマッサンに話しかけてください。

お願いします!」。

 

その日の夜・・・。エリーはマッサンにその日のことを話した。アンドリュースの暴言を聞いたマッサンは、ある決心をした。

 

 

 

鴨居(堤真一)とは一緒に働かないと意地を張るマッサン(玉山鉄二)に困るエリー(シャーロット)は鴨居商店に呼ばれ、スコットランドの貿易商と鴨居との会談の通訳をすることに。文化レベルが遅れた日本ではウイスキーをつくることなど無理だと主張する貿易商に対して、エリーは思わず通訳を忘れ反論し、鴨居もエリーに同調し追い返してしまう。そこでエリーは、もう一度マッサンにチャンスが欲しいと鴨居に懇願するのだった。

ここまでが、11月25日に放送された朝ドラ「マッサン」第50話のあらすじのネタバレです。

マッサン第51話のあらすじを知りたい方は、第51話『働くべき』へ読み進めてください。

朝ドラ「マッサン」第50話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マッサン」第50話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

たくさんの黒いコート

ナレーターは黒衣の桂吉弥と紹介されていましたが、黒衣の人多すぎじゃないですか?

もしかしたら、この中に主要人物となる人が混じっているのではないかと思って見ていたのですが、誰なのかわかりませんでしたw。

あと、あの人たちは一般的には「くろこ」と呼ばれていますが、文楽や歌舞伎の世界では「くろこ」ではなく「くろご」と呼ぶのが正しく、「くろご」とも読まれるそうです。

箕輪悦子さん(写真)

今日は箕輪悦子さんが登場する予定でしたが、まさかの撮り下ろし!?

写真だけのために天海祐希さんを使うなんて無駄遣いだ!とSNSで騒がれていましたが、この2枚の写真でどれくらいのギャラをもらっているのか、とても気になりますね。

お気づきになられましたか?

そして、皆さんはお気づきでしょうか?

クレジットが武井千代に戻ってたんです!

これは、すでに離婚届が受理され、法律上2人は他人ということです。

それを見た瞬間、ああ、この二人の関係は本当に終わってしまったんだなあと感じました。

あと、今日、東子さんを見ましたが、また出てきたら天海東子さんになるのでしょうか?

あれはちょっと見たくないですね:、、、。

久しぶりの英語

久しぶりの映画!

落とし前をつけた日向がうっとりしている相手は、外国人のビリー。

英語で話しても何も話せなかったヒナタですが、まさかサヨコが英語を話せるとは…!

小夜子、すご~い。

小夜、なんと稔の代役を務めています。

靖子と稔の件がまたいい感じですねー。

ひなたは、そんな完全なる離人症ですが、妄想癖もあり、それがまた引き金になるんですよね。

その妄想癖は完全に瑠衣に受け継がれていますね~。

でも、妄想癖があるのになんで杏子が好きなんだ?って質問してみる。

ワインレッドジャケット

先週の終わりに結ばれましたが、その時に着ていたワインレッドのジャケットを勝負服に選ばれたんですね~。

しかし、あの放送の後、華丸さんが「あの服は買わなきゃいけない」と言っていたので、おそらく買い直したのでしょうw

フラッグ

今日は旗が多い日でしたね。

まずは、城一郎の夢!

アメリカに行くという目標ができたそうですが、ポイントは「瑠衣ちゃんを連れて行く」ということ。

今後、アメリカに行ったときに康子さんとばったり会う可能性も大!?

いつか渡米の夢が叶うことを楽しみにしているのですが、そうなるとアメリカでのロケは可能なのでしょうか?

日本にも昔のアメリカのような場所があれば、そこで撮影があるかもしれませんが、場所によってはアメリカ人をたくさん集めなければならないので難しいかもしれませんね。

子供

一平ちゃんは可愛いけど、なんせ子供ですからね。

仮病で娘に漫画買ってもらうとかありえない。

あと、お父さんが嫌いなはずなのに、自慢げに話していたのもちょっと気持ち悪かったです。

“この人の息子に生まれたくなかった “といえば、”俺はこう見えても天海祐希の息子だ “と、どこかで父親を自慢しているかもしれない。

音楽は役に立たない

浩二に誘われたシーン。

音楽は無駄だと言っていたが、そんなに落ち込むほどのことなのだろうか。

朝ドラ「エール」のように戦時中も作曲を続け、戦後も悩んでいたのなら、彼の気持ちもわかるのですが、プロの音楽家を目指していたわけでもなく、孝治に言われて受験しただけなので、そこまで音楽に執着しているとは思えませんね。

震災にショックを受けるのはわかりますが、それを音楽と結びつけるのは理解できません。

後日、その辺のお話が聞けるのを楽しみにしています

お米の粒

今日気になったのは、社長の米粒です。

米粒といえば、京都に行ったとき、片兼さんとの会話の中で米粒を見たことがあります。

あの時はボケただけかと思いきや、今回も米粒、それも2つ!?

これは何かのフラグなのでしょうか?

次に出るときは確実に3粒までだろうけど、ちょっと、チェックポイントですねー。

あとこれは超個人的な意見ですが、おっさんの顔で米粒は食べたくないです。

今日はアバンがない!

昨日に引き続き、今日もアバンはありません。

今までの朝ドラでは、結末がなくかなり重い話になることが伝えられています。

オープニングがないままドラマが始まると、ちょっと身構えてしまいますね。

今日も、波乱万丈の展開が予想されたが、なんだかほのぼのとした結末になった。

愛想がいい!?

翌日、信子はめげずに和彦に襲いかかる。

いや、初対面でいきなり無愛想になる人は好きじゃないけど、それでももう少し社交的になろうよ?

大人になってからの宮沢氷魚が持っているような性格のまま、和彦が大人になるとは思えない。

しかも、夜、比嘉家に親子が挨拶に来たとき、先に帰るというのはどうだろう。

もう中学生でしょう?

いや、思春期というのはわかるが、この2日間の和彦の印象はあまりよくない。

メガネ

あと、もうひとつ気になったのは、一平くんのメガネ!?

千代が「劇場を使わせてください」と言った時、一平が眼鏡をかけていて、ちょっとドキッとしましたw

そんなに歳をとってしまったのかと思いましたが、よく考えてみると、設定上はまだ30代です。

もう老境に入ったと勘違いしてました。

ロングバージョン

今日初めてじゃないですか?オープニングのロングバージョン!

1番はまだ覚えていないのですが、2番が流れてきてちょっと困ります。

ブラック・ジョー

奈々さんが好きだからもういいや。!!!!!

本当に最低な発言です!

まあ、瑠衣のことを思っての発言なのでしょうが、ちょっと許せませんね。

完全にマイキーみたいな奴だな。

あれは本当に瑠衣のためにある事件で、後で嘘だと知った瑠衣もかなり激怒していた。

さて、ブラックジョーは立ち上がることができるのでしょうか?

明日の展開が楽しみですね。

先週のおさらい

今週も朝ドラ「ちむどぅす」が始まりましたね

今週は2週目ですが、先週は父・賢三が倒れるところで終わってしまいました。

今週は、ナレーションで軽く先週のおさらいをしてくれたので、2週目に入りながら思い出してみました。

それにしても、切なすぎる!

そしてOPでは、アババが生きていてさらに泣きました。

あの時は、ちょっと笑ってしまいましたが、アババを連れ出すのが鬱陶しすぎましたね?。

サンタと団吾ちゃんの過去!

そして、ここで一つ回収!

それは、サンタさんとダンゴちゃんの過去です。

お二人は「妖怪ウォッチ七変化! 隠れ里の決闘」を上映していた映画館で出会ったんですね。

でも、お客さんが二人だけって、おかしくないですか?

まあ、人気がなかったということもあるのでしょうが、それにしても二人だけ?

そして、団吾の名前はこの時すでに団吾だったんですね、サンタは変わらないということがよくわかるシーンでしたw。

以上が、朝ドラ「マッサン」第9週目第50話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。