『ひまわり』南田優役は三宅裕司!

NHK朝ドラ「ひまわり」で、南田優役を演じるのは、三宅裕司さんです。

こちらでは、ひまわりのキャスト・三宅裕司さんに関する情報をまとめています。

  • 三宅裕司さんが演じる南田優の役柄
  • 南田優のモデル
  • 三宅裕司さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

三宅裕司演じる南田優の役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

yanase tamami(@boc040404)がシェアした投稿


ひまわりのキャスト・三宅裕司演じる南田優は、のぞみの叔父です。

南田優のモデルは?

朝ドラ「ひまわり」のキャスト・三宅裕司さん演じる南田優のモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「ひまわり」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

三宅裕司さんのプロフィール

こちらでは、ひまわりのキャスト・三宅裕司さんのプロフィールを紹介します。

名前三宅裕司(みやけゆうじ)血液型B型
生年月日1951年5月3日身長176cm
星座おうし座出身地東京都千代田区

南田優役を演じる三宅裕司さんは、1951年5月3日生まれ、東京都出身、AMUSE所属のコメディアン及び俳優です。明治大学卒業後、6年間の修行期間を経て、1979年にミュージカルアクションコメディーである、劇団スーパー・エキセントリック・シアター(略称SET)を旗揚げし、座長となりました。以降、ラジオ「三宅裕司のヤングパラダイス」、ドラマ「いい加減にします!」などで人気を博し、その人気を活かして、映画「サラリーマン専科」などに出演し、俳優としても活躍している珍しい人物です。

中学生の頃は、ベンチャーズの影響をうけて、バンドを結成し、ドラムを担当していました。さらに高校に進学後は、バンドを組み、音楽に没頭したり、落語研究会を設立したり、活動的な青年であったとされています。大学進学後は、落語研究会に所属するなど、音楽以外の芸能事にも、さらに活動の幅を広げ、将来のコメディアンや俳優としての素養を備えていったとされています。同大卒業後は、両親に「5年間だけ、ただメシを食わせてくれ」と頼み込んだように、売れるまでが非常に厳しい芸能界で芽が出てくるまで、時間がかかることを念頭に、芸能活動に注力します。28歳の頃に、ミスタードーナツの社員研修用ビデオに出演するなど、小さいながら仕事が舞い込んでくるようになったものの、結局、9年間は売れるまで時間がかかったとされています。

先述のように、1979年に小倉久寛さんらと、幅広いジャンルの舞台を上演するために、特定のジャンルにこだわらず、多くの人気を集めるという“総合芸術”を標榜し、東京公演だけで1万6千人もの動員に成功した劇団スーパー・エキセントリック・シアターを旗揚げし、以降、活動の幅を広げていきました。1983年には、「高橋幸宏のオールナイトニッポン」にレギュラー出演し、同劇団は注目を浴びはじめます。さらに、1984年にはSET名義のアルバム「THE ART OF NIPPONOMICS」をリリースし、注目を集めていきました。

同年には、「三宅裕司のヤングパラダイス」のパーソナリティを務め、知名度を上げていくと、1985年には、ドラマ「冗談ストリート」で俳優デビューも果たします。翌年の1986年には映画「四月の魚」で映画初出演を果たし、俳優としても活動の幅を広げていきました。映画では、1989年「満月のくちづけ」、1995年から1997年の「サラリーマン専科」シリーズ、1996年「スーパーの女」、2000年「週刊バビロン」、2003年「壬生義士伝」、同年「釣りバカ日誌14」、2004年「ドラッグストアガール」、同年「ロード88」、2006年「佐賀のがばいばあちゃん」、2007年「恋しくて」、2008年「結婚しようよ」など多数の出演があり、特に、2003年に出演した「壬生義士伝」では、シリアスな演技が評価され、第27回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しているように、演技力にも定評がある人物です。さらに、ドラマでは、1979年「俺たちは天使だ!」、同年の朝のNHK連続テレビ小説「マー姉ちゃん」、1982年「天まであがれ!」、1986年「一家団欒物語」、1996年の朝ドラ「ひまわり」、2008年「魔王」、2012年から2015年「遺留捜査」、2014年から2016年「金沢のコロンボ」、2015年の朝ドラ「あさが来た」、2017年の朝ドラ「ひよっこ」など、多数の出演がある人物です。

また、俳優以外にも、バラエティ番組へも進出しはじめ、同年「テレビ探偵団」、1989年の「いかすバンド天国」などで人気を博し、お茶の間の人気者として、世間に知られていきました。1995年には、「THE 夜もヒッパレ」、1997年「どっちの料理ショー」と、数多くの番組を盛り上げる名司会も務めあげ、マルチエンターテイナーとしての才能を如何なく発揮していきました。プライベートでは、1986年に結婚しており、娘さんと息子さんの父親でもあります。

2020年以降も、70歳を超えてもなお、多方面に出演しており、2020年「きらきらアフロ」、同年「ボクラの時代」、2021年「孤独のグルメ Season9」、2022年「ももクロちゃんと!」、同年「めざましテレビ」、同年「Premiumu Music 2022 MISIA ヒゲダン名曲&ヒッパレ復活企画」、同年「ワカコ酒 Season6」と、ドラマ、バラエティ、音楽とマルチな才能は健在と言える人物です。

2022年には、SETのミュージカルアクションコメディー「堕天使たちの鎮魂歌~夢色ハーモニーは永遠に~」を、2022年10月21日から11月6日まで、東京での公演を予定しています。こちらは秋田県でも公演が予定されており、年1回の公演を楽しみにしているファンにとっては、非常に楽しみな公演となっています。また、SETでは次世代育成のために、「劇団こどもSET」を2017年に設立しており、2022年8月24日から26日まで、「太秦ラプソディ~看板女優と七人の名無し」の公演を予定しています。このように、70歳を超えてもなお、精力的に活動している珍しい人物で、今後も日本の芸能を盛り上げてくれることに期待したい人物の1人となっています。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「ひまわり」が放送された1996年当時の三宅裕司さんの年齢は、44才です。あれから26年経っていますので、三宅裕司さんの現在の年齢は、70才(2022年現在)になります。

今何してる?

三宅裕司さんは、現在も俳優女優業を続けています。直近の出演作品は、

彼女は?結婚してる?

三宅裕司さんに、現在彼女がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、

所属事務所は?

三宅裕司さんの所属事務所は、アミューズで、麻生真彩さんや奥智哉さん、石森太二さんなどが在籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、ひまわりのキャスト・三宅裕司さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

朝ドラ「ひまわり」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「ひまわり」のキャスト一覧です。

朝ドラ「ひまわり」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄