ひまわり第12話のネタバレあらすじ!辞表を提出

こちらでは、朝ドラ「ひまわり」2週目第12話のあらすじのネタバレや、ひまわりと原作の比較、感想をまとめています。

ひまわりの第11話「」では、ストーリーでした。

ひまわりの第12話「辞表を提出」では、のぞみは悩んだ末に辞表を提出するストーリーとなっています。

朝ドラ『ひまわり』
1996年4月13日(土)放送
第2週サブタイトル『出るクイは打たれるの?』

ひまわりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ひまわり』第12話のネタバレあらすじ

ここからは、4月13日に放送された朝ドラ「ひまわり」第12話のあらすじをまとめたネタバレです。

ひまわり12話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

福島工場への転勤を命じられたのぞみは、悩みぬいた末に決心し、辞表を出す。

のぞみは、自分も周りの誰もが犠牲になることなく、心地よく働けることを目指すと春日に告げる。

これに対し、家庭の幸せも仕事のキャリアも全てを手に入れよとする利己的で強欲な考えが嫌いだと言い放つ春日。

だがのぞみは、欲張るには勇気が必要であり、勇気を持って自分の望みを叶えられるよう頑張ると宣言するのだった。

 

ここまでが、4月13日に放送された朝ドラ「ひまわり」第12話のあらすじのネタバレです。

ひまわり第13話のあらすじを知りたい方は、第13話『職業安定所』へ読み進めてください。

朝ドラ「ひまわり」第12話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ひまわり」第12話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

 

名言!?

 

るいちゃんは、清掃員の仕事が大好きでした。

朝ドラ「カムカムエブリデイ」41話の始まりは

まず、ナレーションで瑠衣の心情が丁寧に説明された。”シャツの汚れを落とすたびに、過去のしがらみから解放されると信じて……” 名言のような気もしますが、内容を考えるとちょっと…。過去のしがらみというのは、靖子のことでしょうか?過去のシーンで、るいちゃんは康子とロバートが抱き合っているところを目撃していますが、あの時、るいちゃんは何を思い、何を勘違いしていたのでしょうかね。

大人から見ると、小学校の入学式をサボって男とイチャイチャしていたんだろうけど、小学1年生がそこまで考えられるかどうか。

小学1年生がそこまで頭が回るのかどうか。小学5年生でも純粋に「どうして赤ちゃんは生まれてくるの?」と聞いてくるし、ましてや小学1年生に性別がわかるとは思えないんです。

そうすると、ロバートは自分より大事な存在だと思ったんですね。

自分が重要でないと思ったのでしょうか?

愛情を感じなかったわけでもないし、今回だけ嫌いって言うほど好きじゃなかったわけでもないでしょう。

今後明かされることなのか分かりませんが、ぜひその時の瑠衣の気持ちが明かされることを期待したいです

振られるパターンのやつ!

 

今日は大きな展開はありませんでしたが、あるとすれば、恋の予感です。

いちゃもんをつけてきた詐欺師を助ける男、弁護士の卵! そして、瑠衣の心には、恋の始まりである淡い色が見え始めた~!でも!?しかし!朝ドラのお決まりのパターンでは、初恋はほとんど叶わない!?なんらかの形でフラれるパターンだと思うのですが。

この恋は、何らかの形でフラれる恋だと思います。相手に女性がいて勝手に振られることもあるかもしれませんが、この恋は絶対に終わらないと断言させてください。

サンタはサンタ!?

 

ついに今日、彼の名前がサンタである理由がわかりました クリスマスの日にサンタクロースが帰ってきた。

というのも、この日は、「サンタの日」だったのです。そこから作ったのなら、キンタは決まってからのキンタですよね?

父親もまさかキンタと名乗るとは思っていなかったケースですねー。

ビツリはどこに行くんだ?

 

新が部屋を出た途端、「親がどう思おうが関係ない」みたいな感じで、美都里が登場! ビンタされるかと思いきや、まさかあんな展開になるとは…。

一方、彼は両親を亡くしているので、親の気持ちがわからない。

親を思う気持ちは誰しも同じ。

そんな気持ちがタンタに伝わればいいなと思ったシーンでした。

ただ、気になったのは、美和がおとなしすぎたこと。

先日、YOUさんがテレビで「とにかくひどい!」とおっしゃっていました。今後、康子の身に何かとんでもないことが起こるような気がしてならないのですが、今日のほっこりするお話で、康子の行く末が少し分からなくなりました。

あずきさんの声を聞いてください

 

今日のほっこりストーリーは、どこに向かっているのかよくわからない。

ただ、この話をする職人さんはたくさんいて、本当に実践したら聞こえるようになるのかなと思います。もしかしたら、「おいしくなあれ!」みたいな、魔法の呪文みたいなものなのかもしれません。

とにかく、今確実に言えることは、小豆が食べたくなったということです。

2話にして早くも成長!

 

2話にして、もえちゃんに名前がついた!?これって早すぎませんか?朝ドラの場合、幼少期を見せるのに1~2週間くらいかかることが多いんです。

それなのに、2話で登場!!! 幼少期の話なんて全くないかと思いきや、こんな登場は初めてです。

女の子と男の子

 

昔話がある。

こんな登場は初めてかもしれませんね。

やすこさんがやりたいなら、やらせてあげればいいじゃないですか!?

お見合い結婚

 

いよいよお見合いトーク! どんな風に話すんだろうと思っていたら、唐突すぎ!って思いました。お見合いするかどうかの軽いノリにちょっと引いてしまいました。小豆を作る農家の娘だからと選ばれても、祖父母が恋をしているようで嫌なんですけどね。小豆を作る農家の娘だからと選ばれるのは嫌だ。

で、いきなり次の日の朝からやすこちゃんが大阪に行っちゃうんですよ。

ある意味、家出みたいなものですが、こしづはきぬちゃんに相談して、叱られました。どっちがお母さんかわからないけど、きぬちゃんが一番わかっていそうなのがおもしろかったです。

 

ムービーコレクション

 

やすこさんは大阪に行き、みのるさんに会うことができました!(笑)。大阪では、あっという間に、映画を観に行くフラグが立ちましたね。

映画を観て、ご飯を食べて、お別れした後のエピソードのオープニングも何だか新鮮な感じでした。

したことのない12分の前衛的な展開で、あっという間の15分でした。

 

 

新しい木の机 デンデンさんに新しい木の机はいかがですか?モネたちが提案する。

そして、デンデンさんの疑問を松陽さんがすべて説明する。

政府の地産地消、補助金という流れはあまりにも生々しい。確かに補助金は強力だが、入札の最後に大逆転されるのではないか?まるで再起をかけているベンチャー企業のようだ。重い機械で木を持ち上げて、枝を取り除いたり切ったりする便利なアイテムです。

実際にこの機械を見たことがあるのですが、一人で何でもできるのがすごいですね。

昔は人がやっていたことなので、かなり改善されていると思います。

また、皆さんは木を切ったことがありますか?たまたま機会があってやってみたんですが、全然切れないんですよ。切ることはできても、ノコギリを何度も引いたり押したりしても、なかなか進まないんですよ。木を切るのは本当に難しいということを知ってほしいのです 山の中のお天気熊さんが、「あっちは天気が崩れるから、今日はやめてくれない?そんなに変わるのかと思っていました。

迷っています。

そうなんです。!!!! 私も本当に考えました。

これだけ地形が変われば、天気も変わりますよね!?それはわかるけど、あの晴れた日は?見ましたか?めちゃくちゃ晴れてましたよね。

あんなに晴れているのに、どうして雨が降るの?その光景には納得できない…。モネは、次の絵本から天気のことを学び始めた。

次はモネが絵本から天気のことを学び始めたが、すぐに絵本を買ったことがばれてしまった。”なぜ?”の次元が高すぎるんですよね。

菅波さんも深刻な顔をしていた。

そして、降雨の原理がわかったところで、!!!! あっという間にお正月休みが終わってしまいますね。そして今回は、見送りもせずに一気にトメに戻ってきました。

やはり、社会人は忙しいのだなと実感しました。

あっという間に過ぎたお正月休みだけでなく、気象予報士の試験もありました。

気象予報士試験では、気象予報士の資格を取得することができます。

最近では、朝ドラ「エール」で、音さんがすごい勢いで役に抜擢されたシーンがありましたが、それについても批判的な意見が多かったですね。

百音の奇跡は、試験を受けた後に起こるのではないかと感じていましたが、おそらく合格しなかったのでしょう。

もし彼女が合格していたら、「気象予報士の試験を甘く見すぎている」というクレームが来ていたかもしれません。

喘息のせいなのか、雰囲気のせいなのかはわかりませんが。

雰囲気的に喘息ではないかもしれないと気づいたのかどうかはわかりませんが、最後には死んだ姿を見せることになるのではないかと思っています。

でも、年寄りだからテーブルと椅子はいらないという理由でキャンセルするなら、正しいキャンセル料を払っていることになるよね。森林組合の人たちは困った顔をしていたので、キャンセル料はもらっていないと思いますが、一方的にキャンセルするのであれば、それなりに払うべきです。

酎ハイああ、シンジ君はずいぶん飲んだようですね。

ストロングタイプの酎ハイ500mlを何本空けたんですか?

奥さんが亡くなって悲しいのはわかりますが、息子さんが頑張っているのに、そこまで必死になるのはどうかと思います。

余談ですが、この時点では南さんが生きていることを直接示すものはありません。

それでも、物語の雰囲気としては亡くなっているので、彼女の悲しみが痛いほど伝わってきます。

この後、「話し相手がいない」といった言葉が出てきましたが、「死んだ」という明確なキーワードはなかったので、推測するしかないのでしょう。

土木技術者としてどうやって生計を立てているのか気になっていましたが、ちゃんと仕事をしていたようですね。

土木作業員として働きながら、少しずつ借金を返しているのは立派ですが、なんとか立ち直ってほしいと思います。

自分のためではなく、息子さんのためにも立ち直ってほしいです。

俺が歌ってやるよ!」。そこに登場したのが、りょうちんだった。

歌を歌おう!」。止めようとした浩二が勢いよく突き飛ばされたのには少し笑ってしまったが、父と子の傷はまだ癒えていないようだった。

でも、一生治らないと言っているお父さんはどうなんだろう?

1日8時間以上の勉強は、この日は絶対に勉強していませんよね。

むしろ、実家に帰ってきてからは、ほとんど勉強していないのではないか!?今日の朝ドラ「おかえりモネ」の感想は、「明日は頑張って受験できるところまで行ってほしい」ということで締めくくりたいと思います。

それはきっと二人のためだと思います。

ちょっと強引ですが、姉妹で車を共有しているようです。

というか、りょーちんに連絡して呼び出せばいいんじゃないの?朝ドラ「おかえりモネ」が始まった頃は、普通に長浦家に来ていたので、一人で来ればいいのです。

の外に出ないで逃げるとは思えません。

 

 

以上が、朝ドラ「ひまわり」第2週目第12話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。