ひまわり第129話のネタバレあらすじ!アルバイト

こちらでは、朝ドラ「ひまわり」22週目第129話のあらすじのネタバレや、ひまわりと原作の比較、感想をまとめています。

ひまわりの第128話「面接調査」では、子供を連れ去った母親に面接調査をするストーリーでした。

ひまわりの第129話「アルバイト」では、也が桂子の行きつけの喫茶店でアルバイトを始めるストーリーとなっています。

朝ドラ『ひまわり』
1996年8月28日(水)放送
第22週サブタイトル『一難去ってまた一難?』

ひまわりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ひまわり』第129話のネタバレあらすじ

ここからは、8月28日に放送された朝ドラ「ひまわり」第129話のあらすじをまとめたネタバレです。

ひまわり129話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

のぞみ(松嶋菜々子)はそっけない態度をとる星野(上川隆也)に、なぜ自分を無視するのかと詰め寄る。星野は真剣な顔でのぞみを見つめ、改めてのぞみが好きだと言う。「だからニヤニヤ中途半端な態度で君に接するのはやめたんだ」と、訳を話し去っていく。達也(遠藤雅)は桂子(風吹ジュン)の行きつけの喫茶店でアルバイトを始める。「ほんと、1か月だけだから」と言う達也に、桂子は嬉しいような、困ったような複雑な心境だ。

ここまでが、8月28日に放送された朝ドラ「ひまわり」第129話のあらすじのネタバレです。

ひまわり第130話のあらすじを知りたい方は、第130話『調停が難航』へ読み進めてください。

朝ドラ「ひまわり」第129話の感想まとめ

こちらは、朝ドラ「ひまわり」第129話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ダイジェスト

今日から朝ドラ「おかえりモネ」が始まりました。

週の初めということで、いつも通りのダイジェストですが、今回はかなり昔にさかのぼったダイジェストでしたね~。

何もできなかった」「がんばるぞ! というシーンはちょっと感動的でしたが、先週は一生懸命勉強しているシーンがほとんどなかっただけに、必死さが伝わってきませんでしたね。

まだ弾けない

先週は桃太郎と日向の喧嘩で終わりましたが、いきなりジョーがトランペットを出してきましたね。

まさか弾けるのか?とドキドキしていたのですが、弾けませんでした。

音は出るのですが、初心者のような粒ぞろいの音で…。

あれからかなり時間が経っているので、もしかしたら秘密の特訓をしていて克服したのかもしれないと少し期待しましたが、子供たちは何も知らないので、一体何をやっているんだ! って感じでしたよ。

その時の瑠衣の表情が痛々しくて…。

言わないんですか?

すーちゃんは、百音と先生が会っていることを知っています。

今回ばかりは、彼女の主張に賛成です。!!!!

気持ちを伝える気がないってどういうこと!?

相手からの告白を待つパターンか、両想いにならなくてもいいパターンか。

それとも、相手からの告白を待つパターンなのか、それとも、お互いに恋心を抱かなくてもいいパターンなのか?

いくら小学生カップルでも、進展してほしい!というのが視聴者の意見です。

地雷

千代は岡安について、最初から地雷を踏んでしまいました。

女中頭の亀さんにとっては地雷でしたが、まあ、「おかめさん」がNGワードと言われると、ちょっと自信がないのが普通でしょうか…。

風が吹いて、逆手に取られたことが一発でわかるシーンは新喜劇のようですw

あと、このあと鼻で笑われるかと思いきや、教えることの大切さを痛感しました:!!!(笑

亀さんのやる気スイッチはどこにあったのでしょうか?

いや、教える気満々というより、教えるふりをしながら意地悪をする気満々だったのかもしれませんね。

まあ、あんなに一気にやれと言われて一発でできる人ばかりではないですからね。

あと、最後のネズミで一発で忘れたっていってましたが、ネズミも食べていいんけ?っていうのかも思っていたら、そこは逃げてなんですねw

モデルチェンジ!

そして、時代を感じるといえば、もうひとつ!

モネちゃんの携帯電話が変わっていました。

まあ、相当使い込んだのでしょう、もう少しお金に余裕のあるときに新機種に変える時期だったのでしょう。

時間にしてたった2分だが、パイセンになってからモネはずいぶん成長した。

ホイサッサー

その表情は笑う寸前ですか?

一平ちゃん、絶妙な表情してましたね。

それにしても、全部持っていかれましたね、ナレさん。

ワン・ノーツ・ノー・ホイササ~ってなんなんでしょう?

そして、「わんのつのほいさっさ~」の時の一平くんの口元が丸くなってるのが、とても素敵でした

そして、まるで幻のように消えていくところ。

あと、今日も「いきまーす」は言ってましたが、「ほいさーす~」は初めてですよね?

相互尊重

ヒナタは、バン・ヒマツラから在日を救うように言われた。

いやいや、そんなことできないよ!”と。帰り道、彼女はまたあの無愛想な男に遭遇してしまった。

しかも、道端に倒れているという謎の事態に。

彼はカツアゲの練習をしていたのだろうか?

このやりとりの中で、お互いの名前がわかったことが前進のきっかけとなる。

五十嵐です! 五十嵐の由来までわかったが、嵐の50倍というのがどれだけ凄いのかピンとこない。

そして、お互い相手のことをバカにしていましたが、本当にお互い様でしたね!

お二人とも同じ穴のムジナみたいですね。

崖から落ちた!

義男は行方不明ですが、滑った時はかなりの急斜面だったようですね?

崖かと思いきや、俯瞰のシーンでは明らかに平らな場所に倒れていました。

おかしいと思いませんか?

せめて小さな崖から落ちたのなら危ないからわかるけど、道端のちょっとした段差のある平らな場所に仰向けで寝ていたわけでしょう?

しかもそこで一晩過ごしたとなると、低体温症で大変なことになっていたのでは!?

今は亡き流星丸がとても白い息をしていたことから、舞台は完全に冬なのでしょう。

とても貧しいということなど、もっとリアルな設定にしたかったという思いがあります。

恩を売れ!

髪を結んだことが何につながるのかと思いきや、千代は見事に恩を売ったのです

弥生との仲は深まった?

一応、ローンを組まずに役を得たのですが、そもそもの問題は千代にあることが判明!

髪を結ぶ練習より、まず演技を学ばないと、役が決まっても前に進めない。

弥生に関しては、嫌な奴だと思っていましたが、筋を通す人だと知って、少し印象が変わりました。

どちらかというと、カフェ「キネマ」の陽子さんの方がタイプです。

プレイボーイ

一方、一平はプレイボーイとして戻ってきました。

天海 天海がいたころの人気はなくなってしまったようで、万太郎菅家一門とはまったく違う印象でした。

そうなんです。

芸の道は険しいですからねー。(;´Д`)……どうなんでしょう。

あんな遊び人がいる劇団なんて、たまったもんじゃないですねー。

一平ちゃんの小さい頃を知ってるから、やっぱり頑張って欲しいけど、子供の頃の一平ちゃんを見てると、ちょっと親バカになっちゃうかな?

浜ちゃんは猛烈なメッセージを放ちましたが、どちらかというと、私も浜ちゃんと同じ気持ちです。

父親がある意味偉大すぎて、子供が挫折する話はよく見かけますが、ちょっと遊び人の一平くんは違いますね。

なんというか、頑張っている姿が見えないというか。

まだ若い頃の1話しか見ていないので、これからなんですけど、今日の印象はそんな感じです。

はな

そして、この日一番のショックは、ハンナが亡くなったことでした。

先週まで頑張っていた彼女が呪われたとは思えないが、病状のシーンがないため、あまりピンとこない。

そして、ハナの月命日に岡安を訪ねた千代。あの小太郎軍団を千代が受け継いだのでしょうか?

葬儀には光太郎軍団が来ていたはずですが、きっと千代が受け継いだのでしょうね~。

振り返らず!

久しぶりに振り返らない日が来ましたね~。

まあ、1週間か2週間ぶりかな?

今日は出演者がかなり多く、盛りだくさんだったからかもしれませんが、内容が詰まっていると盛り上がりますね。

SNSで振り返りがなかったのは、ある意味驚きで、逆転の発想だと思いましたw。

コントラストが旗印

正直、今日は辛かったです。

康子とロバートが仲良くしているシーンと、優が野球を頑張っているシーン。

野球のシーンは、今日の試合で勝ったら告白しようと思っていたとか、そんな内容だったと思います。

でも、逆にロバートと仲良くなるシーンは、どう考えてもロバートと一緒になるフラグですよね!

今日は優ちゃんのことを考えると、ちょっとしんどかったです、、、。

ネバーエンディング

千代はすっかり落ち込んでいました。

何もする気が起きないというのはわかるが、昼まで寝ていてそんなに生活習慣が変わるものなのだろうか。

お茶子の頃も、結構夜更かししていたような気がするのですが。やっぱりカフェは夜中までやっていたのだろうか。

夜更かしは仕方ないとして、黒木さんはとても意味深なことをおっしゃいました。

本当にそう思う?”

まあ、わかっているんだろうけど。

千代が活動写真に登場することが決まれば、当然、女優になるつもりで応えたのだ。

その話が本当なら、周りはライバルであり、宮本もそう思っていたに違いない。

目つきの悪い行動

百合子さん演じる井川遥が、マントのようなものを脱いで勢いよく登場。

こちらも夕方から再放送中の朝ドラ「純情きらり」で杏子役を演じている井川遥さんですが、印象が全然違う!?

杏子は天使のような性格で、誰にでも優しいのですが、百合子の目は挙動不審に見えてしまいました

以上が、朝ドラ「ひまわり」第22週目第129話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。

朝ドラファンの皆さんのコメント!