ふたりっ子第68話のネタバレあらすじ!麗子の訴え

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」12週目第68話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第67話「男のブライド」では、男のブライドを傷つけられたマサが麗子を突き放すストーリーでした。

ふたりっ子の第68話「麗子の訴え」では、麗子や銀蔵や米原に香子と史郎の交際を認めて欲しいと訴えるストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1996年12月24日(火)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第68話のネタバレあらすじ

ここからは、12月24日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第68話のあらすじをまとめたネタバレです。

麗子と香子の仲はぎくしゃくしていた。

香子は「森山さんとは絶対いっしょにならへん」と言い切る。

そして、史郎に兵庫県・香住の舟小屋で会おうと言われたが、行くつもりはないと麗子に告げる。

翌日、将棋センターを訪れた麗子は、銀蔵(中村嘉葎雄)に香子と史郎の交際を認めてくれと必死で頼む。

史郎と香子の結婚を応援する麗子。

銀蔵に香子の結婚を許してほしいと訴える。

米原のもとを訪ねた麗子は「スポーツ選手でも、俳優さんでも、同業者の夫婦はたくさんいます」と熱弁。

ここまでが、12月24日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第68話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第69話のあらすじを知りたい方は、第69話『改めてプロポーズ』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第68話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第68話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子68話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第12週目第68話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。