ひまわり第15話のネタバレあらすじ!会社の面接

こちらでは、朝ドラ「ひまわり」3週目第15話のあらすじのネタバレや、ひまわりと原作の比較、感想をまとめています。

ひまわりの第14話「怪しい行動」では、大飼サチの怪しい行動にのぞみが気づかないストーリーでした。

ひまわりの第15話「会社の面接」では、会社の面接を多く受けるが、うまくいかず現実の厳しさを知るストーリーとなっています。

朝ドラ『ひまわり』
1996年4月17日(水)放送
第3週サブタイトル『旨い話にゃ毒がある?』

ひまわりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ひまわり』第15話のネタバレあらすじ

ここからは、4月17日に放送された朝ドラ「ひまわり」第15話のあらすじをまとめたネタバレです。

ひまわり15話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

のぞみ(松嶋菜々子)は朝刊の求人欄から仕事を探し、片っ端から面接に行く。あずさ(夏木マリ)、薫乃(藤村志保)、うらら(佐々木すみ江)は3人で昼食をとりながら心配するが、のぞみは全滅。大学の法学部出だという以外、何も引っかからないと言われる。再び職安に行き、求人カードを見ていたのぞみは、犬飼(沢田亜矢子)の姿を見つけ、地獄に仏とばかり駆け寄るが、犬飼は、もう他の人が決まったからと、冷たく去っていく。

 

のぞみは何度も面接を受けるが、現実は厳しく、希望の会社に就職することはできない。

 

ここまでが、4月17日に放送された朝ドラ「ひまわり」第15話のあらすじのネタバレです。

ひまわり第16話のあらすじを知りたい方は、第16話『純一郎たちの訪問』へ読み進めてください。

朝ドラ「ひまわり」第15話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ひまわり」第15話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

友達!敵だ!

 

瑠衣は、なぜ一緒に行ってはいけないのか、と尋ねた。

その問いに答えられず、感じたままを口にする雪井だったが、その不穏な気配は何だったのだろうか。そんな感じなのだろうか?いや、ゆきぃの表情から、優のことが好きなんだなぁというのが伝わってきます。

彼女はおそらく、悠が靖子に恋していることにも気づいている。

佑希は靖子のことを好きなんだ。このままでは、瑠衣に事実と異なることを告げて洗脳しようとするのではないでしょうか。

朝ドラ「カムカムエブリデイ」はここにきて昼ドラ化?例によって、楽しみな展開と言えそうです ワクワクする展開と言いたいところですが、さすがに靖子には幸せになってほしいという思いの方が強いです。

 

マスター!

 

師匠!生きてたんですか!?ディパーマウスも復活したから良いけど、息子はまだ帰ってこない。

死んだと思ったが、まだどっちかわからないようだ。

窓の外で音楽を聴いていた少年も気になりました。

あの少年は何かの重要人物なのだろうか。まさか、おはぎを盗んだあの少年ではないだろうな?顔を全く覚えていないけど、あの子はいつかまた現れるような気がする。

 

いや、怪しいって言ったじゃないですか!?

 

坂エムゾウが突然来たんだ。

明日の朝9時に映画村に来るように言って出て行ったが、怪しすぎるぞ!?瑠衣は「そんなことしないでよ! でもひなたは行くんだ! というのが私の予想。

いやいや、瑠衣の言うとおりだ! まず、最初のやり取りで、この二人が伴恵三であることに気づいていないことが分かりました。

そして、いつになったら気づくのだろうと思った。いつバレるんだろうと思っていたら、1分もしないうちに、瑠衣も伴纒向であることがわかり、変なことはしないようにしようと思って、許可したんです。

 

お互い様なのだ。

 

日向は伴纒向から時代劇を救ってほしいと頼まれた。

いやいや、そんなことはできない……”。その帰り道、またあの無愛想な男に遭遇する。

帰り道、またあの無愛想な男に遭遇、しかも道端に倒れているという異様な状況。

切られる役の練習でもしているのだろうかと思った。このやり取りで進展したのは、お互いの名前が分かったことだ。

五十嵐です! とか、お互い相手のことをバカにしてたけど、本当にお互い様なんですねー。二人とも同じ穴のムジナみたいだ。

戦闘に入る

 

最初から学徒動員だ! 稔の出征も決まりました。

ナレーションで展開の早さに少し驚きました。

今週はあと1話なので、急展開で2人の運命が決まりそうでドキドキしました。

二人のキューピッド

 

今日も絹ちゃんは大活躍。

またまたいい仕事してますね~ そしてもう一人のキューピット、ゆうちゃん まだ出征する年齢ではないようですが、靖子の気持ちを見抜き、何をすべきか、自分の役割は何かをきちんと理解している優くん。

優は辛いだろうけど、好きな女性の幸せを願って行動しているんですね。

最初は「この人! でもここで、優がいい人すぎるんです。

死亡フラグ

 

そんな中、金太郎は畑仕事で腰痛が悪化。

ナレーションでは、「金太郎は腰痛が悪化し、肺の病気にもなりました。予告編を知らなくても、そうなることは分かっていた。

どうやって死ぬんだろうと思っていたら、腰痛のこと、そして肺のことを言われて…。予想がつかない・・・。

完全にハマってしまいました

 

やすこさんは、アルファベットも知らないのに、すっかり英会話教室の虜になってしまいましたね。応援したくなりました。

ふと、私も英語の教科書の読みをカタカナで書いていたことを思い出しました。数年後には普通に英語を話せるようになると思いますが、彼女がネイティブなのか、日本人なのか、気になるところです 個人的には後者を希望していますが、彼女が英語のネイティブスピーカーになるのか、日本語のネイティブスピーカーになるのかはわかりませんね あと、英語の辞書というと、朝ドラ「花子とアン」を思い出しますが、花子は先生に謝りたい、本を読みたいという理由で英語を真剣に学び始めましたが、朝ドラ「あぐり」でも英語の辞書をもらっていましたね。朝ドラ「あぐり」では、英語の辞書ももらっていたので、ちょっと重なるところがあり、懐かしい感じがします。

 

ゆうはみた!」。

 

優ちゃんは、2人で見た! 優にとっては大きなショックでしょうね~ 康子はちょっと好感度オーラを出していますが、この時、稔はどう思うのでしょうね。でも、夏祭りでのあの発言は本当に小心者だなぁと思いました。

靖子が好きなのはバレバレだし、靖子に好かれようとしてるんじゃなくて、諦めさせようとしてるんだろうな。しかも、店によっては明日帰るということをなぜ知らせる必要があったのだろうか。知らせたことを謝るよりも、リ

 

 

 

 

 

我慢大会でモネと涼ちんを見つけ、喫茶店に入った。

なんと、りょうちんの想像上の会話だったのです。私が寝てしまうとすぐに「寝ないでください」と言っていました。

“これは何かのフラグですか?それよりも、喫茶店の営業が気になります。

寝てはいけない喫茶店の名前も気になりますが、10時までには間に合うとのことなので、そんなに遅い時間ではないと思います。

というか、この2日間の時間軸はどうなっているんだ?午前中だと思っていたけど、10時前ということは、菅波先生はあまり早く来ないのか!?本当は1分1秒単位で説明してもらいたいんですけどね。

これでは何もわからないですね。

ちょっと精神的に弱っているようなので、ちょっとショックを受けているのかな。お姉さんに言われた意味深なことを、彼女はそんなに気にしていないと思うんです。姉が言った意味のあることを、彼女はそんなに気にしていないと思う。

私はこれをどうしたらいいのかわからないけど、将来的にはいいことがあると思うわ。

付き合い始めの続き田中さんから付き合い始めの続きを聞きましたが、田中さんのお母さんに対するイメージが大きく変わりました。

今の彼女は変わらないが、音楽的な音色には影がない。

断片的な話ではありますが、どちらかというと田中さんがいかにディスられたかという話でした。私はそれを見て、「ああ、そうか」と納得した。一昨日は、今にも消えてしまいそうな顔をしていたが、昨日、今日はとても生き生きとしていた。

これで今週の放送は終わりましたが、ちょっとやりすぎたかなという気がしました。

会えないというのは想定内でしたが、そこに親御さんを入れて、最後に盛り上げて終わるというのは、ちょっと無理があったのではないでしょうか?もし、そこに元妻たちが来ていたら、完全にミスリードだったと思います。

来週は、彼らが来た理由を聞けるといいですね…. いや、300年はすごいけど、たった1本の木なんだよね。その木を能の舞台にするというのであれば理解できますが、ただ切り倒すというのであれば、ちょっと大げさかなと思いました。物語の中では、柱を返すのは数十年後だと言ってモネにプレッシャーをかけていましたが、彼の心はそこにはありませんでした。

誰もがモネに山の後継者として期待しているが、彼女はどうなるのだろうか…. そう言われると、東京に行きたいってことですよね?そういうことなんだよ。

誰が見てもそうなることはわかる。

でも、モネはその先にあるもの。

気象予報士をあきらめる!?いやいや、そんなことはどうでもいいんです。!!!!私は気象予報士をあきらめる!?なんて言ったらいいのかわからない。

どうして、どうしてそのような結論になったのか、本当に聞いてみたいのです。

どうやってその考えに至ったのか、彼に聞いてみたいと思います。きちんと訂正する菅波さんは、相変わらずの正論の持ち主ですが、今日の会話の流れは本当に悪いと思いました。そうなんですよねー。他に道はないんだから。

まっすぐな道だよねー。私の言っていることは、きっと理解してもらえると思いますよ。

私は、そのように考えています。しかし、私は、そのようには考えていません。というか、あの距離では聞こえていないはずだし、菅波先生には私の姿がバッチリ見えているのだから! でも、彼女の声を聞いてしまったからには、彼女を送り出さなければならないと思っているのでしょうね~ それは、気象予報士の資格を取った後のモネの話でもあります。

今回は学校にも通っているので、次の試験に合格するまでの過程になるのでしょう。

その時、彼女がどのように切り出すか見ものですね。盆栽って何?盆栽ってなんだろうと思っていました。

地域によってやり方が違うのですが、宮城県では「盆踊り」として行われていることを初めて知りました。

テレビで紹介されている食べ物って、どうしてあんなに食べたくなるんでしょうね。個人的にはキンツバよりもカキを食べたいですね。

そんな家庭を夢見ていましたが、現実には朝は戦争!?捨て犬のコウジが外に出ると、ミツオとぶつかる。

捨て犬のような目をしていたが、その目を見たら拾うしかないだろう。

しかし、話し合ったのかと思いきや、チラッと見られただけ!?それを見て、私は「これはいい」と思いました。辞めた理由は、母が学校の先生をしていることを聞いたことがなかったからです。

二人の娘が辞めた理由を推測したところ、答えは「教育委員会とのバトルがあったから」でした 私は、「これはフラグではないか?私は、”これはフラグではないか?”と思いました。でも、彼女が祖母の介護に疲れていたのも、年齢的にも理解できる気がします。

体力の限界!?昔、「体力の限界だ」と言ったお相撲さんがいましたが、その言葉の意味がわかったのは、大人になってからでした。

教育委員会とのバトルの話は発展しないと思いますが、母親の過去の話はそのうち出てくるかもしれませんね…。

 

 

以上が、朝ドラ「ひまわり」第3週目第15話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。