ひまわり第5話のネタバレあらすじ!泥棒騒ぎ

こちらでは、朝ドラ「ひまわり」1週目第5話のあらすじのネタバレや、ひまわりと原作の比較、感想をまとめています。

ひまわりの第4話「結婚と仕事を両立」では、のぞみが結婚と仕事を両立したいというが、葵が無理だと反発するストーリーでした。

ひまわりの第5話「泥棒騒ぎ」では、泥棒騒ぎが起こって、犯人が真紀と判明するストーリーとなっています。

朝ドラ『ひまわり』
1996年4月5日(金)放送
第1週サブタイトル『出るクイは打たれるの?』

ひまわりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ひまわり』第5話のネタバレあらすじ

ここからは、4月5日に放送された朝ドラ「ひまわり」第5話のあらすじをまとめたネタバレです。

ひまわり5話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

結婚について話すのぞみ(松嶋菜々子)たち。薫乃(藤村志保)は小じゅうとめが嫌で夫と実家を出てきたと話し、のぞみとあづさ(夏木マリ)は驚く。結婚話を聞きつけた春日(浅野ゆう子)は3年の延期を迫り、のぞみは結婚すると反発するが、純一郎(大鶴義丹)は、3年も待てないから開発部行きを断れ、と言う。泥棒騒ぎの犯人は、達也(遠藤雅)に片思いしている真紀(真田麻垂美)だった。その時、優(三宅裕司)の店の外に…。

 

 

結婚の話を聞いたその日、彼女は希に結婚を延期するよう迫るが、希は結婚すると宣言する。
空き巣の犯人が明らかになる。
空き巣の犯人は、達也に思いを寄せる真紀(真田アサルミ)であることが明らかになる。

 

 

ここまでが、4月5日に放送された朝ドラ「ひまわり」第5話のあらすじのネタバレです。

ひまわり第6話のあらすじを知りたい方は、第6話『急病』へ読み進めてください。

朝ドラ「ひまわり」第5話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ひまわり」第5話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

全部着ないとダメだよ!

 

ジョーは衣装にケチャップをこぼして大変なことになりました。

瑠衣は一生懸命シャツを洗いましたが、本当に全部着せる必要があったのでしょうか?ケチャップはそんなにたくさんついていなかったので、少し落とせばよかったのでは?

昨夜の放送では、その部分を叩いてケチャップを取り除いていました。

掃除の常識がわからないけど、全部つけなきゃいけない状況もあったかもしれない!?

二重の勝利!?

 

そして、なんとか間に合いました! でも、かなりギリギリでしたね。

でも、かなりギリギリでしたね。と叫びそうになりました。

審査員が何人いて、何人割れたのか、すごく気になる! というか、審査員っていたんですか?審査員は社長と社長の娘さんの2人だけでしたが、きっと2人で票を分けなかったんでしょうね。ともあれ、明日には優勝が決まるわけですが、個人的にはダブル優勝があるのではと思っています。

予告では、ネタバレになっていますが、東京に行ったのはジョーだけなので、ジョーが勝つと思いますが、トミーに何か起こるかもしれませんね。

 

プロポーズか!?

 

昨日の朝ドラ「カムカムエブリデイ」51話は、とてもいい感じで終わりましたが、今日はその続きからです。

一緒に東京に来てほしいと言って去っていくのかと思いきや、まさかのプロポーズが…。意外と城一郎は頑張る男なんですね…。この人とずっと一緒にいたい! ずっと一緒に暮らしたい! ずっと一緒に暮らしたい!」なんて言われたら、即答してしまいそうです。!!!!

いただきます!」。

 

丈一郎の告白を受けた瑠衣も同じ気持ちだが、問題は額の傷だ。

瑠衣も同じ気持ちだが、問題は額の傷だ。

そこにベリーが現れ、ベリーと瑠衣のことは何も言っていないのに、二人は事情を知ることになる。

ああいう、観客が考えて推理するようなシーンが好きなんです。

瑠衣は、”瑠衣 “が “瑠衣 “であることに気づいているんです。

きっと、額の傷よりも瑠衣への愛が勝つと思います。

辞書

 

一度は稔に返された英語の魚図鑑が、再び康子の手元に! この辞書は康子から瑠衣へ、瑠衣から日向へと受け継がれていくのでしょうかね~ この状況、何だか旗色が悪いような気がするのですが?

なんだかよくわからないけど、この状況には旗がいっぱいあるように見える。

 

妊娠

 

稔は出征したが、その直後、康子は稔の子供を妊娠していることが発覚したのだ!稔は、稔の子供である。妊娠はあっという間だったが、彼女はまだ子供がいることを知らなかった。

今週の冒頭で、このような急展開です。

ある意味、展開の早さは朝ドラ「毎日かあさん」の名物になっていますが、妊娠がわかってからすでにお腹が大きくなっていて、明日産まれるのかと思っていたら、今日産まれるんですね~。名前の由来も判明し、ただただおめでとうございますと言いたいです。

義理の妹。

 

もうひとつの変化は、優と杏子の関係です。

もう一つの変化は、悠と靖子の関係です。優は「あんこ」ではなく、また「お義姉さん」と呼んでいますが、彼女はどう感じているのでしょう。

二人は同級生で幼なじみなんですよね。このシーンでそこまでかしこまる必要はないのかなと思います。

まあ、確かに「あんこ」は兄嫁ですから、ちょっと言いにくいかもしれませんが、私が靖子なら全然気にしませんね。

心臓病!?

 

キンタの死因というか、なぜいなくなったのかは、冒頭で明かされている。

寒いと言っていたので、凍死したのかと思ったら、どうやら心臓に問題があったようだ。

戦時中は病院に行った形跡もないので、死んでからどうやって調べるんだろうと思っていたんです。

そういう人はたくさんいると言われましたが、それが本当にカネタに当てはまるのかどうか~ 結局、幻でも息子に会えたから良かったんだと思います。

康子さんもそれを聞いて安心したようでした。

 

優が帰ってきた!

 

やはり、帰ってきたのは優ちゃんでしたね。やはり、帰ってきたのは優ちゃんでしたね。相変わらず、優は瑠衣を野球選手の「基地」と思っているようで、康子さんを笑わせていましたが、瑠衣はとても可愛かったですね。

稔が戦死!

 

先週から気になっていた稔の戦死報道!!!!!ここで確定かと思いきや、放送後に博多華丸がナレーションで「知ってました」と言っていてビックリ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?えーっ!?そんなシーンがあったんですか?すっかり見落としていたのですが、ナレーションで「今回で最後です」とか言っていたようですが、今週はどうなることやら、期待しちゃいますね。でも、知らなかったことをいいことに、ワタシは

 

 

 

 

 

リュックの中身は雨に濡れて動けなくなっていたが、こんな時のためにリュックの中には何か入っているのだろうかと思った。百音がいるところと翔陽がいるところでは、雨の量が全然違う。それは現実的なのか?それは現実的なのか?それともセットで水位を間違えたのか?場所によって天気が変わるようで、少し離れた場所でも本当に違うのかどうかがわかりません。

役に立つ話が多いのですが、どこまでがリアルなのか、ちょっとわかりませんね。木の下は危険!?リアルな話が多いのですが、どこまでがリアルなのかちょっとわかりません。さやかちゃんの危機管理能力はハンパないですね お姫様というと何もしないイメージがありますが、さやかの危機対応能力はとても高いです。

救急車を手配したり、学校や親御さんに連絡したり。

無事に救出した後は、きっと「よかったですね」と言ってくれると思いますが、今はみんなが無事でよかったと思います! 連続!?今日はアバンなしでスタートしました。

内容が多いからなのか、最終回が近いからなのか。それとも、最終回が近いから?朝市の時からドキドキしていました! 内容が多いからなのか、最終回が近いからなのかはわかりません。今回の台風はものすごい勢いで上陸しましたが、災害の映像を見るといつも胸が痛くなります。

毎年このような映像を見ているような気がしますが、異常気象の話題ばかりで、それが当たり前のようになってしまっています。

しかし、備えをしておかないと、いつ自分の身に降りかかるかわからないのです。

今回の朝ドラ「おかえりモネ」は、オリンピックと今来ている台風との関連性が強い。

台風シーズンに放送されているということもあり、天気予報の見方がずいぶん変わったように感じます。

昨日、「久しぶりに子役からスタートした」とコメントしていましたが、まさかの子役レコ発!?久しぶりに子役がスタートしたと思ったら、昨日は久しぶりに子役がスタートしていないとコメントしていました。

私の場合は、子役がスタートするのは久しぶりです。

 

正直なところ、私はジャニーズファンではないので、それほど期待はしていないのですが、いい男は栄養になるので、彼の登場を楽しみにしていましたね。そんな永瀬廉さんがいつ登場するのか、世間ではかなり注目されていましたが、今日はただの写真でしたね 昨日から感じていたのですが、夏木マリさんは思っていたよりも全然威張っていませんでした。役割としては森林組合のボスであり、大地主として周辺住民にも知られています。

特にあの金髪?その金髪がスーパーサイヤ人のような強さを感じさせるのかどうかはわかりませんが、さやかは桃園あすなろに木のことを教えています。

灰羽さんがあすなろの話をしていたのですが、私は初めて聞きました とか “朝からヒノキになろう!” そして、あすなろ!?そして、ヒノキの北限は福島で、登米には生えていないこと。その話はとても勉強になりました。でもその話は、悩んでいる桃音に、急がなくてもいいよ、ゆっくりでいいよ、と伝えるためのものだった。

私は、その話を聞いて、「そうか、そうなのか」と納得しました。というか、仕事中に電話してくるなよー。自分に何かあったときに後悔するパターンですね。

笑)」と言っていましたが、その通りだと思います。

風が吹いてきたので、鮫島はプランBに切り替えた。そこからは、風に乗ってタイムがどんどん伸びていき、絶好調になっていった その様子を見ていた内田は、最後に必要なのは根性だと言った。浅岡は、人間力だと言っていたが、最後に必要なのは根性だ!と言っていた。そもそも人間力とは何かと調べてみると、「社会の中で生きていく力」「人間が持っている力」「総合的な力」とあります。

そこで、「人間力」を「根性」と解釈したのですが、これはいい意味での「根性」です。

その上で、自分はド根性だと思っていますw 信じていました!w そしてついに、鮫島さんは念願の強化選手に選ばれた。

本人は最初からプランBで行くつもりだったと言っていましたが、実際に桃音さんから感動を伝えられた時に喜んでいたのはどういうことでしょうか?結果が出れば嬉しいだけで、こじつけでも何でもいいと思っているんだろうけど、怒っていても全然嬉しそうじゃなかったよ。昨日から、「風が吹いている」という言葉を誰が書いたのかという噂がありました。今日、それがわかりました! みんなの予想通り、宇田川さんでした~ あの文字を見た瞬間、絶対に宇田川さんが書いたものだと思いました! 終わってから何でも話してくれそうですね。

 

 

 

以上が、朝ドラ「ひまわり」第1週目第5話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。