ひまわり第70話のネタバレあらすじ!ボーナス

こちらでは、朝ドラ「ひまわり」12週目第70話のあらすじのネタバレや、ひまわりと原作の比較、感想をまとめています。

ひまわりの第69話「最低評価」では、練習で判決文を書いたのぞみだったが、最低評価をもらうストーリーでした。

ひまわりの第70話「ボーナス」では、生まれて初めてボーナスをもらった徹が、のぞみと達也にプレゼントを渡すストーリーとなっています。

朝ドラ『ひまわり』
1996年6月20日(木)放送
第12週サブタイトル『縁は異なものアジなもの?』

ひまわりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ひまわり』第70話のネタバレあらすじ

ここからは、6月20日に放送された朝ドラ「ひまわり」第70話のあらすじをまとめたネタバレです。

ひまわり70話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

模擬裁判が行われ、のぞみは弁護人に任命される。

星野は検事役。

徹(寺泉憲)は生まれて初めてボーナスをもらい、のぞみと達也(遠藤雅)にプレゼントを渡す。

そこへタイガー(藤波辰爾)と克明(郡司雅人)がやってくる。

ここまでが、6月20日に放送された朝ドラ「ひまわり」第70話のあらすじのネタバレです。

ひまわり第71話のあらすじを知りたい方は、第71話『気持ちを打ち明ける』へ読み進めてください。

朝ドラ「ひまわり」第70話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ひまわり」第70話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

トミー(写真)!

そして、まさかのトミー写真!

そろそろシーズンも終わりなので、昔のメンバーも復活させましょう。

(写真)だけなのが残念!

一瞬、まさか遺影じゃないだろうなと思いましたよね?って思っちゃいましたよ。

どこから出てくるんだろうと思ったら、まさかのCD!

トミーは成功しましたね~!

先生が来た!?

桃音ちゃんが出かけた後、菅波先生がやってきました。

ここでも闇落ちしたみーちゃんが活躍。

二人の関係を断ち切れると思ったのか、妹を騙して「男を狙った」と言い出す始末…。

これはさすがに許せません。!!!!

いくら慌てていても、これはやってはいけない案件だった!

崖から落ちた!?

義男は行方不明ですが、滑った時はかなりの急斜面だったようですね?

崖かと思いきや、俯瞰のシーンでは明らかに平らな場所に倒れていました。

連続!?

本日は前衛なしからスタートです。

ノーアバンが続きますね?。

内容が充実しているのか?それとも最終回が近いから?

朝市から緊張モードですねー。

あと、老婆心ながらというクレジットで、”キーマンが来た… “と思いました。

女の陰湿さ

今日、久しぶりに女性の陰湿さを目の当たりにしました。

女ってなんであんなに頑固なんだろう。

たまには女同士のバトルも面白いけど、今回はただのイジメで口惜しい。

今回は千代がターゲットになっただけで、他の大御所女優さんたちはいい関係なのかなぁ?

他の下の子も同じような嫌がらせを受けそうですが、先週は私が一番下なので、いじめをしていたので、大部屋の悪さを感じました。

突然の桃太郎!

昨日、瑠衣が突然陣痛を起こし、子供を産んだのですが、まさかの赤ちゃん抜きで桃太郎が突然登場!

いきなり時代を飛び越えてしまったのです!

しかし、今は子役の桃太郎ですが、時間が経つにつれて、成長した桃太郎が登場するのか気になるところです。

いつ若い桃太郎が登場するのか、楽しみですね。

そして、一緒に朝食を食べるジョー。

その姿は、本当に1980年代当時と同じ!

何しろ、職場のことを知らずにここまで引っ張られてきたわけですから。

しかも、相変わらずシャツにシミをつけたり、桃太郎にちょっとしたジョークを言ったり、ジョーの存在意義はジョークを言う担当であるだけのような気がしてきました。

どうしたヨシオ!!?

というか、武井家はどうなっているんだ?

新妻が来ては消え、また来ては消え、二羽の鶏が売られる運命にあり、挙句の果てに義男の失踪!?

あの転落が死亡フラグにならないことを祈るばかりです。

出来すぎ!

千鳥の特訓のおかげで、なんとか初舞台を踏むことができましたが、その後、ちょっとやりすぎじゃないですか?

ちょっと忘れましたが、座元からあと半月とか言ってませんでしたっけ?

マサチャンの冒険」に切り替わってから稽古の期間があったので、初演の日はあと数日だったような気がします。

好評だったということで延長になったのですが、このあたりの時間はタイトすぎて、ちょっと現実的ではない気がします。

そもそも、半月足らずでお客さんに見せられるようなものができるのでしょうか?

仮に100歩譲ってできたとしても、「マサチャンの冒険」のネームバリューは相当なインパクトがあったと思うんです。

それと、もうひとつ気になったのは、版権はどうなっているのか、ということです。

宝塚で流行ったから我々もやろうということになったのですが、原作は他にありますし、「正チャンの冒険」を勝手にやると現代の常識がおかしくなると思うのですが…

うわさ話

密会ではありませんが、福富お茶子姉妹がしずちゃんや歌舞伎役者の早川猿之助と会話しているところを目撃されていますね。

また、待ち構えていたかのように、椿姉妹もちゃんといました。

やばい、お偉いさんに見られた!」と思ったら、案の定、噂を流していました。!!!!

街ですれ違うだけかと思ってた!?

でも、以前亀さんがおっしゃっていたように、道頓堀に長くいる人にとっては、そんな噂は嘘だと思うんじゃないですか?

まさか、言葉は悪いですが、はなさんがしずちゃんの恋愛に口出しした!?

岡安家の跡取り娘でもあるわけですから、岡安を優先してそうしたのかもしれませんね。

それに比べて、福富の寮母さんは、とても幸せそうでした。

昔から知っていたようなので、菊さんが噂を流すように言ったのかもしれませんね。

以上が、朝ドラ「ひまわり」第12週目第70話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。