ひまわり第90話のネタバレあらすじ!裁判の日

こちらでは、朝ドラ「ひまわり」15週目第90話のあらすじのネタバレや、ひまわりと原作の比較、感想をまとめています。

ひまわりの第89話「証言台」では、鷹男の別れた妻・佳織が証言台に立つことを承知するストーリーでした。

ひまわりの第90話「裁判の日」では、鷹男の裁判の日がやってきて、佳織が来るのを待つストーリーとなっています。

朝ドラ『ひまわり』
1996年7月13日(土)放送
第15週サブタイトル『子はかすがいじゃないの?』

ひまわりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ひまわり』第90話のネタバレあらすじ

ここからは、7月13日に放送された朝ドラ「ひまわり」第90話のあらすじをまとめたネタバレです。

ひまわり90話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

のぞみ(松嶋菜々子)と瑞穂(安達祐実)は東京で赤松(奥田瑛二)に偶然出会う。赤松の事務所で流しそうめんを食べながら、瑞穂は家族をだまして男と会っていた佳織(黒田福美)を最低の人間だと言い、強い不信感をあらわす。そして裁判の日が来た。傍聴人席には油座(知念正文)や伶(石堂夏央)ら同期の修習生やうらら(佐々木すみ江)たち。竹永(泉谷しげる)と星野(上川隆也)は証人の佳織の姿を探すが、どこにも見えず…。

 

 

のぞみとみずほは東京で赤松に遭遇する。

赤松の前で瑞穂は、家族を欺いて男と会っている香織に不信感をあらわにする。

そして迎えた裁判の日。

しかし、香織は……。

ここまでが、7月13日に放送された朝ドラ「ひまわり」第90話のあらすじのネタバレです。

ひまわり第91話のあらすじを知りたい方は、第91話『証言はしない』へ読み進めてください。

朝ドラ「ひまわり」第90話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ひまわり」第90話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ダン

正さんは、お茶っ人の会話を聞いていたんですね~。

本当に聞いていたんですか!?

朝ドラ「お千代ちゃん」のネタバレになりますが、またまた再会を果たしました。

そして、それがなんと羽田さんの後押しになったのです!

確か雑誌でその時のことを話していましたが、どんな風に送るのか明日が楽しみです!

ぼーにゃん一座

大矢さんはまだ一平のことを「ぼーにゃん」と呼んでいましたが、まさか劇団員までその名前で呼ぶとは……。

でも、個人的には “ぼーにゃん一座 “と呼ぶのが好きなんです!(笑)。

ぼーにゃん一座の成功は岡安さんの悲願であり、すでに孫のようにかわいがっているんですね。

しかし、公演に失敗すると即座にデスマッチ解消。

あまりにも厳しい条件だが、ぼーやん一座はこの難局をどう乗り越えていくのだろうか。

バス

バスに乗り込むと、先生!

わざわざ隣の席まで行ったのなら、話しかけろよ。

わざわざ隣の席に座ったのに、なんでそんなによそよそしいの?

しかも、先にりょうちんのことを話し始め、これは二人の関係が始まるかもしれない! とドキドキしてしまいました。

無理です。

これで今週は終わりましたが、ちょっと無理があったような気がします。

会えないのはさすがに仕方ないとして、そこに親を入れてハイ終わりというのは、ちょっと無理があったのでは?

あそこまで引っ張れるものなのでしょうか?

そこに元妻たちが登場したら、完全な読み違いだったでしょう。

来週は来た理由が聞けるといいのですが…

東京

翌日、桃音はすでに東京に戻ってきていた。

気仙沼にいたのは半日もなかったような気がする。函南先生はどのくらい待っていたのだろう。

因みに、今日は桃音ちゃんの誕生日。

まさかとは思いますが、ホルンを吹いている宮田さんにプロポーズすることはないでしょうw

コア

今週は光人と福助の恋の話なのですが、SNSでなんだかツボにはまるコメントをちらほら見かけました。

そうなんです!その通りなんです。

問題の核心は、”光江と福助の恋愛を見たい人はいるのか?”ということです。ということなんです。

その話はもういい! まさにこれなんですが、さぁ!

朝ドラ「エール」では、竹夫婦と二浦環の恋の物語があり、それはそれで楽しめましたよね。

個人的に二人のラブストーリーが気になっているので、全力投球する覚悟ですw

セリフが言える!

五十嵐と伴京三、これで殺し合いのペアになりましたね。

なんと!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑

とドキドキしてしまいましたが、ちゃんとセリフが言えるんですね~。

まあ、口調も動きもゆっくりなので、吉備真備のようなキレはありませんが、それなりの貫禄はありましたし、伴教武蔵が演じる吉備真備も面白かったです。

今回は、五十嵐が順番に吉備之丞を演じる予定だったが、モモケンが割り込んできた。

そのやりとりが面白かったのですが、その後、五十嵐が吉備之丞を、モモケンが左近を演じたのでしょうか。

それが気になったので、明日にでも回想があるのではとちょっと期待しています。

四宮はどうした?

最近、四宮はどうしたんだ?

すっかり「お父さんはお人好し」のファンになってしまったようで、静子の両親が帰るときに文句を言っていましたね。

私の中では、ちょっといい役どころのキャラとして、最近四宮の株が急上昇中ですw

四宮の初志貫徹が響いたかどうかはわかりませんが、よくぞ続けてくれました

りょうちんの呼び方

心配になった道雄は良知に電話しようとするが、つながらない。

桃音から電話があると、電話に出てしまう。

ここでミッチーの気持ちを考えると、ちょっと辛くもあります。

そして、話せる相手がモネだけと聞いて、「なんでお姉ちゃんが!」と思わずにはいられなくなる。と思ってしまう気持ちもわかります。

ただ、最後の服を投げつけるところはちょっといただけない…。

人の気持ちはコントロールできるものではありません。

りょーちんがモネを好きだったとしても、それはモネがコントロールできることではないのです。

信頼

そんな一平を救えるのは千代だけだと花は託した。

どうやら、一平を立ち直らせるためには、やはりはなさんがキーパーソンになるようです。

アイデンティティが崩壊した一平を救うのは、どんな手なのでしょうか。

今日はめちゃめちゃいい感じで終わりました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑

とても気になりますね。

とても気になりますね。

史上最高に面白い朝ドラ「おっさんずラブ」の結末を明日まで待たないといけないなんて、恥ずかしいです。

以上が、朝ドラ「ひまわり」第15週目第90話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。

朝ドラファンの皆さんのコメント!