ひまわり第98話のネタバレあらすじ!自分が犯人

こちらでは、朝ドラ「ひまわり」17週目第98話のあらすじのネタバレや、ひまわりと原作の比較、感想をまとめています。

ひまわりの第97話「検察修習」では、弁護修習を終えたのぞみが、検察修習に臨むストーリーでした。

ひまわりの第98話「自分が犯人」では、赤松が弁護した被告人・大樹が自分が犯人であることを赤松に告白するストーリーとなっています。

朝ドラ『ひまわり』
1996年7月23日(火)放送
第17週サブタイトル『ならぬ堪忍、するが堪忍?』

ひまわりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ひまわり』第98話のネタバレあらすじ

ここからは、7月23日に放送された朝ドラ「ひまわり」第98話のあらすじをまとめたネタバレです。

ひまわり98話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

赤松(奥田瑛二)が長年取り組んできた「埼玉祖母殺し事件」。今日、裁判で無罪を勝ち取ったばかりの被告人・大樹(石母田史朗)が、自分が犯人であることを赤松に告白した。これから一生うそをついていかなきゃならない、なぜ無罪にしたのかと、赤松につかみかかる。ケガをした赤松だが、大樹と二人だけで話がしたいと、皆を帰す。南田家に帰ったのぞみ(松嶋菜々子)はあづさ(夏木マリ)と一緒に食べ物を持って赤松を見舞い…。

 

しかし、赤松が弁護した被告人・大樹(石母田司郎)は、自分が犯人だと赤松に告白する。

赤松が弁護した被告人・大樹(石母田史朗)は、自分が犯人であることを告白し、なぜ無罪にしたのかと赤松に詰め寄る。

傷ついた赤松をのぞみとあずさ(夏木マリ)が見舞う。

ここまでが、7月23日に放送された朝ドラ「ひまわり」第98話のあらすじのネタバレです。

ひまわり第99話のあらすじを知りたい方は、第99話『仕事は引き受けない』へ読み進めてください。

朝ドラ「ひまわり」第98話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ひまわり」第98話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

黒須サンタ!

そして、またまた登場、黒須サンタ!

二人の共演は簡単でしたが、まさか親戚とは思えませんよね!

いつか分かると思いますが、実は昨日のケチベエの話はフラグだと思うんです。

ひなたは盗まれたラジオの話を知ることになったので、もしかしたらアルタが過去の話を始めて盗まれたラジオの話をしたら、まずケチベエの話に繋がるかもしれません。

そして、靖子の話と瑠衣の話が出てきたら、母親の名前が瑠衣で、木島の旧姓を聞けば、今度は有太が知ることになるのでしょう。

姪と叔父の再会が叶えば三世代が繋がるが、ケチベエが事の真相を知っているかは未知数だ。

早く靖子が登場しないかなー。

信じること

わかっていたことではありますが、モネの予想通りの展開になりました。

茂雄さんのおっしゃる通り、なぜかモネの予測通りになってしまいましたね という認識を持ち始めたようです。

こうして実績を積み重ね、徐々に信頼関係を構築していくのがベストなのでしょうが、あまりにも極端な切り替えに、違和感を覚えます。

モネがしつこく「ラジオを入れよう」と言ったときも、100%壁を作っていたのに、急に柔らかくなり、周りもそうなってしまった。

もう少し時間を置いてから、やっと信じてみようと思えば来るだろうが、電話拒否→現場訴訟→「ラジオを入れよう」は早すぎやしないか?

もちろん時間がないのはわかりますが、モネの場合は100か0かで決まるので、とても非現実的な感じがします。

すでに初日

練習中にもう少しトラブルがあるかと思いきや、いきなり初日!?

初日からいきなりトラブルを起こすとは、さすが「お朝やん」朝ドラですね~。

冒頭の瑠璃子さんの何気ないカメラ目線も健在です!

あと、漆原さんの男役姿も素敵でした!

女役より男役の方が良かったのでは?

とノリノリなので、結果オーライかなw

安定の見どころ。

乙女にはおなじみ、安定の見どころ!?

一応、皮肉です:~~~~~~~~~。

ハイライトが当たり前になったのは気に食わないが、この路線で行くならもう何も言うことはない!

でも、毎度毎度、文句を言われるんでしょうね。

でも、今日は昔より短かったので、そんなに文句は言いませんよ。

福富VS岡安、お茶子同士の言い争い。

子供の頃の千代ちゃんだったら、悪口合戦みたいなことを言いそうなものですが、あっさりかわされましたね~。

口達者な女の子でしたが、大人な対応と皮肉で、成長を感じるシーンでした。

心臓病!

キンタの死因というか、なぜ失われたのかは、冒頭で回収しました。

寒いと言っていたので凍死したのかと思いきや、どうやら心臓に問題があったようです。

戦時中に病院で診てもらったわけでもないようなので、死後にそんなことがわかるのはちょっと不思議な気がします。

そういう人はたくさんいたらしいが、それが本当に金太にあてはまるかどうかはわからない。

でも結局、幻でもいいから息子と一緒に死ねたからよかったんだと思う。

康子もそれを聞いて安心したようだ。

トミー、やられた!

トミーといえば、いつもなんとなく良い方向に物事を進めるマネージャー役ですが、今回はドジを踏んでしまいました

東京のバンドマンから、ジョーとナナが付き合っていて、笹川社長が激怒しているという情報が入ったんです。

たまたまそれを聞いていた瑠衣に「ただの噂だ」「浮気なんてするわけがない」と言ったが、その口ぶりからジョーが何か企んでいるのは間違いなさそうだった。

朝ドラ「みんなおいでよ」の57話では、ちょっと失敗してしまいましたが、明日は挽回したいですねw

ナイト

千代が台本を持ってきて、一緒に演技を始めたのですが、夕方には早すぎませんか?

もしかして、夜まで役を演じたのでしょうか?

二人の演技を見ていた岡安姉妹は、最後に拍手喝采を送った。

一平は千代に頭を下げ、何か言おうとしたが、そこには千代がいた。

一平は千代に頭を下げて何か言おうとしたが、千代は何でも知っているので、かっこよくて何も言えなかったね。

しかし、個人的には、大阪の放送局なら、予想と違う展開で笑いをとってくれたら最高なのに、と思っていたのだが、そうはいかなかった。

以上が、朝ドラ「ひまわり」第17週目第98話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。

朝ドラファンの皆さんのコメント!