芋たこなんきん第77話のネタバレあらすじ!大作家

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」14週目第77話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第76話「」では、ストーリーでした。

芋たこなんきんの第77話「大作家」では、町子のもとに大作家の加藤舞子が訪ねてくるストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年1月4日(木)放送
第13週サブタイトル『年明け ほんわかと……』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第77話のネタバレあらすじ

ここからは、1月4日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第77話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん77話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

1968年が明け、子供たちと喜八郎(小島慶四郎)が不在の徳永家に、有名作家の加藤麻衣子(岡田茉莉子)や編集者の神部園子(もたいまさこ)らが真千子を訪ねてくる。

ここまでが、1月4日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第77話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第78話のあらすじを知りたい方は、第78話『認知症のサキ』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第77話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第77話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

やっこさん

何も心配することはないと安心する大山だが、千代も怒ってばかりはいられない。

一緒に謝りに行ったが、弥生子に問題が!

これは微妙に痛い、、、。

今までずっと子供ができなかったのに、トウコと一発やっただけで子供ができるなんて、神様は残酷なことをしましたね。

神様じゃなくて制作スタッフが悪いんだけど、これも実話なんじゃないの?

稔は戦死した!

そして、試写会の感想でずっと稔が戦死したかどうか言っていたのですが、ここで稔の死亡報道が!!!!!!。

ここで確定かと思いきや、放送後、博多華丸がナレーションで「知っていた」と言い出し、ビックリ!

えーっ!?そんなシーンがあったんですか?

完全に見落としていました。

これで最後」とかいう確定ナレーションだったんだろうけど、この1週間の私の期待はどうなるんだろう?

でも、知らなくてドキドキしながら見ていたのは、ちょっといいことだと思うことにしよう!。

稔の戦死が確定し、瑠衣の養子縁組の話も繋がったので、来週はまた色々なストーリーが展開されそうです。

フラグ

そして、今日一番気になったのは、栗子さんの言葉を新たにしたことです。

もう明日には栗子さんが死んじゃうパターンじゃない?

あの流れからすると、最後のお別れのようで、明日のラジオドラマ放送中に息を引き取る、考えただけで涙が出ます…

なぜ上から目線なのか?

たった一度のステージでも手を抜いてはいけないと言うのはどっちなんだ?

自分がやったことを棚に上げて、よくもまぁ上から目線でモノが言えるもんだ。

最初に言うべきは、”ありがとうございました!”だろう。

熊田さんは自分でやったこととはいえ、自分のせいで突然いなくなった前妻に対して、ずっと罪悪感を抱いていたはずだ。

今回の件で、少しは感じなくなったのではないでしょうか?

もし、そう思っているのなら、真っ先に「ありがとう」と言うべきだと思いました。

少女マンガ!

そして、何かを求めて出かけていくるいさん。

買うものがないのに、お金を使わないといけないんです!」と。ちょっと変な言い方ですが、まさか少女漫画のように街でバッタリ会うとは!

そんな出会いは少女漫画でしか見たことないけどね。

そして、まったく空気を読まないでグイグイくるジョー。

ああいうヤツは少女漫画でしか見たことがない。

で、そんな男に瑠衣は惹かれる。

3回連続は嫌だけど、今日の朝ドラ「Come Come Everybody」45話は少女漫画みたいなストーリー展開でしたw

OK、キャンセル料払ってないんですか?

私が田中を訪ねた目的は、テーブルと椅子のキャンセルをお願いすることでした。

森林組合はキャンセルしにくいと言っていましたが、キャンセル料を払ってないということでしょうかね?

まあ、正直モネらしいといえばらしいのですが、結局、キャンセルはキャンセルで、めでたしめでたし。

ベリー!

城一郎が東京へ出てから1ヶ月が経った。

そこでのんびり待っていた瑠衣に、ガツンと一発殴られた!

ベリーの話を聞いていて、「木綿のハンカチーフ」という歌を思い出しました。

あの曲は、遠距離恋愛中の女性が、東京に行く彼氏をずっと待っているんだけど、彼は東京が楽しすぎて、自分のことを忘れてほしいと思っている。

丈一郎はそんなことはないと思いますが、ベリーの言う通り、丈一郎に近づいてくる女性はいると思いますw

すーちゃん

そして、もう一人の迷える子羊、スーさん。

彼女はドラマのネタが多いのですが、そこで結婚して新婚生活を始めるというのは、ドラマでしか見たことがない展開です。

しかも、引っ越してきてから数ヶ月で。

いわゆるスピード婚で、確実に離婚に至るパターンです。

まあ、同居させるための口実なんでしょうけど、亮が取り残されたようでちょっと可哀想…

不穏な電話

夜中にかかってくる電話は、決していいものではありません。

夜中に来るということは、きっと誰かが亡くなっているのだろう。

りょうちんの失踪の電話なのに、みーちゃんに聞かせたモネは、本当にお姉さんだなあと思いました。

りょうちんの失踪の理由は、おばあちゃんが長浦家に来たときもそうでしたよね。

エアー!

千代は投票の話で光江にありがとうと言う。

すると男は、一平に入れたと告げる。

あーあ、行っちゃったよ、唯さん。

父親が余計なことを言うのはよくあるパターンだが、宗介は時折登場することでやらされている。

千代も女の友情は明鏡止水w

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第14週目第77話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。