芋たこなんきん第69話のネタバレあらすじ!尊敬

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」12週目第69話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第68話「法事の相談」では、法事に反対された町子が健次郎に相談するストーリーでした。

芋たこなんきんの第69話「尊敬」では、澄子が家事と作家業を両立していたことを知り、改めて尊敬するストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2006年12月20日(水)放送
第12週サブタイトル『おかあちゃん』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第69話のネタバレあらすじ

ここからは、12月20日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第69話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん69話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

清は、澄子が生前、家計簿に「死が怖い」と書いていたことを知り、さらに緊張する。

潔は、澄子の死を悼みながら、”死が怖い “と書いてある家計簿の存在を知る。

しかし、帳簿を読んだ真知子は、家事と執筆活動を両立させた澄子を改めて尊敬し、ある決意をする。

ここまでが、12月20日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第69話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第70話のあらすじを知りたい方は、第70話『ツネの訪問』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第69話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第69話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

芸能人は歯が命!

あと、昨日から違和感があるんですが、照夫さんの歯が綺麗すぎませんか?

服も髪もボロボロなのに、歯だけ白くてすごく違和感があるんです。

昨日から、ずっと自分の歯を見ています。

エグい話から始まった朝ドラ「おっさんずラブ」ですが

どっちが座長かわからないけど、吉本興業の社長が記者会見していたのを覚えています。

社長のイメージが一番大事なんだろうけど、吉本の社長、ダウンタウンに頭下げてない感じだったよね。

見ているだけで、誰が立場が上なのかがわかる。今回の鶴亀一家のドラマでも、間違いなく仙之助の方が立場が上なんでしょうね。

キャスティングまで決めている。それ、完全に座長の仕事じゃないですか!?

ただ、手のひらを返すような話はちょっと面白いなと思いました。

脚本もキャスティングも何もかも千之助が決める千之助座!

さて、どうなることやら、

弥生子さん

大山は心配することはないと安堵したが、千代はずっと怒っているわけにもいかない。

2人で謝りに行くが、そこには予想外の問題が!?

これは微妙に痛い、、、。

今までずっと子供ができなかったのに、トウコと一発やっただけで子供ができるなんて、神様は残酷なことをしたものですね。

神様ではなく、制作スタッフのことですが、これも実話だったのでは?

蚊帳

そして、後幕のシーンで目にしたのは、なんと蚊帳でした。

なつかしい~!!!(笑

今でも蚊帳をやっているところってあるのかなぁ?

子供の頃、おじいちゃんの家に行くと、蚊帳があって、そこから出たり入ったりして遊んでいました。

あと、気づいた方いらっしゃいますか?

銀鳥の蚊取り線香w

NHKさん、そうやって笑わせてくれるんですね~。

あと、りょうちんの寝顔もありがとうございました

色気が漏れてましたw

姉妹の協力プレイ

まきねは「りょうちんも連れてくる」と、みーちゃんを迎えに行かせる。

まさかこんなところで姉妹の協力が見られるとは…。

それは、お互いのためを思ってのことだから。

とても強引な話ですが、姉妹で車をシェアしているようです。

というか、りょうちんに連絡して呼べばいいのに。

朝ドラ「おかえりモネ」が始まったら、普通に長浦家が来て、一人で来てもいい。

わざわざ迎えに行かずに逃げたりはしないと思うんだけど、ちょっと不思議。

しかし、待ち合わせのセッティングが早いのは認めますw

ロックオンされる

今日は万太郎も大山社長に連れられて来たのですが、演奏が終わってから何かフラグが立ちましたね。

まさか万太郎が千代に目をつけるとは。!!!!

望みは薄いですが、今後、彼を会社から引き抜くという話は出てこないでしょうか?

千代が仲間を裏切るとは思えませんが、何か条件と引き換えならあり得ますね。

あるいは、珍之助以外を引き抜くという可能性もありますが、このシーンはちょっと盛り上がりましたね。

さすがは大山!?

一平は襲名を拒否したが、新聞発表は3日後であり、大山社長は一歩も引く気配がない。

ビジネス的には、金儲けのための襲名興行は絶対にやりたいので、まったく相容れない気持ちだった。

さすがゴリ押しの大山社長だ。

夢だと言っていましたが、大山社長は「つるかめホームシアター」をいかに効率よく売り出して儲けるかということしか考えていないような気がしています。

そもそも、義男の放火事件は相手方と決着がついたというが、どのように決着がついたのだろうか。

相手が何かを得ずにやめるとは思えないが……。

おそらく、脅迫はどちらかのお金で解決したのでしょう。

相手より大きなヤクザを雇って、手を出したら潰すぞと脅すか、お金を渡してそれで手を引けと言われ、それで取引終了か、どちらかだったと思います。

いずれにせよ、まじめな人がすることではありませんから、大山社長もその一人なのでしょう。

夜の街へ

昨日、かなり明るくなってから灯籠さんは来なかったのですか?

結局、お腹が空いたから何か食べさせてくれって言ったんだけど、夜までいたとはね。

しかも、あんなに長くいたのに、あっさり帰ってしまうなんて、さすが灯籠さんです。

この人もいい役回りですねー。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第12週目第69話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。