芋たこなんきん第67話のネタバレあらすじ!法事の提案

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」12週目第67話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第66話「ラブレター」では、ファンレターの中にラブレターが入っていて町子が大喜びするストーリーでした。

芋たこなんきんの第67話「法事の提案」では、町子が健次郎の亡き妻・澄子の法事をしようと提案するが、晴子に反対されるストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2006年12月18日(月)放送
第19週サブタイトル『おかあちゃん』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第67話のネタバレあらすじ

ここからは、12月18日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第67話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん67話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

真知子と同じ作家の健次郎(國村隼)の亡き妻、澄子の命日が近づく。

澄子と縁のあった真知子(藤山直美)は法要を行うことを決意するが、春子(田畑智子)は子供たちに無神経だと反対する。

ここまでが、12月18日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第67話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第68話のあらすじを知りたい方は、第68話『法事の相談』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第67話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第67話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ここまでの経緯

朝ドラ「おっさんずラブ」102回で、1年前の経緯が判明しましたが、このタイミングで栗子が来るのか。

そして見つけた場所は、千代が帰った時に花が乞食の力を借りて見つけた場所ですよね?

みんなで探せばそこそこ見つかると思うのですが、他の場所は見つからなかったのでしょうか?

今日のギャグは、ちょっとふざけた感じですが、なんというか……。

日本酒に日本酒をかけられる徳利さんはいかがでしょうか。

と、一升瓶を飲んで大暴れ。

ノーギャラ!

お茶っ人たちはチップを数えていたが、まさかのノーギャラ!

千代は生活が保障されるだけマシと思うかもしれませんが、チップ制は欧米が進んでいる世界だったんですねぇ。

あと、徒弟制度ってこんなに厳しいものなんですか?

仕えるようになったばかりで、礼儀もなく、土地勘もない子供たちに、状況説明もなく無茶なことを要求され続けていたのです。

見て覚えろ」の世界とはいえ、あまりの厳しさに徒弟制度のイメージは非常に悪くなった。

ただ、千代のモデルとなった浪花千栄子さんも、その苦い経験を著書に書いているので、本当にそういう扱いを受けていた人もいたのかもしれませんね。

いい人になってきた!!!!

そして、大槻家は岡山に帰省しました。

まさか、勇と幸恵の役者が変わっている!

算はそのまま使われていましたが、なぜ変えたのでしょうか?

深津絵里さんが10代の役をやっていたので、勇と雪絵もやってほしかった。!!!!

一瞬、老け顔になってしまいましたね…。あれ?もしかして別人?って混乱しちゃいました(笑

と、ここで瑠衣は少し過去を取り戻すことができたのでした。

その人とは、もちろん渦中の人、雪絵さんです。

とても素敵な人になっていましたが、年齢のせいでしょうか?

結局、結論は出ませんでしたが、もしかして勘違い?と思い始めている瑠衣。

早く誤解が解けて、二人が再会することを願っています。!

そして今日、旗揚げしたのが「寄り合い」です。

寄り添うって、便利な言葉ですよね。

どこに行っても「寄り添う」って言ってればなんとかなるような気がします。

岡安さんのご主人だけでなく、福富さんのご主人もどこかの会合に行かれるとか…。

これは、何かが起こるということに他ならない!?

いや、起こるべくして起こった出来事なのだ!

段さんの密会とは、

ごあいさつ

いつの間にか、お蝶やんは挨拶が上手にできるようになっていました。

朝から一人で挨拶して偉い!

しかも、習慣も言葉もすべて覚えているようで、他の人とは違う顔をしています。

周りの人に煙たがられているような気もしましたが、ちゃんとおはようを返してくれる近所の人たちでよかったです。

こうやって自分の居場所を作っていくんだね、千代ちゃん!

それにしても、近所の人が挨拶を返してくれるだけで泣けるのはなぜだろうw

もう夕方。

よく倒れるので、病気とかじゃないんでしょうかね?と少し心配になりましたが、ただ横になっているだけだったのですね

もう夕方なんですね。

いやいや、急に寝込むのはちょっとおかしいので、やはり病気説は外せませんね!!!

朝ドラ「カムカムエブリバディ」は何気ないシーンから色々回収していくので、突然眠れる小五郎のようになった原因が明らかになる日が来るはずですw

それくらい演技が変わるんです!

そしてもう一つ驚いたのが、すみれちゃんの演技!

あんなに棒読みだったのに、あんなに棒読みなのに、どうやったら克服できるんだろう?

お芝居の前より良くなってるんじゃないですか?

これでは、ちょっと目立ちすぎです。でも、千代之介さん!って思ってます。そして、恋人役の方は、そのまま

20年前と続き

突然、20年前の珍之介の過去がぶちまけられた。

万太郎に首を切られたようです。

それを救ったのが天海僧正だった。

確かに息子の面倒は見れないが、同じ道を歩む者同士、いつかきっと分かり合える日が来るはずだ。

チャップリンのために!

そんな中、小山田さんがチャップリンに手を出した!?

チャップリンに会うために手のひらを返した小山田さんの世渡り上手な一面を垣間見たと思ったら、間髪入れずに捕まりましたね。

そして、万太郎登場

さて、朝ドラ「お朝やん」、次はどうなるのでしょうか?

生徒の旅立ち

冒頭から小学生まで!

稔も出陣を決意しました。

ナレーションで伝えられていた通り、あまりに早い展開に少し驚きました。

今週は明日で残り1話なので、急展開で彼らの運命が決まる予感がしてドキドキしながらスタートしましたw

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第12週目第67話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。