『芋たこなんきん』片平鯛子役は小西美帆!

NHK朝ドラ「芋たこなんきん」で、片平鯛子役を演じるのは、小西美帆さんです。

こちらでは、芋たこなんきんのキャスト・小西美帆さんに関する情報をまとめています。

  • 小西美帆さんが演じる片平鯛子の役柄
  • 片平鯛子のモデル
  • 小西美帆さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

小西美帆演じる片平鯛子の役柄は?

芋たこなんきんのキャスト・小西美帆演じる片平鯛子は、徳永医院の看護師です。

徳永医院の看護師。
何事にも要領がよく、テキパキしていてそつがない。
患者さんや商店街のおじさんたちのアイドル的存在。
健次郎にとっては頼りになる助手だが、その天真爛漫なキャラクターには理解できないところもある。
占いが好きで、お節介にも皆の毎日の運勢を確認しては忠告したりするが、アテにはされていない。
でも、本人は満足げ。

片平鯛子のモデルは?

朝ドラ「芋たこなんきん」のキャスト・小西美帆さん演じる片平鯛子のモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「芋たこなんきん」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

小西美帆さんのプロフィール

こちらでは、芋たこなんきんのキャスト・小西美帆さんのプロフィールを紹介します。

名前小西美帆(こにしみほ)血液型O型
生年月日1977年8月13日身長164cm
星座しし座出身地岐阜県

片平鯛子役を演じる小西美帆さんは、1977年8月13日生まれ、岐阜県出身、ジャパンミュージックエンターテイメント所属の女優です。1998年のNHK朝ドラ「やんちゃくれ」にヒロインとして主演し一躍注目を浴びると、「3年B組金八先生」や、「相棒」などの有名作品に出演し、着実に演技力を高めていった人物です。

父親はサラリーマン、妹と弟がいる長女として幼い頃から、しっかり者であったと言われています。例えば、5歳から10年間取り組んでいたとされるピアノや、そろばんをはじめ、中学時代からは吹奏楽部に所属し、音楽にも力を入れていたとされています。その後、岐阜女子商業高校に進学すると、演劇部に所属し、脚本と役者を担当していたそうです。以降、演劇に磨きをかけていきます。卒業すると、最初の2年間は自動車部品会社に務めOLとして働きつつ、夜は居酒屋のアルバイトに取り組んでいたとされており、女優になるためのオーディションを受けるための上京資金を貯めていたそうです。

当時は、会社に内緒で、休日は深夜バスで上京し、数多くのオーディションを受けていたそうで、この行動が彼女の女優としての道を開いていきました。1997年1月に、芸能事務所アンフル・エフと仮契約が成立し、上京すると、4畳半の部屋に住んで、主食はバナナ、寿司店でアルバイトをしていたそうで、夢を追う若者そのものであったと言われています。

彼女の人間性に関してのエピソードとして、仲居をやると、お客さんと話し込んでしまうので、奥で賄いをやらされていたそうです。このように、誰からも可愛がられるタイプであったことも幸いし、表現する演劇そのものが好きであった模様です。

「3年間取り組んでみて、駄目だったら、あきらめて田舎に帰る」と親と約束して、挑戦した女優への夢への挑戦でしたが、このように、才能を開花させるべく奮闘します。この期間中に結果を出すことが求められていましたが、彼女は最初の作品に恵まれ、見事、結果を残します。これが、1998年に出演した朝ドラ「やんちゃくれ」への主演での出演で、いきなりヒロイン役として女優デビューを果たし、一躍、注目若手女優の仲間入りを果たしました。

以降、様々な作品に出演します。ドラマでは2000年「熱血!周作がゆく」、2001年「別れさせ屋」、同年「天の瞳Ⅱ」、同年「救命病棟24時」、同年「水戸黄門」、2002年「東京物語」、同年「ロッカーの花子さん」、2003年「水戸黄門」、同年「帰ってきたロッカーの花子さん」、2004年大河「新撰組!」、同年「御宿かわせみ~第2章」、同年「3年B組金八先生」、同年「水戸黄門」、2005年「Anego」、同年「御宿かわせみ~第3章」、同年「零のかなたへ」、同年「金田一少年の事件簿」、2006年「警視庁捜査一課9係」、同年「名奉行!大岡越前」、同年「CAとお呼びっ!」、同年「雨やどりの恋~うさぎと亀より~」、同年「芋たこなんきん」、2007年「モップガール」、同年「働きマン」、同年「相棒」、2008年「デパート仕事人」、2009年「おみやさん」、同年「おちゃべり」、同年「再生の町」、同年「ROMES/空港防御システム」、2010年「逃亡弁護人」、同年「新警視庁捜査一課9係」、2012年「ホタルノヒカリ」と立て続けに出演を果たします。

プライベートでは、2010年に夫がいることをブログで公表し、夫の海外赴任に伴いドイツに移住していることを発表します。そのため、女優業の一時休業を合わせて発表しており、2012年を最後に、女優業は休止となっています。芸能事務所には在籍自体はしているので、今後、本格的に復帰することが期待されています。経歴からみても、演劇が好きで、自分で判断して行動し、チャンスを掴んで女優として大成した人物ですので、最終的には日本の演劇界に貢献することを望んでいると言えそうで、今後の出演が待ち遠しい女優の1人となっています。

 

1977(昭和52)年生まれ、岐阜県出身。
98年、連続テレビ小説「やんちゃくれ」でヒロイン・者役に選ばれデビュー。
フレッシュな演技で人気を博す。
以降、数多くのドラマや舞台で活躍している。
主な出演作品に、舞台『ボーイングボーイング」「燕のいる駅」、ドラマ「3年B組金八先生」「anego」など。
NHKでは、金曜時代劇「御宿かわせみ」、連続ドラマ「ロッカーのハナコさん」などがある。

 

 

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「芋たこなんきん」が放送された2006年当時の小西美帆さんの年齢は、28才です。あれから16年経っていますので、小西美帆さんの現在の年齢は、44才(2022年現在)になります。

今何してる?

小西美帆さんは、現在、女優業を一時休業しています。

彼氏は?結婚してる?

小西美帆さんに、現在彼氏がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、夫がいることをブログで発表していました。

さらに、夫のドイツ赴任に伴い、一緒に移住したことで、女優業を一時休業すると発表しています。

所属事務所は?

小西美帆さんの所属事務所は、ジャパン・ミュージックエンターテインメントで、青山隼さんや上地雄輔さん、矢沢心さんなどが在籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、芋たこなんきんのキャスト・小西美帆さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
やんちゃくれ水嶋渚
ロッカーのハナコさん安野未来
大河ドラマ新選組!小常(おその)
御宿かわせみ畝千絵
朝ドラ「芋たこなんきん」片平鯛子
再生の町森村直美
ROMES/空港防御システム浦永リョウ
別れさせ屋浜名笑理子
anego[アネゴ]中野早希
金田一少年の事件簿猫間純子
CAとお呼びっ!高橋久美子
働きマン夏目美芳
ホタルノヒカリ豪徳寺の妻
3年B組金八先生パート5~7小林花子
第32部「百万石への旅立ち」沢田奈津
第33部「殿が見初めた物売り娘」おちか
第36部「男度胸の鬼退治」お光
暖流 (小説)石渡吟花主任
おちゃべり飯塚久美
救命病棟24時桂川奈々子
舞台
東京サンダンス~21世紀への伝言
ボーイング・ボーイング
スター誕生
超人
燕のいる駅
櫻の園
Love30 vol.2~女と男と物語~ 箪笥の行方
元禄めおと合戦 -光琳と多代-
櫻の園
コーサノストラの掟
吉本百年物語 これで誕生!吉本新喜劇
CM・広告
オハヨー乳業
三菱電機
牛乳石鹸
住友海上
国土庁 (土地月間) ポスター

 

 

朝ドラ「芋たこなんきん」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」のキャスト一覧です。

「芋たこなんきん」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『芋たこなんきん』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「芋たこなんきん」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
花岡家の人々
花岡町子

(徳永町子)

藤山直美

(幼少期:尾高杏奈、
山崎奈々)

田辺聖子売れっ子小説家
花岡和代香川京子町子の母
花岡孝子メイサツキ
(幼少期:中村愛、
中山桃)
町子の妹
花岡信夫西興一朗町子の弟
矢木沢純子いしだあゆみ町子の秘書
徳永家の人々
徳永健次郎國村隼町子の夫
徳永喜八郎小島慶四郎健次郎の父
徳永イシ岩本多代健次郎の母
徳永昭一火野正平健次郎の兄
徳永晴子田畑智子健次郎の妹
徳永清志尾上寛之
(幼少期:小林悠)
健次郎の長男
徳永登杉浦太雄
(幼少期:神保守)
健次郎の次男
徳永隆平手嶺佑
(幼少期:土井洋輝)
健次郎の三男
徳永亜紀寺田有希
(幼少期:畑未夢)
健次郎の次女
藤木澄子中井佳代健次郎の亡き前妻
片平鯛子小西美帆徳永医院の看護師
花岡写真館の人々
花岡常太郎岸部一徳町子の祖父
花岡イト宮田圭子町子の祖母
花岡ウメ淡島千景町子の曾祖母
花岡徳一城島茂町子の父
花岡茂西川忠志町子の叔父
花岡文代増田未亜町子の叔母
花岡昌江尾野真千子町子の叔母
花岡和代鈴木杏樹町子の母
信次宮﨑将町子の従兄
亀田山下徹大花岡写真館の写真技師
浦田にわつとむ花岡写真館の写真技師
天満北商店街の人々
一真石田太郎養安寺の住職
大崎俊平櫻木健一映画館・みゆき館の主人
大崎佐和子瀬戸カトリーヌ俊平の妻
りんイーデス・ハンソンおでん屋・たこ芳の女将
工藤貞男荒谷清水工藤酒店の主人
文学界の人々
神田みすず友近作家志望の独身フリーライター
小川秀雄上杉祥三町子の文学学校の同期
池内幸三板尾創路人気作家
千葉龍太郎筒井康隆ベテラン大御所作家
その他の人々
清二中村靖日由利子の夫
東條祥吾山口智充晴子の夫
平真佐美なるみ昭一の内縁の妻
徳永花子安田ひとみ清志の妻
徳永由香村中香織登の妻
徳永亜佐美羽島百々恵隆の妻
達夫西川浩介亜紀の夫