『芋たこなんきん』花岡茂役は西川忠志!

NHK朝ドラ「芋たこなんきん」で、花岡茂役を演じるのは、西川忠志さんです。

こちらでは、芋たこなんきんのキャスト・西川忠志さんに関する情報をまとめています。

  • 西川忠志さんが演じる花岡茂の役柄
  • 花岡茂のモデル
  • 西川忠志さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

西川忠志演じる花岡茂の役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

西川忠志(吉本新喜劇)(@nishikawa_tada)がシェアした投稿


芋たこなんきんのキャスト・西川忠志演じる花岡茂は、町子の叔父です。

町子の叔父で、徳一の弟。
常太郎のもとで徳一とともに写真館の仕事に励んでいる。
仏像や寺が好きで、その写真が雑誌に掲載されたこともある。
仕事の面での身近な先輩でありよき相談相手として、兄・徳一を慕っている。
優しい性格で、父と兄の板ばさみになり苦しむこともある。

花岡茂のモデルは?

朝ドラ「芋たこなんきん」のキャスト・西川忠志さん演じる花岡茂のモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「芋たこなんきん」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

西川忠志さんのプロフィール

こちらでは、芋たこなんきんのキャスト・西川忠志さんのプロフィールを紹介します。

名前西川忠志(にしかわただし)血液型O型
生年月日1968年4月20日身長172cm
星座おうし座出身地大阪府大阪市

花岡茂役を演じる西川忠志さんは、1968年4月20日生まれの吉本クリエイティブ・エージェンシー所属の俳優です。

 

1968(昭和43)年生まれ、大阪府出身。
88年、ドラマ「心変わり」でデビュー。
91年、映画「遊びの時間は終らない」「風、スローダウン」で大阪映画祭新人賞受賞。
ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍中。
主な出演作品に、舞台「阿国』「おもろい女」、NHKでは、連続テレビ小説「速凛と」、大河ドラマ「秀吉」、月曜ドラマシリーズ「ハチロー」などがある。

 

 

 

 

幼少の頃から俳優を目指しており、小学校3年生の時に観にいった大竹しのぶさん主演の舞台「にんじん」に感動して、その後、俳優を目指すようになりました。

高校卒業後、19歳で俳優デビューを果たすと、1991年には、「遊びの時間は終らない」「風、スローダウン」に出演し、大阪映画祭新人賞を受賞しています。

その後も、映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍しています。

朝ドラ6作品目

NHKの連続テレビ小説では、1990年の「凛凛と」で与平役を務めてから、「天花」岡崎誠役、「芋たこなんきん」花岡茂役、「ごちそうさん」魚屋店主銀次 役、「まんぷく」波多野茂吉役を演じ、今作品の「おちょやん」では、劇場支配人の熊田役に抜擢されました。

大河ドラマ「秀吉」では織田信忠役を、民法では暴れん坊将軍、水戸黄門など、時代劇にも多く出演しており、演技力には定評のある俳優と言えるでしょう。

父親は西川清

父親は、漫才師の西川清さん、母親は西川ヘレンさんという芸能一家に生まれた西川忠志さん。

西川清さんは、誰もが知っている有名漫才師ですが、漫才師を目指したことがないということで、早くから自分の好きな道を進むように自立した青年時代を過ごしたと言えますね。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「芋たこなんきん」が放送された2006年当時の西川忠志さんの年齢は、37才です。あれから16年経っていますので、西川忠志さんの現在の年齢は、53才(2022年現在)になります。

所属事務所は「吉本興業」

所属事務所は吉本興業ですが、お笑い芸人ではなく俳優として活動しています。

2009年から、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属しており、父親と同じ吉本興業に所属している縁もあり、舞台では、度々父親の役を演じることもあります。

西川清さんは、まだまだ漫才師として健在ではありますが、高齢となっています。

その中で、俳優としてですが、自分の役を演じてくれていることは、立派な親孝行だと思っているかも知れませんね。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、芋たこなんきんのキャスト・西川忠志さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
暴れん坊将軍III 第129話「吉宗、しばし名残の大暴れ!」阿川市太郎
7人の女弁護士 第6話井上等
朝ドラ「天花」岡崎誠
朝ドラ「芋たこなんきん」花岡茂
朝ドラ「おちょやん」熊田
相棒 season 6 第18話三田村真司
八百八町夢日記 第2シリーズ 第28話「見破られた次郎吉」宗吉
大河ドラマ・秀吉織田信忠役
ロング・ウェディングロード!~東京VS大阪ワケアリ婚物語西宮貴
ヘレンときよしの物語西川きよし
女と愛とミステリー修善寺温泉殺人事件染谷次郎
朝ドラ「ごちそうさん」天満市場 魚屋店主 銀次
鞍馬天狗 第3話藤倉兵馬
朝ドラ「まんぷく」波多野茂吉
土曜ドラマ 再生の町保坂市会議員
朝ドラ「凛凛と」与平
映画みたいな恋したい「恋におちて」
秋のドラマスペシャル「鮭を見に」
DRAMADOS「商社の赤い花」
ケータイ刑事 銭形愛
映画
遊びの時間は終わらない
風、スローダウン
サザンウィンズ
誘拐
樹の上の草魚
舞台
東京原子核クラブ友田晋一郎役
忠臣蔵~大石内蔵助~
吉本百年物語 日本全国、テレビで遊ぼ西川きよし役
日本喜劇人協会VS道頓堀人情歌劇 第一部:道頓堀人情歌劇「蝶子と吉治郎の家」吉治郎
笑う門には福来たる ~女興行師 吉本せい~

朝ドラ「芋たこなんきん」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」のキャスト一覧です。

「芋たこなんきん」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『芋たこなんきん』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「芋たこなんきん」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
花岡家の人々
花岡町子

(徳永町子)

藤山直美

(幼少期:尾高杏奈、
山崎奈々)

田辺聖子売れっ子小説家
花岡和代香川京子町子の母
花岡孝子メイサツキ
(幼少期:中村愛、
中山桃)
町子の妹
花岡信夫西興一朗町子の弟
矢木沢純子いしだあゆみ町子の秘書
徳永家の人々
徳永健次郎國村隼町子の夫
徳永喜八郎小島慶四郎健次郎の父
徳永イシ岩本多代健次郎の母
徳永昭一火野正平健次郎の兄
徳永晴子田畑智子健次郎の妹
徳永清志尾上寛之
(幼少期:小林悠)
健次郎の長男
徳永登杉浦太雄
(幼少期:神保守)
健次郎の次男
徳永隆平手嶺佑
(幼少期:土井洋輝)
健次郎の三男
徳永亜紀寺田有希
(幼少期:畑未夢)
健次郎の次女
藤木澄子中井佳代健次郎の亡き前妻
片平鯛子小西美帆徳永医院の看護師
花岡写真館の人々
花岡常太郎岸部一徳町子の祖父
花岡イト宮田圭子町子の祖母
花岡ウメ淡島千景町子の曾祖母
花岡徳一城島茂町子の父
花岡茂西川忠志町子の叔父
花岡文代増田未亜町子の叔母
花岡昌江尾野真千子町子の叔母
花岡和代鈴木杏樹町子の母
信次宮﨑将町子の従兄
亀田山下徹大花岡写真館の写真技師
浦田にわつとむ花岡写真館の写真技師
天満北商店街の人々
一真石田太郎養安寺の住職
大崎俊平櫻木健一映画館・みゆき館の主人
大崎佐和子瀬戸カトリーヌ俊平の妻
りんイーデス・ハンソンおでん屋・たこ芳の女将
工藤貞男荒谷清水工藤酒店の主人
文学界の人々
神田みすず友近作家志望の独身フリーライター
小川秀雄上杉祥三町子の文学学校の同期
池内幸三板尾創路人気作家
千葉龍太郎筒井康隆ベテラン大御所作家
その他の人々
清二中村靖日由利子の夫
東條祥吾山口智充晴子の夫
平真佐美なるみ昭一の内縁の妻
徳永花子安田ひとみ清志の妻
徳永由香村中香織登の妻
徳永亜佐美羽島百々恵隆の妻
達夫西川浩介亜紀の夫