芋たこなんきん第78話のネタバレあらすじ!認知症のサキ

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」14週目第78話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第77話「大作家」では、町子のもとに大作家の加藤舞子が訪ねてくるストーリーでした。

芋たこなんきんの第78話「認知症のサキ」では、宴席で盛り上がっているところに、認知症のサキが診療所にやってくるストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年1月5日(金)放送
第13週サブタイトル『年明け ほんわかと……』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第78話のネタバレあらすじ

ここからは、1月5日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第78話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん78話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

そこに健次郎(國村隼)も加わり、宴は賑やかになる。

しかし、そこに老人ホームに入所しているサキ(川東慶)がやってくる。

認知症を患うサキは、息子たちと正月を過ごす予定だったが、連絡が取れなくなってしまったのだ。

ここまでが、1月5日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第78話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第79話のあらすじを知りたい方は、第79話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第78話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第78話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ターウォロス

先週の朝ドラ「おっさんずラブ」で、ついに照英が亡くなり、あちこちで照英ロスが飛び出していますね

朝ドラ史上最悪の父親キャラでしたが、あれだけ強烈な印象を残しただけに、喪失率も高く…。

あまりに照英らしい終わり方だったので、本当に死んでないんじゃないかと思いましたが、あれから5年、朝ドラ「お父やん」の76回。

千代がついに30歳になりました 30歳って言われる年齢になったんだなぁ~。

あと数週間で、あっという間に歳が過ぎてしまいますが、早く戦時中が終わって欲しかったです。

野坂さん。

ところで、私が一番気になったのは、野坂さんはどんな仕事をされているのか、ということです。

交通班がどうとか言っていたが、どんな仕事をしているのか垣間見ることはできなかった。

チームの割には、野坂さんについて語られることが全然ないんですよね。

近い将来、野坂さんが主役の話はないのでしょうか?

女優の武井千代さん

千代は女優の武井千代といいますが、絶好調ですね。

ウェイトレスから女優にレベルアップ!?

わかりやすく絶好調!すぐに表情に出ますね、この子!。

ガードマンが温かく見守ってくれています。あの侵入を阻止するための取引は何だったんでしょうね。

あのニヤニヤ笑いを見て、小暮さんは何を思ったか、「この女、マジでヤバイ!」と思ったに違いない。

助監督が引っ張りすぎなんだよなぁ~

寒そうだなぁ~。

ドラマの中の温度というのはなかなか伝わりにくいものですが、流星丸の口から出る息は白かったですよね?

息が白いということは、現場はものすごく寒かったんだろうなと思います。

それなのに、あの衣装はかなりすきま風が吹いて寒そうです…

まさに予想通り!

仙吉の「あるプロポーズ」はやっぱり結婚だった!

勇の結婚相手候補といえば、安子とそのメイドの雪絵を挙げましたが、こちらも安子推しであることが判明!?

しかも、その会話をライバルの女中・雪絵が聞いてしまうという、ドラマの王道とも言えるシチュエーション。

今後の展開に注目です!

雪絵の嫉妬心が爆発して、靖子を追い出そうとするのか、それとも悠に自分の気持ちを伝えるのか…。

雪絵のひたむきな姿に、ちょっと共感してしまいますね。

瑠衣への言葉は少し厭味な感じでしたが、悪い人ではなさそうなので、出来れば後者で勇を捕まえて欲しいです。

本当に覚えてないんです!

感動の再会かと思いきや、まさかの無視!

そんなのありかよ! って思ったけど、よく考えたらあのキャラからしたらありなんですよね。

そう思わせたのは、もちろん昔買った鳥に似ていたからです。

あのシーンを見たとき、「そういえばあの人、こんな感じだったな」と思い出したんです。

初めて会ったときは、乞食と一緒だったんですけど、あの登場の仕方で、もう悪い人なんだなって思いましたね。

おそらく、また会って思い出すのでしょうが、あの時、百合子に助けてもらった恩があるので、百合子に人の心があれば、何か役作りをする努力をするかもしれませんね。

リボーンオイスター

この日一番の驚きは、亡くなったおばあちゃんが牡蠣に生まれ変わったことです。

死んで牡蠣に生まれ変わるなんて、どんな罰ゲームなんだろう。

これはすぐに食べられてナレーションは終了です。

食べられたらまた牡蠣に生まれ変わるという設定ではないと思うのですが…

ぼくらのスガナミ

昨日の我らが菅波の登場からしばらく経ちましたが、今日も回想でご報告します。

やはり、桃音が気仙沼に帰ってきてから、登場回数が減りましたね。

二人の関係があまり見えてこないので、せめて結婚しているのかしていないのか、決着をつけてほしいものです。

乞食軍団

お久しぶりです。小次郎率いる乞食軍団!

日傘を差していた大矢さんが、光江を探すために野に放ったのです!

大矢さんと乞食軍団の最強タッグから考えると、すぐに見つかりそうです。

味方! 敵だ!

なぜ一緒に行けないのかと問う瑠衣。

雪絵はその問いに答えられず、感じたままを口にするが、その不穏な気配は何だったのか…。

瑠衣のおでこの大きな傷を見て、「諦めたから」なんて、絶対敵だ!

そんな感じなんでしょうか?

いや、確かに今までの雪絵の表情を見る限り、きっと優のことが好きなんだろうなということはわかる。

優が靖子に恋していることも、おそらく気づいているはずだ。

だから、康子を敵視して外堀を崩す作戦もいいと思うのですが、そういう作戦で康子をまた陥落させるのでしょうか。

この流れが続くとしたら、瑠衣に事実と異なることを告げて洗脳するという形になるのでしょう。

朝ドラ『カムカムエブリバディ』が昼ドラ化!

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第14週目第78話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。