芋たこなんきん第73話のネタバレあらすじ!本物のサンタ

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」13週目第73話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第72話「澄子の生き方」では、奄美から飛び出してきたツネが澄子の生き方に勇気づけられるストーリーでした。

芋たこなんきんの第73話「本物のサンタ」では、昭一が登に本物のサンタに会わせると約束するストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2006年12月25日(月)放送
第20週サブタイトル『年越し しんしんと……』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第73話のネタバレあらすじ

ここからは、12月25日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第73話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん73話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

クリスマスを前に、週刊誌の新エッセイの文体に悩んでいた真知子(藤山直美)。

そこへ現れた正一(火野正平)は、昇(ジンコウ)に本物のサンタに会わせると約束し、好きなことを書けというのだ。

昇の願いは競馬で高額賞金を獲得することだったが、なんとそれは3万円以上もするステレオだった。

正一は外国人を雇ってサンタの格好をさせるが、酔ってパーティーに間に合わず、財布をなくしてしまう。

ここまでが、12月25日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第73話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第74話のあらすじを知りたい方は、第74話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第73話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第73話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

新規事業

今日、ついに宗介がこっそりやっていたことが判明しました!

まさか副業を考えていたとは!

宗介さんは、芝居茶屋一本では物足りないと思ったのでしょう。

ちょっとした小遣い稼ぎのために新しいビジネスを検討していたことが発覚しましたが、どちらかというと、みつと福助の恋の伏線だったのでしょうかね。

両家を険悪なムードにするための伏線だったのでしょうが、そもそも善子ちゃんが縁談を持ち出した経緯からして、ちょっと強引な感じが否めませんね。

夫の二人は仲良しですが、しずと菊は犬猿の仲です。

結局、この物語の使命はしずと菊を説得することであり、一平の話は母親の無償の愛と結びついている、そういうパターンなんでしょう。

ちょっと突飛な気もするが、個人的には笑いがどの程度盛り込まれるのかが気になるところだ。

朝ドラ「おっさんずラブ」の視聴率が主演以来芳しくなく、現在16%台と報道されていました。

個人的には面白いところが好きなのですが、大阪で制作される朝ドラは関東ではあまり評判が良くないからでしょうか。

詳しいデータを見たわけではないので、詳しいことはわかりませんが、個人的には頑張ってほしいな~と応援しています。

20年前

いきなりですが、20年前の珍之介の過去話です。

万太郎に首を切られたようです。

それを救ったのが天海僧正でした。

確かに息子の面倒は見れませんが、同じ道を歩んでいれば、いつかきっと分かり合える日が来るはずです。

さすがベリー

城一郎が東京へ出て行ってから1ヶ月が経った。

のんびり待っていた瑠衣に、ガツンと一発!

ベリーの話を聞いていて、「木綿のハンカチーフ」という歌を思い出しました。

あの曲は、遠距離恋愛中の女性が、彼氏が東京に行くのをずっと待っていたのに、東京であまりに楽しそうにしているので、忘れてほしいという内容です。

丈一郎はそんなことはないと思いますが、ベリーの言うとおり丈一郎に近づく女性はいると思いますw

熊田さんの鶴亀ファミリードラマへの愛

今日もやってきました、熊田さんの鶴亀のホームシアター愛!(笑

ポンポンと伸びて一番喜んでいたのは熊田さんでした。

稽古場に来るまでは言いたくて仕方がなかったのでしょう。

あの月刊シアター! どれくらいすごいのか、あまり実感がわかなかったのですが、一流のところしか扱わないのですから、一流の雑誌なのでしょう。

個人的には、取材された喜びよりも、熊田さんの笑顔がとても嬉しかったですw

Night

千代が台本を持ってきて、一緒に演技を始めたのですが、夕方には早すぎませんか?

もしかして、夜まで役者をしていたのでは?

二人の演技を見ていた岡安姉妹は、最後に拍手をしていましたw

Alien!

そして、本日初登場のオダギリジョーさんです

瑠衣ちゃんのラストは、服に「宇宙人」という文字を刺繍していましたが、それはさすがにダメでしょう?

単に宇宙人を回収しているシーンなんだから。

オダギリジョーの正体を宇宙人に絡めて言えば、映画の中の俳優ということになるのですが、さて、いつ正体がわかるのか楽しみです。

そんな中、もう一人の福助も反対されていたのですが、まさかの「YES」宣言!

はい」じゃないんだよ福助は!

このままでは、本当に光枝と結婚できないぞ!

黒井さんだって、根性がないんです! どうしたらいいんだろう。

そして、福富の菊も、自分たちのためとはいえ「この子のため」と言ったのだ!

しかし、羽田さんだけは賛成しているようで、岡安さんも福富さんも同じ夫婦構成なんだなぁと改めて思いました。

そして、一平がラジオ局にやってくる日。

スタッフから会わせないようにされるのですが、それを悪びれずにやり過ごすのが灯籠さんでしたね。

その後、灯代さんのシーンはありませんでしたが、灯代さんは自分がやったと思ったのか、それとも何でもないような感じだったのか、気になるところです。!!!

おはぎ

勝手に食べる栗も栗だが、そうやって置いておくのも悪い。

そんなところに置いておいたら、当然食べられちゃいますよ。

しかし、すぐに義男のためのお粥作りに切り替えるそのスピードには脱帽するばかりである。

そして、千代の予言通り、栗子が帰ってきた。

そして、小林さんをあんなに色っぽく迎えるなんて、彼女はこうやって男を騙してきたのかな…。

なんだか、自分を魅せる角度を知っているような気がします。

辰夫はとても美味しかったし、本当に男って…。

これからも末永くよろしくお願いします」と言われ、完全に騙されました。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第13週目第73話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。