『芋たこなんきん』徳永喜八郎役は小島慶四郎!

NHK朝ドラ「芋たこなんきん」で、徳永喜八郎役を演じるのは、小島慶四郎さんです。

こちらでは、芋たこなんきんのキャスト・小島慶四郎さんに関する情報をまとめています。

  • 小島慶四郎さんが演じる徳永喜八郎の役柄
  • 徳永喜八郎のモデル
  • 小島慶四郎さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

小島慶四郎演じる徳永喜八郎の役柄は?

芋たこなんきんのキャスト・小島慶四郎演じる徳永喜八郎は、健次郎の父です。

健次郎の父。
奄美大島出身。
かつて奄美大島で大島紬の仲買人をしていたが、現在は悠々自適な隠居生活はを送っている。
孫たちをかわいがり、妻にも要所要所で優しさを見せる。
困った人を放っておけない温かい性格なのだが、その面倒見のよさも、時に少々度が過ぎて、ちょっとしたトラブルを起こす。
家族を巻き込み、困らせてしまうことも。
離島気質の陽気さを持ち、酔うと三線を弾いて島唄を歌い踊る。
昔はモテたらしい。

 

 

 

 

徳永喜八郎のモデルは?

朝ドラ「芋たこなんきん」のキャスト・小島慶四郎さん演じる徳永喜八郎のモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「芋たこなんきん」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

小島慶四郎さんのプロフィール

こちらでは、芋たこなんきんのキャスト・小島慶四郎さんのプロフィールを紹介します。

名前小島慶四郎(こじまけいしろう)血液型
生年月日1931年12月19日身長
星座いて座出身地大阪府堺市

徳永喜八郎役を演じる小島慶四郎さんは、出身で、

 

1932(昭和7)年生まれ、大阪府出身。
劇団かもめ座,新春座を経て、60年に松竹新喜劇に入団。
藤山寛美らとともに人気を博す。
91年、新生松竹新喜劇を旗揚げ。
特に”白塗りの殿、様”役ははまり役で、上演1000回を達成、毎回観客の爆笑を誘っている。
また近年は、客演でのシリアスな演技が高い評価を得ている。
主な出演作品に舞台「空想万年サーカス団』『夫婦善哉」『西太后」、映画『極道の妻たち」など多数。
NHKではドラマ「花だらけの街」「喜劇役者」、ドラマ新銀河「くろしおの恋人たち」などがある。

 

 

 

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「芋たこなんきん」が放送された2006年当時の小島慶四郎さんの年齢は、74才です。あれから16年経っていますので、小島慶四郎さんがご存命であれば現在の年齢は、90才(2022年現在)でした。

彼女は?結婚していた?

小島慶四郎さんに、現在彼女がいたのか?結婚はしているのか?について調べたところ、情報はありませんでした。

 

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、芋たこなんきんのキャスト・小島慶四郎さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
負けるが勝ち瀬古咲太郎
大岡越前「濡れ衣晴らした人情長屋」権三
珠玉の女高木支店長
朝ドラ「芋たこなんきん」徳永喜八郎
東芝日曜劇場「雀の涙」
いのち草
映画
続兄弟仁義鉄砲玉の健
第三の極道三代目藤堂組組長 宮嶋誠道
昭和残侠伝 一匹狼
~トルコ風呂
緋牡丹博徒 一宿一飯
お尋ね者七人
極悪坊主
幻の殺意
ポルノ時代劇 忘八武士道
傷だらけの人生
悪名 縄張荒らし
舞台
鼻の六兵衛・はなのお六有馬玄蕃頭
お祭り提灯山路屋幸兵衛
スーパー喜劇 狸御殿文福茶釜
大阪ぎらい物語 – 忠平
愚兄愚弟 – 佐々木惣二郎
人生双六
裏町の友情
西太后
清&直美 気になるふたり

 

 

朝ドラ「芋たこなんきん」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」のキャスト一覧です。

「芋たこなんきん」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『芋たこなんきん』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「芋たこなんきん」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
花岡家の人々
花岡町子

(徳永町子)

藤山直美

(幼少期:尾高杏奈、
山崎奈々)

田辺聖子売れっ子小説家
花岡和代香川京子町子の母
花岡孝子メイサツキ
(幼少期:中村愛、
中山桃)
町子の妹
花岡信夫西興一朗町子の弟
矢木沢純子いしだあゆみ町子の秘書
徳永家の人々
徳永健次郎國村隼町子の夫
徳永喜八郎小島慶四郎健次郎の父
徳永イシ岩本多代健次郎の母
徳永昭一火野正平健次郎の兄
徳永晴子田畑智子健次郎の妹
徳永清志尾上寛之
(幼少期:小林悠)
健次郎の長男
徳永登杉浦太雄
(幼少期:神保守)
健次郎の次男
徳永隆平手嶺佑
(幼少期:土井洋輝)
健次郎の三男
徳永亜紀寺田有希
(幼少期:畑未夢)
健次郎の次女
藤木澄子中井佳代健次郎の亡き前妻
片平鯛子小西美帆徳永医院の看護師
花岡写真館の人々
花岡常太郎岸部一徳町子の祖父
花岡イト宮田圭子町子の祖母
花岡ウメ淡島千景町子の曾祖母
花岡徳一城島茂町子の父
花岡茂西川忠志町子の叔父
花岡文代増田未亜町子の叔母
花岡昌江尾野真千子町子の叔母
花岡和代鈴木杏樹町子の母
信次宮﨑将町子の従兄
亀田山下徹大花岡写真館の写真技師
浦田にわつとむ花岡写真館の写真技師
天満北商店街の人々
一真石田太郎養安寺の住職
大崎俊平櫻木健一映画館・みゆき館の主人
大崎佐和子瀬戸カトリーヌ俊平の妻
りんイーデス・ハンソンおでん屋・たこ芳の女将
工藤貞男荒谷清水工藤酒店の主人
文学界の人々
神田みすず友近作家志望の独身フリーライター
小川秀雄上杉祥三町子の文学学校の同期
池内幸三板尾創路人気作家
千葉龍太郎筒井康隆ベテラン大御所作家
その他の人々
清二中村靖日由利子の夫
東條祥吾山口智充晴子の夫
平真佐美なるみ昭一の内縁の妻
徳永花子安田ひとみ清志の妻
徳永由香村中香織登の妻
徳永亜佐美羽島百々恵隆の妻
達夫西川浩介亜紀の夫