芋たこなんきん第66話のネタバレあらすじ!ラブレター

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」11週目第66話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第65話「無断で休む」では、良美がピアノの稽古を無断で休んで、登の野球の試合を見に行くストーリーでした。

芋たこなんきんの第66話「ラブレター」では、ファンレターの中にラブレターが入っていて町子が大喜びするストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2006年12月16日(土)放送
第11週サブタイトル『おとうちゃん』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第66話のネタバレあらすじ

ここからは、12月16日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第66話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん66話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

ファンレターの中には、写真館の娘と恋仲になったというラブレターもあった。

写真館の娘に恋をしていたというラブレターを見つけ、真知子は大喜びする。

また、真千子は石(岩本珠代)から奄美の料理を習うことになる。

ここまでが、12月16日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第66話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第67話のあらすじを知りたい方は、第67話『法事の提案』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第66話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第66話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

前世代からの影響

仲が悪いのは、前の世代のカルマのせいだということがわかりました。

それは祖母のせいだと感じたが、祖母が孫を大切に思っていることがよくわかった。

光枝も両親から振り回されてかわいそうでしたが、味方だと言ってくれたおばあちゃんに救われたような気がします。

しかし、祖母の側にいた千代は、両親からあまり愛情を受けなかった。

母親との思い出はあるようですが、きっと母親が羨ましかったのでしょう。

ゆり子と監督

妥協を許さない映画監督!

百合子の「さようなら」のセリフについて何度もコメントしていたが、無声映画なのになぜセリフについてコメントするのだろう?

もしかしたら、声ではなく表情のことかもしれないが、妥協を許さない映画監督のような雰囲気が感じられた。

土下座の様子

みつえは、福助と一緒にいることをしずに訴えます。

土下座しています。~~~~

光江は石畳の上に座り、両手を腰に当てる。

石畳はかなり硬くて痛い。

福助、早く覆いをしてくれ!」。と、ついに福助登場

福助は一緒に土下座をして、なんとかしずちゃんに認めてもらうことができました。

この時、私は福助に早くしてもらいたいと思い、泣くのを忘れていましたw

稔は戦死した!

そして、予告の感想でずっと稔が戦死したかどうか言っていたのですが、ここで稔の戦死報告が!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?

ここで確定かと思いきや、放送後、博多華丸がナレーションで「知っていた」と言い出し、ビックリ!

えーっ!?そんなシーンがあったんですか?

完全に見落としていました。

これで最後」とかいう確定ナレーションだったんだろうけど、この1週間の私の期待はどうなるんだろう?

でも、知らなくてドキドキしながら見ていたのは、ちょっといいことだと思うことにします

稔の戦死が確定し、瑠衣の養子縁組の話も繋がったので、来週はもっと色々なストーリーがありそうです。

ベリーVSスミレ

すみれちゃんの着物姿はとてもかわいいです。

安達祐実さん、いつまでも童顔で、独特の可愛らしさがありますね~。

さてさて、ベリーのお茶の指導です。

始まる前からトラブルが起きそうな予感がするのは私だけでしょうか?

なんて思っていたら、さっそく殴り合いの喧嘩が始まりましたね。

いきなりストレートすぎるだろ!?

教えてもらう側なのに態度のでかいすみれもすみれですが、最初はちょっと大人しかったので、すみれだけが悪いわけではなさそうです。

まあ、ベリーは相変わらずの真っ直ぐなベリーちゃんで、ちょっと安心。

しかし、ここまで来て夫の姿が見えないということは、もうベリーの夫には会えないのだろうか

風船放送局

そして、恒例のお約束のバラード放送。

これでようやく終戦です。

いつも思うのだが、戦争が終わったことをどれだけの人が知っていたのだろうか。と思うのだが、正直なところ、この光景を見るたびに、ほっとするのである。

神社も残ったようだし、あとは稔が無事に帰ってくることを祈るばかりだ…

受注中止のお知らせ

田中さんからの突然のキャンセル。

桃音は心配で様子を見に行ったのですが、あの場所は自宅兼喫茶店だったんですねぇ。

雰囲気的に喘息じゃないかもと気づいたのか、最後の死に様を見せてしまうのか気になるところです。

でも、高齢でテーブルも椅子もいらないからとキャンセルするなら、ちゃんとキャンセル料払ってるんですよね?

林原の人はヤバそうだったからキャンセル料を取らなかったような気がするけど、一方的にキャンセルするならそれ相応のお金を払うべきでしょう。

映画スタジオ

女優になると決めてから行動するのが千代らしいと思いました。

まさか、撮影所のお偉いさんのところに直談判に行くとは思わなかった。

しかも、門番の守屋にはことごとく見抜かれている。

あのハゲのカツラはどこから持ってきたんだろう?

というやり取りが割とシンドかったですねー。

千代ちゃんの方が似合うと思ったんだけどなー。

姉妹の協力プレイ

まきねは「りょうちんを連れてくる」と、みーちゃんを迎えに行かせる。

まさかこんなところで姉妹の協力が見られるとは。

それは、お互いのためを思ってのことだから。

とても強引な話ですが、姉妹で車をシェアしているようです。

というか、りょうちんに連絡して呼べばいいのに。

朝ドラ「おかえりモネ」が始まったら、普通に長浦家が来て、一人で来ればいい。

わざわざ迎えに行かずに逃げたりはしないと思うんだけど、ちょっと不思議。

しかし、出会いのセッティングが早いのは認めますw

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第11週目第66話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。